アラグア州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アラグア州

Estado Aragua
アラグア州の旗
アラグア州の公式印章
印章
アラグア州の位置
アラグア州の位置
ベネズエラの旗 ベネズエラ
創設 1899年
州都 マラカイ
面積
 • 合計 7,014 km2
人口
(2011年)
 • 合計 1,630,308人
 • 密度 230人/km2
等時帯 UTC-4 (VET)
ISO 3166コード VE-D

アラグア州(アラグアしゅう、スペイン語:Estado Aragua)は、ベネズエラの中北部に位置する州である。面積7014km²、2006年の推計人口は164万1334人。州都はマラカイ

地理[編集]

アラグア州は北西から南東に細長い形をしている。北東部は山地で、北でカリブ海に面する。中心部はバレンシア湖の東側の盆地で、州都で最大の都市マラカイもここにある。南東部はインテリオル山地、その南端はリャノの一部である。

政治[編集]

2006年現在の州知事は、ディダルコ・ボリバルである。

歴史[編集]

  • 2022年10月9日 - ラステヘリアスで集中豪雨があり河川が氾濫。すくなくとも22人が死亡、50人以上が行方不明になった[1]

隣接州[編集]

市町村と市庁所在地[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ベネズエラ首都近郊で土砂災害 22人死亡、不明者50人超”. AFP (2022年10月10日). 2022年10月10日閲覧。

関連項目[編集]