ダニー・エスピノーサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダニー・エスピノーサ
Danny Espinosa
タンパベイ・レイズ (マイナー)
Washpinoza.jpg
ワシントン・ナショナルズ時代
(2015年5月17日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州オレンジ郡サンタアナ
生年月日 (1987-04-25) 1987年4月25日(30歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 二塁手遊撃手
プロ入り 2008年 MLBドラフト3巡目(全体87位)でワシントン・ナショナルズから指名
初出場 2010年9月1日 フロリダ・マーリンズ
年俸 $5,425,000(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国代表
獲得メダル
男子 野球
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
パンアメリカン競技大会
2007 野球

ダニエル・リチャード・エスピノーサDaniel Richard "Danny" Espinosa, 1987年4月25日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州オレンジ郡サンタアナ出身のプロ野球選手内野手)。右投両打MLBタンパベイ・レイズ傘下所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校英語版出身。2007年7月にはブラジルリオデジャネイロで行われた第15回パンアメリカン競技大会における野球競技アメリカ合衆国代表に選出され[2]、銀メダルを獲得した。

プロ入りとナショナルズ時代[編集]

2008年MLBドラフト3巡目 (全体87位) でワシントン・ナショナルズに入団。契約金は52万5000ドルだった[3]

2010年9月1日フロリダ・マーリンズ戦でメジャーデビュー。

2011年二塁手のレギュラーに定着し、158試合に出場して打率.236ながら21本塁打、17盗塁を記録。ナ・リーグの新人王投票では6位に入った[4]

2012年は開幕はスランプに陥り4月は打率.205で打点2だった。オールスターブレイク後の7月には打率を.300にし復調した。最終的には、打率こそ.247に留まったが、17本塁打・20盗塁を記録した。

2013年開幕前の3月に開催された第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)メキシコ代表に選出されたが、前年に痛めた左肩腱板の治療を理由に辞退。レギュラーシーズンでは死球を受けながら痛みを我慢して強行出場したため、6月に故障者リスト入り[5]。この影響で44試合の出場に終わり、打撃成績も打率.158・3本塁打・12打点と低迷した。

2014年は、故障から復帰して114試合に出場したが、打率は.219という低い数字となり、2011年 - 2012年に2年連続で17以上を記録した本塁打と盗塁は、いずれも8に留まるなど、不振から脱却出来なかった。

2015年は二塁手のレギュラー格に返り咲き、118試合に出場。依然として低打率ながら、.240と2シーズン連続で上昇させたほか、3年ぶりの2ケタとなる13本塁打を放った。しかし、盗塁の水準は上向かずに5つに留まった。セカンドの守備はハイレベルで、81試合で守りに就き1失策守備率.997・DRS +10という好成績を残った。また、いずれも20試合未満ながら三塁遊撃一塁左翼も守ったが、DRSは最高でも0止まりで、マイナスのポジションもあった。

2016年は遊撃手のレギュラーで起用され、157試合に出場して4シーズンぶりに規定打席に達した。打率.209・リーグワースト2位タイの174三振と、圧倒的なミート力不足は相変わらずだったが、いずれもキャリアハイとなる24本塁打を放って72打点を叩き出した。走塁面では9盗塁を決め、成功率も82%と高かった。初めてフルシーズン守ったショートの守備は、リーグのショートではワーストタイの18失策を犯したものの、DRS +8・UZR +1.4と、いずれの指標でもプラスの数値を記録して大過なく務め上げた。

エンゼルス時代[編集]

2016年12月10日オースティン・アダムス英語版カイル・マガウィン英語版とのトレードで、ロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した[6]

2017年7月16日DFAとなり[7]。20日に自由契約となった[6]

マリナーズ時代[編集]

2017年7月24日シアトル・マリナーズとメジャー契約を結んだ[8]8月20日に自由契約となった[6]

レイズ時代[編集]

2017年8月25日タンパベイ・レイズとメジャー契約を結んだ[9]9月21日にDFAとなり[6]、同日40人枠を外れる形で傘下のAAA級ダーラム・ブルズへ配属された[10]

プレースタイル[編集]

打撃[編集]

打撃面での特徴の1つは、長打力。メジャー1年目の2010年には、22安打のうち半分に当たる11本が長打である。また、レギュラーとして起用された2011年と2012年には、いずれも17本塁打以上を記録している。マイナーでも、2009年と2010年の2シーズンで計40本塁打を放った。パワーがある一方でミート力は低く、2016年シーズン終了時点で、メジャーで打率.250をクリアした事がない。三振も多く、2012年はナ・リーグワースト1位となる189三振を喫しており、2015年以外は出場試合数を上回る三振を記録している。

バント技術が高く[11]、2011年にはバント安打11本を記録した。

走力もあって盗塁も決められるので、「20本塁打・20盗塁」の同時達成にあと少しまで迫ったシーズンが2度ある。マイナーでは、7割を超える成功率で、2シーズンで計54盗塁を決めた実績がある。

守備[編集]

マイナーでは遊撃手としてプレーしていたが、ナショナルズ時代はイアン・デズモンドがいたため、二塁手として起用される機会が多かった。

全体的な守備力は非常に高く、将来的にはゴールドグラブ賞を獲得できるレベルと評される[11][12]

人物[編集]

メキシコ系アメリカ人であり、第3回WBCメキシコ代表に選出された。しかし、故障により出場辞退したため、第4回WBCメキシコ代表入りには前向きに検討しているとのこと[13]。ただし、第4回大会には選出自体されなかった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2010 WSH 28 112 103 16 22 4 1 6 46 15 0 2 0 0 9 1 0 30 0 .214 .277 .447 .723
2011 158 658 573 72 135 29 5 21 237 66 17 6 5 4 57 4 19 166 6 .236 .323 .414 .737
2012 160 658 594 82 147 37 2 17 239 56 20 6 3 2 46 4 13 189 11 .247 .315 .402 .717
2013 44 167 158 11 25 9 0 3 43 12 1 0 1 1 4 0 3 47 1 .158 .193 .272 .465
2014 114 364 333 31 73 14 3 8 117 27 8 1 0 1 18 5 12 122 5 .219 .283 .351 .634
2015 118 412 367 59 88 21 1 13 150 37 5 2 3 3 33 5 6 106 6 .240 .311 .409 .719
MLB:6年 622 2371 2128 271 490 114 12 68 832 213 51 17 12 11 167 19 53 660 29 .230 .301 .391 .692
  • 2015年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 18(2010年 - 2011年)
  • 8(2012年 - 2016年、2017年8月25日 - 同年9月20日)
  • 3(2017年 - 同年7月16日)
  • 6(2017年7月24日 - 同年8月19日)

代表歴[編集]

  • 2007年パンアメリカン競技大会野球アメリカ合衆国代表

脚注[編集]

  1. ^ Danny Espinosa Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2017年8月21日閲覧。
  2. ^ 2007 Pan American Team Roster USABaseball.com: The Official Site of USA Baseball (英語) (2010年9月21日) 2017年7月2日閲覧
  3. ^ 2008 Draft Picks for Round #3 - The Baseball Cube(英語). 2011年12月4日閲覧
  4. ^ Mark Bowman (2011年11月6日). “Kimbrel, Freeman top NL rookie candidates” (英語). MLB.com. 2017年2月16日閲覧。
  5. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』、2014年、289頁。ISBN 978-4-331-51809-0
  6. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2017年9月22日閲覧。
  7. ^ Mark Polishuk (2017年7月16日). “Angels Designate Danny Espinosa For Assignment” (英語). MLB Trade Rumors. 2017年7月20日閲覧。
  8. ^ Matt Kelly (2017年7月24日). “Mariners reportedly sign infielder Espinosa” (英語). MLB.com. 2017年7月25日閲覧。
  9. ^ Alaina Gertzenberg (2017年8月25日). “Rays sign veteran Espinosa to bolster infield” (英語). MLB.com. 2017年8月26日閲覧。
  10. ^ Rays strike early, often to keep WC chase on” (英語). MLB.com (2017年9月21日). 2017年9月21日閲覧。
  11. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2012』 廣済堂出版2012年、292頁。ISBN 978-4-331-51612-6
  12. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2013』 廣済堂出版、2013年、266頁。ISBN 978-4-331-51711-6
  13. ^ Puig interested in playing for Mexico in Classic[リンク切れ] The official site of World Baseball Classic (英語) (2016年10月13日) 2016年11月11日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]