ケビン・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケビン・ブラウン
Kevin Brown
Kbrown.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州ミレッジビル
生年月日 1965年3月14日(50歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1986年 MLBドラフト1巡目(全体4位)
初出場 1986年9月30日
最終出場 2005年7月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェイムズ・ケヴィン・ブラウンJames Kevin Brown, 1965年3月14日 - )は、メジャーリーグベースボールの元選手。ポジションは投手アメリカ合衆国ジョージア州ミレッジビル出身。

経歴[編集]

テキサス・レンジャーズ[編集]

1986年のMLBドラフトテキサス・レンジャーズから1巡目(全体4位)に指名を受け入団。同年9月にメジャー昇格を果たし、9月30日オークランド・アスレティックス戦でメジャーデビュー。5回2失点で初勝利を挙げた。2年後の1988年9月に再昇格し、9月14日のアスレティックス戦で9回に失点し完封こそ逃すものの、1失点でメジャー初完投勝利。1989年からは先発ローテーションに定着し、12勝9敗・防御率3.35を記録。ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票では6位に入った。1990年は開幕から5試合で5勝。6月20日ミネソタ・ツインズ戦ではわずか79球、4安打無四球でメジャー初完封を飾った。前半戦で10勝を挙げたが後半戦は2勝に留まり、12勝10敗・防御率3.60だった。1991年は9勝12敗・防御率4.40に終わる。

1992年は前半戦で14勝を挙げてオールスターゲームに初めて選出され、アメリカンリーグの先発投手を務めた。最終的に21勝11敗・防御率3.32、リーグ最多の265.2イニングを記録し、ジャック・モリスと並んで最多勝のタイトルを獲得。サイ・ヤング賞の投票では6位に入った。1993年は15勝12敗・防御率3.59を記録。1994年は開幕から6試合連続で二桁の被安打、4月19日トロント・ブルージェイズ戦では自身ワーストの10失点を喫するなど不調で、7勝9敗・防御率4.82、両リーグ最多の218被安打と不本意な成績に終わる。オフにフリーエージェントとなった。

ボルティモア・オリオールズ[編集]

1995年開幕前の4月9日ボルティモア・オリオールズと契約。シーズン最後の登板で完封勝利を挙げ、2年ぶりの二桁勝利 に到達。マイク・ムッシーナに次ぐチーム2位の10勝・防御率3.60の成績を残した。オフに再びフリーエージェントとなり、12月22日フロリダ・マーリンズと契約。

フロリダ・マーリンズ[編集]

移籍1年目の1996年は、前半戦援護に恵まれず7勝7敗ながら、防御率1.89を記録し、4年ぶりにオールスターゲームに選出される。後半戦で10勝を挙げ、シーズン通算で17勝11敗・防御率1.89、リーグ最多の3完封を記録し、最優秀防御率のタイトルを獲得。サイ・ヤング賞の投票ではジョン・スモルツに次ぐ2位に入った。1997年6月10日サンフランシスコ・ジャイアンツ戦で8回2死から死球を与えて完全試合は逃したものの、前年のアル・ライターに次ぐノーヒットノーランを達成。オールスターゲームにも2年連続で選出された。16勝8敗・防御率2.69・205奪三振を記録し、チームのワイルドカード獲得に貢献。ディヴィジョンシリーズでジャイアンツを3連勝で下すと、アトランタ・ブレーブスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第1戦と第6戦に先発しいずれも勝利を挙げて、ワイルドカードからは史上初、当時史上最速となる球団創設5年目でのリーグ優勝の立役者となった。クリーヴランド・インディアンズとのワールドシリーズでは第2戦と第6戦に先発したが、共に敗戦投手となった。しかしチームは4勝3敗でシリーズを制し、世界一の栄冠を手にした。球団の緊縮財政の影響で12月15日デレク・リー他2選手との交換トレードでサンディエゴ・パドレスへ移籍。

サンディエゴ・パドレス[編集]

1998年前半戦で10勝を挙げて、3年連続でオールスターゲームに選出される。18勝7敗、いずれもリーグ2位の防御率2.38・257奪三振を記録し、チームを地区優勝に導いた。ヒューストン・アストロズとのディヴィジョンシリーズ第1戦で8回を2安打無失点、シリーズ記録の16奪三振をマークし、ランディ・ジョンソンとの投げ合いを制した。ブレーブスとのリーグチャンピオンシップシリーズ第2戦で3安打11奪三振完封勝利を挙げ、14年ぶりのリーグ優勝に貢献。ニューヨーク・ヤンキースとのワールドシリーズでは第1戦と第4戦に先発したがいずれも敗れ、チームも4連敗で敗退した。オフにフリーエージェントとなり、12月12日に当時史上最高額となる7年総額1億500万ドルでロサンゼルス・ドジャースと契約し、ギネス世界記録として認定された[1]

ロサンゼルス・ドジャース[編集]

1999年は18勝9敗・防御率3.00を記録。2000年オールスターゲームに2年ぶりに選出される。13勝と勝ち星は伸びなかったが、防御率2.58で2度目の最優秀防御率を獲得。2001年は開幕から好調だったが、故障もあって20試合の登板に終わる。2002年も5月に故障し、8月の復帰以降は主にリリーフで起用され、3勝4敗・防御率4.81と振るわなかった。2003年4月29日から6月17日にかけて9連勝を記録する。オールスターゲームに選出されたが登板はなかった。14勝9敗、リーグ2位の防御率2.39と復活を遂げた。12月13日ジェフ・ウィーバーヤンシー・ブラゾバンらとの交換トレードでヤンキースに移籍。

ニューヨーク・ヤンキース[編集]

2004年は日本で開催された開幕シリーズで勝利を挙げるなど、4月にピッチャー・オブ・ザ・マンスを受賞したが、背筋痛で投球フォームを崩し、10勝6敗・防御率4.09。ツインズとのディヴィジョンシリーズでは勝利を挙げたが、ボストン・レッドソックスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは2試合に先発して防御率21.60と絶不調で、チームも史上初めて3連勝の後4連敗を喫し、自身3度目のワールドシリーズ出場はならなかった。2005年も背筋痛に悩まされて不甲斐ない投球が続き、7月に故障者リスト入り。オフに引退した。

薬物疑惑[編集]

2007年12月13日発表のミッチェル報告書に名前が記載された。報告書によると、ニューヨーク・メッツの元クラブハウス従業員であるカーク・ラドムスキーはブラウンに禁止薬物であるヒト成長ホルモン(HGH)とデカ・デュラボリンを2000年か2001年より後の2~3年間にわたって5~6度販売したと主張している。ポール・ロデューカから紹介されて知り合ったという。連邦捜査官が押収したラドムスキーのアドレス帳にブラウンの名前は記載されており、ラドムスキーからブラウン宛ての2004年6月7日付のメール送信履歴が証拠として残っていた。また、2003年にドジャースの幹部の会合でもゼネラルマネージャーがブラウンのステロイド使用を推測する発言を行っていた。これらの主張についての情報を提供し、応答の機会を与えるためにジョージ・J・ミッチェルが面会を要求したが、ブラウンはこれを拒否した[2]

選手としての特徴[編集]

上半身を反らし気味にして投げる独特の投球フォームからの重いツーシームと鋭いスライダーシンカーを武器にした。1996年 - 2000年の5年間は平均242イニングで16勝、防御率2.50という抜群の安定感を誇り、1990年代後半のメジャーを代表する投手の一人だった。感情の激しさも有名で2004年9月には自分自身への苛立ちから降板後に壁を殴り、右手の指を骨折した。

獲得タイトル他[編集]

  • 最多勝利 1回:1992年
  • 最優秀防御率 2回:1996年, 2000年
  • MLBオールスターゲーム選出 6回:1992年, 1996年 - 1998年, 2000年, 2003年

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1986 TEX 1 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 19 5.0 6 0 0 0 0 4 0 0 2 2 3.60 1.20
1988 4 4 1 0 0 1 1 0 -- .500 110 23.1 33 2 8 0 1 12 1 0 15 11 4.24 1.76
1989 28 28 7 0 0 12 9 0 -- .571 798 191.0 167 10 70 2 4 104 7 2 81 71 3.35 1.24
1990 26 26 6 2 1 12 10 0 -- .545 757 180.0 175 13 60 3 3 88 9 2 84 72 3.60 1.31
1991 33 33 0 0 0 9 12 0 -- .429 934 210.2 233 17 90 5 13 96 12 3 116 103 4.40 1.53
1992 35 35 11 1 1 21 11 0 -- .656 1108 265.2 262 11 76 2 10 173 8 2 117 98 3.32 1.27
1993 34 34 12 3 3 15 12 0 -- .556 1001 233.0 228 14 74 5 15 142 8 1 105 93 3.59 1.30
1994 26 25 3 0 0 7 9 0 -- .438 760 170.0 218 18 50 3 6 123 7 0 109 91 4.82 1.58
1995 BAL 26 26 3 1 0 10 9 0 -- .526 706 172.1 155 10 48 1 9 117 3 0 73 69 3.60 1.18
1996 FLA 32 32 5 3 1 17 11 0 -- .607 906 233.0 187 8 33 2 16 159 6 1 60 49 1.89 0.94
1997 33 33 6 2 2 16 8 0 -- .667 976 237.1 214 10 66 7 14 205 7 1 77 71 2.69 1.18
1998 SD 36 35 7 3 1 18 7 0 -- .720 1032 257.0 225 8 49 4 10 257 10 0 77 68 2.38 1.07
1999 LAD 35 35 5 1 1 18 9 0 0 .667 1018 252.1 210 19 59 1 7 221 4 1 99 84 3.00 1.07
2000 33 33 5 1 3 13 6 0 0 .684 921 230.0 181 21 47 1 9 216 4 0 76 66 2.58 0.99
2001 20 19 1 0 1 10 4 0 0 .714 465 115.2 94 8 38 2 2 104 3 1 41 34 2.65 1.14
2002 17 10 0 0 0 3 4 0 1 .429 278 63.2 68 9 23 1 5 58 2 0 36 34 4.81 1.43
2003 32 32 0 0 0 14 9 0 0 .609 856 211.0 184 11 56 2 5 185 5 1 67 56 2.39 1.14
2004 NYY 22 22 0 0 0 10 6 0 0 .625 551 132.0 132 14 35 0 3 83 6 0 65 60 4.09 1.27
2005 13 13 0 0 0 4 7 0 0 .364 346 73.1 107 5 19 1 7 50 6 0 57 53 6.50 1.72
通算:19年 486 476 72 17 14 211 144 0 1 .594 13542 3256.1 3079 208 901 42 139 2397 108 15 1357 1185 3.28 1.22
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ Guiness Book of Baseball World Records
  2. ^ Mitchell Report (PDF)” (英語). Office of the Commissioner of Baseball. pp. SR214-217. 2013年10月28日閲覧。

外部リンク[編集]