ライアン・フラハーティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ライアン・フラハティ
ライアン・フラハーティ
Ryan Flaherty
アトランタ・ブレーブス #27
Ryan Flaherty 2014.jpg
オリオールズ時代(2014年4月16日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 メイン州ポートランド
生年月日 (1986-07-27) 1986年7月27日(31歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 2008年 MLBドラフト1巡目追補
初出場 2012年4月7日
年俸 $1,800,000(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
獲得メダル
男子 野球
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
パンアメリカン競技大会
2007 野球

ライアン・エドワード・フラハーティRyan Edward Flaherty, 1986年7月27日 - )は、 アメリカ合衆国メイン州ポートランド出身のプロ野球選手ユーティリティープレイヤー)。右投左打。MLBアトランタ・ブレーブス所属。愛称はフラッシュ[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

ヴァンダービルト大学時代の2007年7月にはブラジルリオデジャネイロで行われた第15回パンアメリカン競技大会における野球競技アメリカ合衆国代表に選出され[3]、銀メダルを獲得した。

プロ入りとカブス傘下時代[編集]

2008年MLBドラフト1巡目追補(全体41位)でシカゴ・カブスから指名され、プロ入り[4]

オリオールズ時代[編集]

2011年12月に行われたルール・ファイブ・ドラフトにおいて、ボルチモア・オリオールズへ移籍した[4]

2012年4月7日ミネソタ・ツインズ戦で、終盤にマーク・レイノルズの守備固めに入り、メジャーデビューを果たした。1年目はユーティリティープレイヤーとして77試合に出場し、捕手中堅手を除く全ポジションの守備についた。

2014年3月11日にオリオールズと1年契約に合意した[5]。この年もユーティリティとして多数のポジションを守りつつ、自己最多の102試合に出場。シーズン全体の打率は.221だったものの、得点圏で.293・満塁の場面で.500とよく打ち[6]、数字以上に貢献した。

2015年は91試合に出場。相変わらず複数のポジションを守ったが、前年と比べるとポジションに偏りがあり、56試合が二塁手を守った試合数だった。打撃面では9本塁打を放ったほか、自己ベストの3三塁打を記録して引き続きパワーを示したが、打率.202はメジャーでは自己最低の数値だった。

2016年も同様の役割を担って74試合に出場。バッティング面では打率.217・3本塁打・15打点・2盗塁という成績を残した。守備面では捕手と中堅手を除く全ポジションを守った。最も多かったのが三塁手の40試合で、3失策守備率.969ながらDRSでは +6をマークした[7]。次いで13試合で守った遊撃手では、無失策であったがDRSは -2だった[7]。10試合以上で守ったのは、これら2つだけだった。また、この年は投手としても1試合登板したが、1回で本塁打1を含む被安打3、失点2を記録した[8]

2017年は、右肩の故障で5月から8月まで故障者リストに入ったこともあり23試合の出場に留まり、オフの11月2日FAとなった[8]

ブレーブス時代[編集]

2018年2月8日フィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約を結んでスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[8]が、3月22日に自由契約となった[9]

その後、3月26日アトランタ・ブレーブスとメジャー契約を結んだ[10]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 BAL 77 167 153 15 33 2 1 6 55 19 1 0 3 1 6 0 3 43 3 .216 .258 .359 .617
2013 85 271 246 28 55 11 0 10 96 27 2 0 1 0 19 3 5 62 2 .224 .293 .390 .683
2014 102 312 281 33 62 15 1 7 100 32 1 0 3 1 22 2 5 68 3 .221 .288 .356 .644
2015 91 301 267 34 54 8 3 9 95 31 0 0 2 2 26 2 4 81 8 .202 .281 .356 .637
2016 74 176 157 16 34 7 0 3 50 15 2 0 1 1 17 1 0 48 1 .217 .291 .318 .610
2017 23 43 38 5 8 1 0 0 9 4 0 0 0 0 4 0 1 10 0 .211 .302 .237 .539
MLB:6年 452 1270 1142 131 246 44 5 35 405 128 6 0 10 5 94 8 18 312 17 .215 .284 .355 .639
  • 2017年度シーズン終了時

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 BAL 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 7 1.0 3 1 0 0 0 0 0 0 2 2 18.00 3.00
MLB:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 7 1.0 3 1 0 0 0 0 0 0 2 2 18.00 3.00

背番号[編集]

  • 3(2012年 - 2017年)
  • 27(2018年 - )

代表歴[編集]

  • 2007年パンアメリカン競技大会野球アメリカ合衆国代表

脚注[編集]

  1. ^ Ryan Flaherty Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). 2013年11月7日閲覧。
  2. ^ Brittany Ghiroli (2017年8月24日). “Orioles Players Weekend nicknames explained” (英語). MLB.com. 2018年2月9日閲覧。
  3. ^ 2007 Pan American Team Roster” (英語). USABaseball.com: The Official Site of USA Baseball (2010年9月21日). 2017年7月2日閲覧。
  4. ^ a b Orioles select Ryan Flaherty from Cubs in Rule 5 draft”. The Baltimore Sun (2011年12月8日). 2018年2月9日閲覧。
  5. ^ Orioles agree to terms on one-year deals with 19 players”. The Baltimore Sun (2014年3月11日). 2018年2月9日閲覧。
  6. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』 廣済堂出版2015年、41頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  7. ^ a b Baseball-Reference 参照。2018年2月9日閲覧。
  8. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2018年2月9日閲覧。
  9. ^ Todd Zolecki (2018年3月22日). “Phillies grant Flaherty unconditional release” (英語). MLB.com. 2018年3月28日閲覧。
  10. ^ Mark Bowman (2018年3月26日). “Braves sign Flaherty, Bourjos to 1-year deals” (英語). MLB.com. 2018年3月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]