ローガン・フォーサイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ローガン・フォーサイ
  • ローガン・フォーサイジ
  • ローガン・フォーサイト
ローガン・フォーサイス
Logan Forsythe
ロサンゼルス・ドジャース #11
20170718 Dodgers-WhiteSox Logan Forsythe at second.jpg
2017年7月18日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テネシー州メンフィス
生年月日 (1987-01-14) 1987年1月14日(30歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手遊撃手
プロ入り 2008年 MLBドラフト1巡目追補(全体46位)でサンディエゴ・パドレスから指名
初出場 2011年5月4日 ピッツバーグ・パイレーツ
年俸 $5,750,000(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国代表
獲得メダル
男子 野球
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
パンアメリカン競技大会
2007 野球

ジョン・ローガン・フォーサイスJohn Logan Forsythe, 1987年1月14日 - )は、 アメリカ合衆国テネシー州メンフィス出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。MLBロサンゼルス・ドジャース所属。

愛称はロジー・ベアー[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

アーカンソー大学時代の2007年7月にはブラジルリオデジャネイロで行われた第15回パンアメリカン競技大会における野球競技のアメリカ合衆国代表に選出され[3]、銀メダルを獲得した。

プロ入りとパドレス時代[編集]

2008年MLBドラフト1巡目追補(全体46位)でサンディエゴ・パドレスから指名され、三塁手として入団[4]

2010年はAA級サンアントニオ・ミッションズで開幕を迎えると、二塁手に転向した。

2011年5月4日ピッツバーグ・パイレーツ戦でメジャーデビューを果たした。メジャー昇格後はチェイス・ヘッドリーとの兼ね合いもあって二塁と三塁で併用された[4]

2012年は左足の種子骨を骨折して開幕を故障者リストで迎え[5]、6月に復帰。後半戦は二塁手のレギュラーとして起用された。

レイズ時代[編集]

2014年1月22日アレックス・トーレスジェシー・ハンとのトレードで、ブラッド・ボックスバーガーらと共にタンパベイ・レイズへ移籍した[6]。この年は、内野のスーパー・サブとしてプレーし、110試合に出場した。打率.223・3年連続での6本塁打・26打点という打撃成績を記録した。守備では、殆どが二塁手としての守備であり、74試合で守って2失策守備率.991・DRS + 2という内容で、平均以上の能力を示した。他には、三塁手・左翼手遊撃手一塁手も守ったが、いずれも10試合未満だった。その他、DHとして20試合に出場した。

2015年は、二塁手のレギュラーに抜擢され、打率.281・17本塁打・68打点・9盗塁・OPS0.804という好成績をマーク。本塁打、打点ともに主砲のエバン・ロンゴリアに次ぐチーム2位であり、中軸打者の1人に成長した。守備でも引き続き安定した能力を示し、DRSは + 8だった。また、26試合で一塁手も守ったが、こちらは低調でありDRS -2だった。

2016年は、127試合に出場して打率.264・20本塁打・52打点・OPS0.778という打撃成績を記録。出場試合数は前年比で - 26試合ながら、自身初の20本塁打到達となり、打球を飛ばすパワーが増大している事を印象付けた。守備面では、118試合で二塁手を守って9失策・守備率.981・DRS +1という成績だった。

ドジャース時代[編集]

2017年1月23日ホセ・デレオンとのトレードで、ロサンゼルス・ドジャースへ移籍した[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 SD 62 169 150 12 32 9 1 0 43 12 3 1 2 2 12 3 3 33 3 .213 .281 .287 .568
2012 91 350 315 45 86 13 3 6 123 26 8 2 0 1 28 0 6 57 6 .273 .343 .390 .733
2013 75 243 220 22 47 6 1 6 73 19 6 1 1 1 19 2 2 54 5 .214 .281 .332 .613
2014 TB 110 336 301 32 67 12 1 6 99 26 2 0 2 4 25 0 4 71 9 .223 .287 .329 .616
2015 153 614 540 69 152 33 2 17 240 68 9 4 0 6 55 2 14 111 12 .281 .359 .444 .804
MLB:5年 491 1713 1526 180 384 73 8 35 578 151 28 8 5 14 139 7 29 326 35 .252 .323 .379 .702
  • 2015年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 12(2011年)
  • 11(2012年 - 2013年、2015年 - )
  • 10(2014年)

代表歴[編集]

  • 2007年パンアメリカン競技大会野球アメリカ合衆国代表

脚注[編集]

  1. ^ Logan Forsythe Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2017年1月24日閲覧。
  2. ^ Dodgers Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月17日閲覧
  3. ^ 2007 Pan American Team Roster USABaseball.com: The Official Site of USA Baseball (英語) (2010年9月21日) 2017年7月2日閲覧
  4. ^ a b Bernie Pleskoff: Logan Forsythe claims infield role with Padres MLB.com
  5. ^ Terrible Timing For Forsythe's Latest Injury UTSanDiego.com
  6. ^ “Rays acquire Forsythe, Boxberger in seven-player trade with Padres” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Tampa Bay Rays), (2014年1月22日), http://m.rays.mlb.com/news/article/66944108/rays-acquire-forsythe-boxberger-in-seven-player-trade-with-padres/ 2017年1月23日閲覧。 
  7. ^ Ken Gurnick (2017年1月23日). “Dodgers get a grinder in Forsythe for infield” (英語). MLB.com. 2017年1月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]