タイソン・ロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
タイソン・ロス
Tyson Ross
セントルイス・カージナルス #33
Tyson Ross on August 12, 2016 (1) (cropped).jpg
サンディエゴ・パドレス時代
(2016年8月12日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州アラメダ郡バークレー
生年月日 (1987-04-22) 1987年4月22日(31歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 MLBドラフト2巡目
初出場 2010年4月7日 シアトル・マリナーズ
年俸 $6,000,000(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
獲得メダル
男子 野球
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
パンアメリカン競技大会
2007 野球

タイソン・ウィリアム・ロスTyson William Ross, 1987年4月22日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州アラメダ郡バークレー出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBセントルイス・カージナルス所属。

6歳下の実弟ジョー・ロスもメジャーリーガー(投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

カリフォルニア大学バークレー校時代の2007年7月にはブラジルリオデジャネイロで行われた第15回パンアメリカン競技大会における野球競技のアメリカ代表に選ばれている[2]

プロ入りとアスレチックス時代[編集]

2008年MLBドラフト2巡目(全体58位)でオークランド・アスレチックスから指名を受け、契約金69万4800ドルで入団[3]

2010年は開幕ロースターに入り、4月7日シアトル・マリナーズ戦でメジャーデビュー。主にリリーフとして起用されていたが、7月7日にAAA級サクラメント・リバーキャッツに降格した[4]

2011年は4月後半から先発に回り、4試合連続でクオリティ・スタート(QS)を記録。しかし、5月19日ミネソタ・ツインズ戦で左斜筋を痛めて途中降板し、故障者リストに入った。7月25日にAAA級サクラメントでの調整を開始したが[5]、今度は右肩の炎症に悩まされ[6]、シーズン終了までメジャーに昇格することはなかった。

パドレス時代[編集]

2012年11月16日アンディ・パリーノアンドリュー・ワーナーとのトレードで、A.J.カービー・ジョーンズと共にサンディエゴ・パドレスへ移籍した[7]

2013年は7月下旬から先発に定着。先発時のランサポート(得点援護率)が2.84と援護に恵まれず3勝に留まるが、防御率3.17・125イニングで119奪三振を記録した。

2014年1月17日に球団と198万ドルの1年契約に合意[8][9]。開幕から先発ローテーション入りし、7月2日シンシナティ・レッズ戦では3安打無四球でメジャー初完投・初完封を飾るなど、13勝14敗・防御率2.81・195奪三振の好成績を挙げ、直前に登板したため辞退したがオールスター初選出も果たすなど飛躍の年となった。ゴロアウトを多く稼ぎ、37補殺は投手としてリーグ2位だった。

2015年1月16日に年俸調停を回避し、球団と1年525万ドルで契約[10]。この年は前年ほどではないものの、10勝12敗・196投球回で防御率3.26・212奪三振の好成績だった。

2016年開幕投手を務めるも、4月9日に右肩痛で15日間の故障者リストに入り、8月25日にマイナーで復帰登板したものの、8月31日に60日間の故障者リストに移され、そのままシーズン終了となった。12月2日に、ノンテンダーFAとなった[11]

レンジャーズ時代[編集]

2017年1月19日テキサス・レンジャーズと1年600万ドルで契約を結んだ[12]。シーズンでは開幕から故障者リストで過ごしていたが、6月16日に復帰。同日のマリナーズ戦で先発して523回を2失点の投球で2年ぶりの勝利を挙げた[13]9月12日に自由契約となった[14]。この年は12試合(10先発)で防御率7.71と結果を残せなかった。

パドレス復帰[編集]

2017年12月29日にパドレスとマイナー契約を結び、開幕はマイナーで迎えた。

2018年4月3日にメジャー契約を結んで昇格[15]し、開幕5試合目の同日のコロラド・ロッキーズ戦の初登板で6回3失点の好投で勝利投手となった。4月20日アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦では8回2アウト代打クリスチャン・ウォーカーに適時二塁打を打たれるまで3四球・無安打・10奪三振の好投を見せた[16]

カージナルス時代[編集]

2018年8月5日ウェイバー公示を経てセントルイス・カージナルスへ移籍した[17]

投球スタイル[編集]

球種は、2014年以降は平均球速86mph(約138km/h)のスライダーを主体としており、さらに最速98.4mph(約158km/h)、平均約93mph(約150km/h)のツーシームフォーシームの計3球種でほとんどを占めている。(右打者に対しては)スライダーで三振を奪い、ツーシームで内野ゴロを打たせる投球スタイルで、奪三振率が徐々に向上しているのは、スライダーの割合が増えているためである。また、ごく稀にだが、チェンジアップ、シンカー、カーブカッターなども投げる場合がある[18]。ゴロを打たせて捕る典型的なグラウンドボーラーで、ゴロ率はメジャー通算56%と高く、また被本塁打が少ない[19]

独特の投球フォームだが、スカウトからは「上半身に頼りすぎ」という指摘がなされている。そのため、足を高く上げて身体のひねりを加え、高い身長を生かしたフォームへの修正にコーチと共に取り組んでいる[19]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 OAK 26 2 0 0 0 1 4 1 2 .200 169 39.1 39 4 20 0 0 32 5 0 24 24 5.49 1.50
2011 9 6 0 0 0 3 3 0 0 .500 145 36.0 33 1 13 1 0 24 2 0 12 11 2.75 1.28
2012 18 13 0 0 0 2 11 0 0 .154 342 73.1 96 7 37 3 5 46 2 1 56 53 6.50 1.81
2013 SD 35 16 0 0 0 3 8 0 0 .273 504 125.0 100 8 44 4 7 119 7 0 51 44 3.17 1.15
2014 31 31 2 1 1 13 14 0 0 .481 811 195.2 165 13 72 2 9 195 12 0 75 61 2.81 1.21
2015 33 33 1 0 0 10 12 0 0 .455 823 196.0 172 9 84 3 8 212 14 0 78 71 3.26 1.31
2016 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 27 5.1 9 0 1 0 2 5 1 0 8 7 11.81 1.88
2017 TEX 12 10 0 0 0 3 3 0 0 .500 238 49.0 53 7 37 0 6 36 4 0 46 42 7.71 1.84
MLB:8年 165 112 3 1 1 35 56 1 2 .385 3059 719.2 669 49 308 13 37 669 47 1 350 313 3.91 1.36
  • 2017年度シーズン終了時
  • 太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 66(2010年 - 2012年)
  • 38(2013年 - 2016年、2018年 - 同年8月4日)
  • 44(2017年)
  • 33(2018年8月12日 - )

代表歴[編集]

  • 2007年パンアメリカン競技大会野球アメリカ合衆国代表

脚注[編集]

  1. ^ Tyson Ross Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2017年1月20日閲覧。
  2. ^ 2007 Pan American Team Roster USABaseball.com: The Official Site of USA Baseball (英語) (2010年9月21日) 2017年7月2日閲覧
  3. ^ 2008 Draft Picks for Round #2” (英語). The Basenall Cube. 2017年1月20日閲覧。
  4. ^ “A's select RHP Ross Wolf from Sacramento; Option RHP Tyson Ross” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Oakland Athletics), (2010年7月7日), http://mlb.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20100707&content_id=12031724&vkey=pr_oak&fext=.jsp 2011年12月5日閲覧。 
  5. ^ Tom Green (2011年7月25日). “A's activate Ross, option righty to Triple-A” (英語). MLB.com. 2017年1月20日閲覧。
  6. ^ Jane Lee (2011年8月4日). “Inbox: Will the A's re-up the Hammer?” (英語). MLB.com. 2017年1月20日閲覧。
  7. ^ Ben Nicholson-Smith (2012年11月16日). “Padres Acquire Ross For Parrino, Werner” (英語). MLB Trade Rumors. 2017年1月20日閲覧。
  8. ^ “Padres agree to terms with five players on one-year contracts for 2014 season” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2014年1月17日), http://m.padres.mlb.com/news/article/66789324/padres-agree-to-terms-with-five-players-on-one-year-contracts/ 2017年1月20日閲覧。 
  9. ^ Corey Brock (2014年1月17日). “Padres reach deals with Cabrera, Kennedy, Ross”. MLB.com. 2017年1月20日閲覧。
  10. ^ Corey Brock (2015年1月17日). “Padres avoid arbitration with seven players” (英語). MLB.com. 2017年1月20日閲覧。
  11. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年1月20日閲覧。
  12. ^ T.R. Sullivan (2017年1月19日). “Patient Rangers announce deal with righty Ross” (英語). MLB.com. 2017年1月20日閲覧。
  13. ^ Gomez, Ross return and lead Rangers to 10-4 win
  14. ^ Sam Butler (2017年9月12日). “Beltre activated from DL, not ready to play yet” (英語). MLB.com. 2017年9月13日閲覧。
  15. ^ Padres to call up Tyson Ross on Tuesday”. MLB.com (2018年4月2日). 2018年4月22日閲覧。
  16. ^ パドレス・ロス、あと4アウトでノーヒッター逃す”. 日刊スポーツ (2018年4月21日). 2018年4月22日閲覧。
  17. ^ Jenifer Langosch (2018年8月5日). “Cardinals add former All-Star Tyson Ross” (英語). MLB.com. 2018年8月7日閲覧。
  18. ^ Tyson Ross Pitch Data” (英語). The Baseball Cube. 2017年1月27日閲覧。
  19. ^ a b Todd McMacken (2011年10月4日). “Prospecting for (Green and) Gold with Oakland A's Tyson Ross” (英語). Roto Hardball. 2011年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]