フェルナンド・サラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェルナンド・サラス
Fernando Salas
ロサンゼルス・エンゼルス #59
Fernando Salas on May 16, 2015.jpg
2015年5月16日
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
出身地 ソノラ州ワタバンポ
生年月日 1985年5月30日(31歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 メキシカンリーグを経てセントルイス・カージナルスと契約
初出場 2010年5月28日
年俸 $512,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム メキシコの旗 メキシコ
WBC 2013年

ノエル・フェルナンド・サラス(Noel Fernando Salas, 1985年5月30日 - )はメキシコソノラ州ワタバンポ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在はMLBロサンゼルス・エンゼルスに所属している。

経歴[編集]

メキシカン・リーグ時代[編集]

2005年メキシカンリーグサルティーヨ・サラペメーカーズに入団した。

2006年にはリリーフで8勝2敗、防御率3.02を記録し、オールスターにも選出される。

カージナルス時代[編集]

2007年4月5日セントルイス・カージナルスと契約。同年は1A+で16試合に登板したが、防御率は5.26だった[2]

2008年は2Aで60試合に登板し、74イニングで100個の三振を奪った。

2009年は3Aメンフィスに昇格した。

2010年5月28日シカゴ・カブス戦でメジャーデビュー。

2011年は不振のライアン・フランクリンに代わって4月末から臨時のクローザーを務め、24セーブを記録した。ただし、防御率2.28に対して投球内容を基にした疑似防御率xFIPは3.62であり[3]トニー・ラルーサ監督の完全な信頼を勝ち取ることは出来なかった。そのため、9月以降はジェイソン・モッテにクローザーの座を譲った[4]

2012年は腎結石の影響で開幕から乱調で、5月下旬には防御率が6点台に達しマイナーへ降格した。治療を受けMLBへ復帰してからは一定の投球を見せた。

2013年開幕前の3月には、第3回WBCメキシコ代表に選出された[5]

エンゼルス時代[編集]

2013年11月22日に、デビッド・フリースと共に、ピーター・ボージャスとマイナー1選手とのトレードでロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した[6]

2014年は登板過多の影響で、6月DL入りした[7]。しかし、この離脱が良い休養となり、8月には13試合連続無失点を記録する[7]など、調子を上げた。最終的には57試合に登板し、3年ぶりの4.00未満となる防御率3.38・5勝0敗・自己ベスト (当時) の奪三振率9.4という好成績をマークした。

2015年はチーム最多[8]の72試合に登板。防御率は4.24まで悪化したが、2年連続で5勝を挙げ、63.2イニングで74奪三振、自身初の10以上となる奪三振率10.5をマークするなど、一定の貢献度を見せた。

プレースタイル[編集]

フォーシーム、ツーシーム、チェンジアップ、スライダーを操る。最大の武器はチェンジアップで、これとフォーシームを高低に投げ分けて打者を討ち取る。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 STL 27 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 133 30.2 28 4 15 2 0 29 2 0 13 12 3.52 1.40
2011 68 0 0 0 0 5 6 24 6 .455 295 75.0 50 7 21 3 2 75 2 0 20 19 2.28 0.95
2012 65 0 0 0 0 1 4 0 7 .200 256 58.2 56 5 27 5 1 60 4 0 28 28 4.30 1.41
2013 27 0 0 0 0 0 3 0 2 .000 118 28.0 27 3 6 1 1 22 2 0 15 14 4.50 1.18
通算:4年 187 0 0 0 0 6 13 24 16 .316 802 192.1 161 19 69 11 4 186 10 0 76 73 3.42 1.20
  • 2013年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 59 (2010 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Fernando Salas Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2013年4月22日閲覧。
  2. ^ Fernando Salas Profile. Scout.com(英語). 2011年10月26日閲覧
  3. ^ Fernando Salas » Statistics » Pitching. FanGraphs Baseball(英語). 2011年10月26日閲覧
  4. ^ Sergio Santos, Fernando Salas among among unexpected top closers. SI.com(英語). 2011年10月26日閲覧
  5. ^ 2013 Tournament Roster WBC公式サイト 英語 2015年9月1日閲覧
  6. ^ Dealt to Angels for Bourjos, Freese gets 'fresh start'
  7. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』 廣済堂出版、2015年、185頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  8. ^ 2015 Los Angeles Angels of Anaheim Pitching Statistics - Baseball-Reference.com (英語) . 2015年10月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]