ジョーディー・マーサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョーディー・マーサー
Jordy Mercer
ピッツバーグ・パイレーツ #10
20120613-0211j Jordy Mercer.jpg
2012年6月13日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オクラホマ州デューイ郡セイリング英語版
生年月日 (1986-08-27) 1986年8月27日(31歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手
プロ入り 2008年 MLBドラフト3巡目(全体79位)でピッツバーグ・パイレーツから指名
初出場 2012年5月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国代表
獲得メダル
男子 野球
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
パンアメリカン競技大会
2007 野球
2011 野球

ジョーダン・ジョー・マーサーJordan Joe Mercer, 1986年8月27日 - )は、アメリカ合衆国オクラホマ州デューイ郡セイリング英語版出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。MLBピッツバーグ・パイレーツに所属。愛称はヤングジョーディーマースザ・ロック[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2005年MLBドラフト26巡目(全体796位)でロサンゼルス・ドジャースから指名されるも、プロへの準備不足を理由として入団せず[2]オクラホマ州立大学に進学した。大学時代は遊撃手及び抑え投手として活躍した[2]

2007年7月にはブラジルリオデジャネイロで行われた第15回パンアメリカン競技大会における野球競技のアメリカ合衆国代表に選出され[3]、銀メダルを獲得した。

プロ入りとパイレーツ時代[編集]

2008年MLBドラフト3巡目(全体79位)でピッツバーグ・パイレーツから指名され、入団した。パイレーツからは遊撃手として指名された[2]

2011年オフの10月に開催されたグアダラハラパンアメリカン競技大会野球アメリカ合衆国代表に選出された[4]

2012年5月29日にメジャーデビューを果たした[5]。翌30日のシンシナティ・レッズ戦でジョニー・クエトからメジャー初安打を放った。

2013年の開幕はマイナーで迎えるも5月3日に昇格し、同日のワシントン・ナショナルズ戦で決勝2点本塁打を放った[6]5月11日ニューヨーク・メッツ戦では3回と5回に2打席連続のソロ本塁打を放ち、自身初の1試合2本塁打となった[7]。同月13日にニール・ウォーカー故障者リストから復帰したことに伴い、AAA級インディアナポリス・インディアンスへ降格した[8]も、2日後の15日にジョン・マクドナルドが故障者リスト入りしたため、メジャーへ再昇格した[9]

2014年は遊撃手の定位置をキープして149試合に出場、規定打席に到達した。出だしは良くなかったが、6月には5本塁打を固め打ちして調子を上げると[10]、最終的には12本塁打を放った。守備面でも高い活躍度を示し、DRSは + 9、ゴロの打球を処理してアウトにした数はナショナルリーグ2位だった[10]

2015年姜正浩が加入したが、姜は主に三塁手を守った為、引き続き遊撃手のレギュラーの座をキープした。打撃は低調で、116試合に出場しながら打率.244・3本塁打・34打点・OPS0.613(自己ワースト)という成績に終わった。守備面では115試合で守りに就き、7失策守備率.986・DRS0だった。

2016年は149試合に出場して、2年ぶりに規定打席に到達。打率.256・11本塁打・自己ベストの59打点・1盗塁・OPS0.701という成績を記録した。遊撃の守備は146試合で守りに就いて、いずれもリーグ2位の411補殺と95併殺をゲットしたが、DRSは - 9・UZRは - 8.4まで落ち込んだ。

詳細成績[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 PIT 42 68 62 7 13 5 1 1 23 5 0 1 0 1 4 0 1 14 0 .210 .265 .371 .636
2013 103 365 333 33 95 22 2 8 145 27 3 2 5 1 22 6 4 62 7 .285 .336 .435 .772
2014 149 555 506 56 129 27 2 12 196 55 4 1 5 5 35 12 4 89 14 .255 .305 .387 .693
2015 116 430 394 34 96 21 0 3 126 34 3 2 4 3 27 7 2 73 7 .244 .293 .320 .613
2016 149 584 519 66 133 22 3 11 194 59 1 1 7 2 51 8 5 83 11 .256 .328 .374 .701
MLB:5年 559 2002 1814 196 466 97 8 35 684 180 11 7 21 12 139 33 16 321 39 .257 .313 .377 .691
  • 2016年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 69(2012年)
  • 10(2013年 - )

代表歴[編集]

  • 2007年パンアメリカン競技大会野球アメリカ合衆国代表
  • 2011年パンアメリカン競技大会野球アメリカ合衆国代表

脚注[編集]

  1. ^ Pirates Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月26日閲覧
  2. ^ a b c “OSU's Mercer taken in third round”. Tulsa World. (2008年6月6日). http://www.tulsaworld.com/sportsextra/article.aspx?subjectID=225&articleID=20080606_225_B4_hMAJOR140650 2012年2月4日閲覧。 
  3. ^ 2007 Pan American Team Roster USABaseball.com: The Official Site of USA Baseball (英語) (2010年9月21日) 2017年7月2日閲覧
  4. ^ 2011 Pan Am Team Roster USABaseball.com: The Official Site of USA Baseball (英語) (2011年12月23日) 2017年7月2日閲覧
  5. ^ Singer, Tom (2012年5月30日). “Bucs promote hot-hitting Mercer from Indy”. 2012年8月12日閲覧。
  6. ^ AAA call-up Jordy Mercer leads Pirates past Nationals”. Reuters. 2013年5月11日閲覧。
  7. ^ Pirates 11, Mets 2”. mlb.com. 2013年5月11日閲覧。
  8. ^ Sanserino, Michael (2013年5月13日). “Pirates activate Walker, option Mercer to Indianapolis”. Pittsburgh Post-Gazette. 2013年5月13日閲覧。
  9. ^ Brink, Bill (2013年5月15日). “Pirates put John McDonald on DL, recall Mercer from Indianapolis”. Pittsburgh Post-Gazette. 2013年5月15日閲覧。
  10. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』 廣済堂出版2015年、360頁。ISBN 978-4-331-51921-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]