ランス・リン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランス・リン
Lance Lynn
セントルイス・カージナルス #31
IMG 9764 Lance Lynn.jpg
2012年6月2日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 インディアナ州マリオン郡ブラウンズバーグ
生年月日 1987年5月12日(27歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト1巡目補完(全体39位)でセントルイス・カージナルスから指名
初出場 2011年6月2日 サンフランシスコ・ジャイアンツ
年俸 $513,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マイケル・ランス・リンMichael Lance Lynn, 1987年5月12日 - )は、アメリカ合衆国インディアナ州マリオン郡ブラウンズバーグ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBセントルイス・カージナルスに所属。

経歴[編集]

2005年ドラフト6巡目でシアトル・マリナーズから指名されるが、入団せずにミシシッピ大学へ進学[2]

2008年ドラフト1巡目補完(全体39位)でセントルイス・カージナルスから指名され、6月17日に契約[3]。同年はA-級とA級で8試合に先発登板し、防御率1.35という好成績を残した[4]

2009年はA+級で開幕を迎え、最終的にAAA級メンフィス・レッドバーズまで昇格した。3階級での合計成績は、11勝4敗、防御率2.85だった。

2010年はAAA級メンフィスで過ごしたが、防御率4.77とやや壁にぶつかり、メジャー昇格はならなかった[4]。しかし、9月10日オクラホマシティー戦では、球団新記録の16奪三振を記録している[5]

2011年6月2日サンフランシスコ・ジャイアンツ戦でメジャーデビュー[3]。メジャーでは主にリリーフとして起用され、好成績を残していたが、8月9日の試合で左斜筋を痛め、故障者リストに入った[6]。レギュラーシーズン中の復帰は叶わなかったが、ミルウォーキー・ブルワーズとのリーグ優勝決定シリーズからロースターに追加された[7]。第2戦では、僅か1球を投げただけで勝利投手になった[8]テキサス・レンジャーズとのワールドシリーズ第3戦では、3番手として2回1/3を投げ、勝利投手になった[9]

2012年は先発に回り、R.A.ディッキーに次いでリーグで2番目に早く10勝に到達。オールスターにも初選出された。8月24日のシンシナティ・レッズ戦で降板に不満な様子を見せたことで一旦リリーフに戻されたが、9月に先発に復帰すると4連勝でレギュラーシーズンを終えた。終わってみればリーグ4位の18勝を挙げた。

2013年は33試合に登板し、15勝10敗、防御率3.97だった。

2014年は33試合に登板し、3年連続二桁勝利となる15勝(10敗)を挙げ、防御率2.74だった。

2015年1月15日にカージナルスと総額2200万ドル+出来高の3年契約[10]を結んだ[11][12]

プレースタイル[編集]

かつては90~92マイルだった速球が、2010年頃から92~94マイルを計測するようになった。打者がリリースポイントを認識しづらいフォームであるため、球速の割に空振りを奪うこと出来る[13]。速球以外には、スライダーカーブチェンジアップを投げる[14]

かつては、フォーシームとカーブだけで全投球の80%を占めていたが、現在ではフォーシムとツーシームだけで75%以上を占める速球派投手にモデルチェンジした。

年度別投球成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 STL 18 2 0 0 0 1 1 1 3 .500 136 34.2 25 3 11 1 1 40 1 0 12 12 3.12 1.04
2012 35 29 0 0 0 18 7 0 1 .720 744 176.0 168 16 64 3 10 180 3 0 76 74 3.78 1.32
2013 33 33 0 0 0 15 10 0 0 .600 856 201.2 189 14 76 0 11 198 6 0 92 89 3.97 1.31
2014 33 33 0 0 0 15 10 0 0 .600 866 203.2 185 13 72 1 7 181 7 0 72 62 2.74 1.26
通算:4年 119 97 0 0 0 49 28 1 4 .636 2602 616.0 567 46 223 5 29 599 17 0 252 237 3.46 1.28
  • 2014年度シーズン終了時

獲得タイトル・表彰[編集]

背番号[編集]

  • 62 (2011年)
  • 31 (2012年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Lance Lynn Contracts, Salaries, Cap Hits, & Transactions” (英語). Spotrac.com. 2013年12月31日閲覧。
  2. ^ Player Bio: Lance Lynn. University of Mississippi Official Athletic Site(英語). 2011年10月26日閲覧
  3. ^ a b Star, Jon(2011-06-02). Cardinals send Lynn to debut vs. Giants. MLB.com(英語). 2011年10月26日閲覧
  4. ^ a b Lance Lynn Minor League Statistics & History. Baseball-Reference.com(英語). 2011年10月26日閲覧
  5. ^ Parkinson, Kyle Lynn leads 'Birds back to finals milb.com, September 10, 2010 (accessed September 17, 2010)
  6. ^ Cardinals move Lance Lynn to 60-day DL. Associated Press(英語). 2011年10月26日閲覧
  7. ^ Cards add Kyle McClellan, Lance Lynn. Associated Press(英語). 2011年10月26日閲覧
  8. ^ "Lynn proves his value to Cardinals as a reliever" stltoday.com. Retrieved 2011 October 12.
  9. ^ Langosch, Jenifer(2011-10-23). Lynn restores order, earns Game 3 victory. cardinals.com(英語). 2011年10月26日閲覧
  10. ^ 2015年は700万ドル、2016年と2017年はそれぞれ750万ドル。2016年に先発として25試合・27試合・29試合・31試合に登板するたび12万5000ドルが追加され、2017年は各試合25万ドルが追加される。
  11. ^ Cardinals announce 3-year deal with Lance Lynn”. MLB.com Cardinals Press Release (2015年1月15日). 2015年1月16日閲覧。
  12. ^ Lance Lynn gets 3-year, $22M deal”. ESPN MLB (2015年1月15日). 2015年1月16日閲覧。
  13. ^ azruavatar(2011-01-25). Lance Lynn’s improved fastball. Future Redbirds(英語). 2011年10月26日閲覧
  14. ^ Lance Lynn » Statistics » Pitching. FanGraphs Baseball(英語). 2011年10月26日閲覧

外部リンク[編集]