ギジェルモ・モスコーソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ギジェルモ・モスコーソ
Guillermo Moscoso
レオン・ブラボーズ
20140309 Guillermo Alejandro Moscoso pitcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.JPG
2014年3月9日、横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 アラグア州マラカイ
生年月日 (1983-11-14) 1983年11月14日(34歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 アマチュア・フリーエージェントとしてデトロイト・タイガースと契約
初出場 MLB / 2009年5月30日
NPB / 2014年4月20日
最終出場 MLB / 2013年9月29日
NPB / 2016年10月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム コロンビアの旗 コロンビア
WBC 2017年

ギジェルモ・アレハンドロ・モスコーソGuillermo Alejandro Moscoso , 1983年11月14日 - )は、ベネズエラアラグア州マラカイ出身のプロ野球選手投手)。2018年現在はメキシカンリーグレオン・ブラボーズに所属。

経歴[編集]

タイガース傘下時代[編集]

2003年に、アマチュア・フリーエージェントでデトロイト・タイガースと契約。

レンジャース時代[編集]

2008年12月にジェラルド・レアードとの交換で、マイナー1選手と共にテキサス・レンジャーズへ移籍した[1]

2009年5月30日オークランド・アスレチックス戦でメジャーデビュー。このシーズンは全てリリーフで10試合に登板した。

2010年は、主に3Aオクラホマシティでプレー。メジャーでの登板は1試合のみだった。オフには、ベネズエラリーガ・ベネソラーナ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル所属のレオネス・デル・カラカス(Leones del Caracas)に所属し、ウィンターリーグで10試合(先発8)に登板して3勝0敗、防御率2.66だった[2][3]

アスレチックス時代[編集]

2011年1月8日ライアン・ケリーとのトレードでオークランド・アスレチックスに移籍した[2]5月24日故障者リスト入りしたタイソン・ロスと入れ替わる形でメジャーに昇格すると、その後は先発ローテの一角としてメジャーに定着した。9月7日カンザスシティ・ロイヤルズ戦では、8回二死からサルバドール・ペレスに右前打を許すまで、あわやノーヒットノーランという好投を見せた[4]

ロッキーズ時代[編集]

2012年1月16日セス・スミスとのトレードでジョシュ・アウトマンと共にコロラド・ロッキーズへ移籍した[5]

ロッキーズ時代

カブス傘下時代[編集]

2012年11月3日にウェーバーでカンザスシティ・ロイヤルズに移籍した[6]

2013年3月13日に放出された。[7]3月27日シカゴ・カブスと契約[8]

ジャイアンツ時代[編集]

2013年7月26日にトレードでサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍[9]11月20日にDFAとなり、翌日の11月21日にFAとなった。

DeNA時代[編集]

2013年12月26日横浜DeNAベイスターズが獲得したことが発表された[10]

2014年シーズンの開幕から先発ローテーションの一角に定着。ユリエスキ・グリエルの加入に伴う外国人枠の関係で一時は二軍落ちするも、トニ・ブランコの故障で再度一軍昇格。その後はローテーションを外れることなく、シーズン最終登板で規定投球回に到達。9勝を挙げ、2003年ドミンゴ・グスマンが記録したベイスターズの外国人投手シーズン最多勝記録(8勝)を更新した。10月7日に2015年シーズンも契約する事が発表された。[11]

2015年は前年と同じく先発として起用され、3・4月は4試合に投げて3勝1敗と活躍していた。しかし、4月22日の対阪神タイガース戦で負傷緊急降板し[12]、それ以降は1勝もあげることができず成績不振に陥った。一時的にリリーフへ配置転換されたが、救援防御率16.20と活躍することはできなかった。

2016年には序盤不振が続くも、5月の読売ジャイアンツ戦で初完投勝利を収める。しかし、その後再び不振が続き、7月に二軍落ち。すると、9月17日に再び1軍登録され、阪神戦(甲子園)に先発。6回2失点で勝利投手となった。これが自身の日本での最後の勝利となった。また、チームは3位となり11年ぶりのAクラスを達成。球団史上初のクライマックスシリーズに進出し、巨人を相手に2勝1敗で1stステージを突破。ファイナルステージでは10月12日の対広島東洋カープ戦の初戦で先発し、7回途中まで2失点と粘るも、集中打を浴びノックアウトされれてしまう。これが日本での最後の登板となった。

2016年12月2日、自由契約公示された[13]

DeNA退団後[編集]

2017年は、第4回WBCにベネズエラ出身ながらもコロンビア代表として選出。3月11日[14]1次ラウンドプールCにおけるアメリカ戦で、2-2の同点の場面に9回一死からリリーフとして登板。延長10回二死まで追い込むも、2四球などで二・三塁とピンチを作り、アダム・ジョーンズに2ストライクから真ん中に入ったスライダーをサヨナラ中前打にされ、敗戦投手となった[15][16]3月7日メキシカンリーグレオン・ブラボーズ(Bravos de Leon)と契約。16試合に登板し7勝3敗、防御率3.89[3]。オフはベネズエラのウィンターリーグに参加。ティグレス・デ・アラグア(Tigres de Aragua)に所属し、14試合に全て先発として登板。5勝2敗、防御率2.05[3]の好成績を残し、ベネズエラの年間最優秀投手賞を獲得した[17]

2018年2月7日ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約したが[18]、6月29日に解雇となる。7月3日にメキシカンリーグのレオン・ブラボーズに復帰。

選手としての特徴[編集]

主な球種は、平均91マイル(約146.4km/h)の速球と、カーブチェンジアップ、スライダー[19]

フライボールピッチャーであり、2011年はゴロ率が26.8%だったのに対し、フライ率は55.5%に達した[19]。 ちなみに、日本での最速球速は、150km/h[20]である。

人物[編集]

愛称は「ジーモ[21]

2016年4月に生まれた娘にはミドルネームに「サクラ」と付けた[22][23]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 TEX 10 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 64 14.0 15 1 6 0 1 12 4 0 7 5 3.21 1.50
2010 1 0 0 0 0 0 1 0 0 ---- 7 0.2 2 0 2 0 1 2 0 0 2 2 27.00 6.00
2011 OAK 23 21 0 0 0 8 10 0 0 .444 526 128.0 102 14 38 1 2 74 0 1 59 48 3.38 1.09
2012 COL 23 3 0 0 0 3 2 0 1 .600 231 50.0 67 8 19 0 1 47 5 0 34 34 6.12 1.72
2013 SF 13 2 0 0 0 2 2 0 0 .500 128 30.0 20 5 21 3 3 31 5 0 17 17 5.10 1.37
2014 DeNA 24 24 2 0 0 9 9 0 0 .500 608 146.0 133 15 45 0 2 96 1 3 57 55 3.39 1.22
2015 15 11 0 0 0 3 6 0 2 .333 267 60.2 62 8 27 1 1 54 2 0 36 35 5.19 1.47
2016 13 13 1 0 0 5 7 0 0 .417 342 80.0 88 15 19 1 0 65 5 0 47 46 5.18 1.34
MLB:5年 70 26 0 0 0 13 14 0 1 .481 956 222.2 206 28 86 4 8 166 14 1 119 106 4.28 1.31
NPB:3年 52 48 3 0 0 17 22 0 2 .436 1217 286.2 283 38 91 2 3 215 8 3 140 136 4.27 1.30
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

NPB
投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 58 (2009年 - 2010年)
  • 52 (2011年)
  • 56 (2012年)
  • 34 (2013年)
  • 49 (2014年 - 2016年)

脚注[編集]

  1. ^ Rangers trade Laird to Tigers for pair of pitchers. USATODAY.com(英語). 2011年10月2日閲覧
  2. ^ a b Lee, Jane(2011-01-08). A's bring over Moscoso in trade with Texas. oaklandathletics.com(英語). 2011年10月2日閲覧
  3. ^ a b c Guillermo MoscosoBaseball-Reference.com
  4. ^ Lee, Jane(2011-09-07). A's Moscoso flirts with history against KC. MLB.com(英語). 2011年10月2日閲覧
  5. ^ Dierkes, Tim(2012-01-16). Athletics Acquire Seth Smith. MLBTraderRumors.com(英語). 2012年1月24日閲覧
  6. ^ Royals claim RHP Moscoso, C Hayes off waivers Yahoo! Sports
  7. ^ Royals To Release Guillermo Moscoso MLB Trade Rumors
  8. ^ Cubs claim reliever Moscoso off waivers ESPN Chicago
  9. ^ Giants officially add Moscoso, drop Petit MLB.com
  10. ^ 選手獲得のお知らせ横浜球団公式サイト 2013年12月26日配信
  11. ^ 2015年度 選手契約について公式サイト 2014年10月7日配信
  12. ^ DeNAモスコーソ、負傷緊急降板も「次は大丈夫」 - 日刊スポーツ(2015年4月23日)
  13. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  14. ^ 現地時間は3月10日。
  15. ^ 優勝候補アメリカ、コロンビアに大苦戦も延長10回サヨナラで初戦を飾る!World Baseball Classic(ワールドベースボールクラシック)
  16. ^ 1次ラウンド プールC アメリカ vs コロンビアWorld Baseball Classic(ワールドベースボールクラシック)
  17. ^ 元DeNAモスコーソ、ベネズエラ年間最優秀投手に 目標は「メジャー復帰」Full-count 2018年1月18日配信
  18. ^ 元DeNAモスコーソがド軍とマイナー契約 34歳右腕は5年ぶりメジャー復帰なるかFull-count 2018年1月22日配信
  19. ^ a b Guillermo Moscoso » Statistics » Pitching | FanGraphs Baseball
  20. ^ 2014年4月27日阪神戦 他3試合で記録。
  21. ^ “モスコーソ「ジーモと呼んで」 覚えた日本語は「ヤキニク」”. スポニチ Sponichi Annex. (2014年1月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/01/30/kiji/K20140130007487120.html 2015年12月2日閲覧。 
  22. ^ Deモスコーソ 愛娘サクラへ白星贈る
  23. ^ ベイスターズ情報@サンスポ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]