ライアン・プレスリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ライアン・プレスリー
Ryan Pressly
ヒューストン・アストロズ #55
Ryan Pressly on April 5, 2013.jpg
ミネソタ・ツインズ時代
(2013年4月5日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ダラス
生年月日 (1988-12-15) 1988年12月15日(30歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 MLBドラフト11巡目
初出場 2013年4月4日 デトロイト・タイガース
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トーマス・ライアン・プレスリーThomas Ryan Pressly, 1988年12月15日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBヒューストン・アストロズ所属。

経歴[編集]

プロ入りとレッドソックス傘下時代[編集]

2007年MLBドラフト11巡目(全体354位)でボストン・レッドソックスから指名され、6月18日に契約。

2008年、傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・レッドソックスでプロデビュー。10試合(先発9試合)に登板して1勝4敗、防御率3.79、34奪三振を記録した。

2009年はA-級ローウェル・スピナーズ英語版でプレーし、13試合(先発11試合)に登板して6勝4敗、防御率3.17、64奪三振を記録した。

2010年はA級グリーンビル・ドライブでプレーし、26試合(先発24試合)に登板して5勝7敗、防御率3.72、96奪三振を記録した。

2011年はA+級セイラム・レッドソックスでプレーし、26試合に先発登板して6勝11敗、防御率4.50、72奪三振を記録した。

2012年はまずA+級セイラムでプレーし、20試合(先発12試合)に登板して5勝3敗、防御率6.28、61奪三振を記録した。7月にAA級ポートランド・シードッグスへ昇格。14試合に登板して2勝2敗、防御率2.93、21奪三振を記録した。

ツインズ時代[編集]

2012年12月に行われたルール・ファイブ・ドラフトミネソタ・ツインズから指名され、移籍した[1]

2013年は開幕ロースター入りし、4月4日のデトロイト・タイガース戦でメジャーデビュー。6点リードの9回表から登板し、1回を1安打無失点1奪三振に抑えた[2]。この年は49試合に登板して3勝3敗、防御率3.87、49奪三振を記録した。当時、父親のトム・プレスリーは癌を患っており、余命わずかという状況であった。そんな中でライアンはメジャーデビューを果たし、父を感激させ、父が旅立つ前に親孝行を果たした(同年11月、トムは永眠)[3]

2014年2月28日にツインズと1年契約を結んだ[4]3月24日に傘下のAAA級ロチェスター・レッドウイングスへ異動し[5]、そのまま開幕を迎えた。この年は登板機会が25試合まで減少したが、防御率を1.00以上改善して2.86という数値を記録し、無敗で2勝を挙げた。

2015年は27試合に投げ、通算100試合登板に達した。この年は1本もホームランを許さず、防御率も2年連続で2.00台をキープするなど、安定したピッチングを見せた。

2016年は完全にリリーフ陣の中核に定着し、チーム最多[6]の72試合に登板。防御率3.70、6勝7敗1セーブ、WHIP1.35という成績を残し、低迷するチームを支えた。

2017年は調子を崩し、登板数が57に減少した上に防御率も4.70と自己ワーストに終わった。

アストロズ時代[編集]

2018年7月27日にホルヘ・アルカラ英語版ジルベルト・セレスティーノとのトレードで、ヒューストン・アストロズへ移籍した[7]。移籍後は26試合で防御率0.77、2セーブ、16ホールドと好調だった。自身初のポストシーズンでも5試合に登板して3ホールド・防御率1.80の好成績を記録した。

2019年3月20日、アストロズと2021年までの3年2040万ドルで契約延長した[8]。5月5日のロサンゼルス・エンゼルス戦で、前年から続く連続無失点が33投球回に達し、ロイ・オズワルトの持つ球団記録を更新した[9]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 MIN 49 0 0 0 0 3 3 0 1 .500 315 76.2 71 5 27 1 0 49 7 0 37 33 3.87 1.28
2014 25 0 0 0 0 2 0 0 2 1.000 122 28.1 30 3 8 2 1 14 1 0 10 9 2.86 1.34
2015 27 0 0 0 0 3 2 0 4 .600 119 27.2 27 0 12 1 0 22 2 0 9 9 2.93 1.41
2016 72 0 0 0 0 6 7 1 13 .462 328 75.1 79 8 23 2 2 67 7 0 34 31 3.70 1.35
2017 57 0 0 0 0 2 3 0 6 .400 252 61.1 52 10 19 5 3 61 5 0 34 32 4.70 1.16
2018 51 0 0 0 0 1 1 0 8 .500 208 47.2 46 5 19 1 2 69 6 0 19 18 3.40 1.36
HOU 26 0 0 0 0 1 0 2 13 1.000 84 23.1 11 1 3 0 1 32 2 0 2 2 0.77 0.60
'18計 77 0 0 0 0 2 1 2 21 .667 292 71.0 57 6 22 1 3 101 8 0 21 20 2.54 1.11
2019 55 0 0 0 0 2 3 3 31 .400 211 54.1 37 6 12 0 0 72 4 0 15 14 2.32 0.90
MLB:7年 362 0 0 0 0 20 19 6 78 .513 1639 394.2 353 38 123 12 9 386 34 0 160 148 3.38 1.21
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2013 MIN 49 8 13 1 2 .955
2014 25 1 5 0 0 1.000
2015 27 0 1 0 1 1.000
2016 72 3 10 1 1 .929
2017 57 5 5 0 0 1.000
2018 51 2 5 0 0 1.000
HOU 26 2 4 0 0 1.000
'18計 77 4 9 0 0 1.000
2019 55 4 6 0 0 1.000
MLB 362 25 49 2 4 .974
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 57(2013年 - 2018年7月26日)
  • 55(2018年7月28日 - )

脚注[編集]

  1. ^ Twins select right-handed pitcher Ryan Pressly in Major League Rule 5 Draft”. MLB.com Twins Press Release (2012年12月6日). 2014年5月8日閲覧。
  2. ^ Scores for Apr 4, 2013”. ESPN MLB (2013年4月4日). 2014年5月8日閲覧。
  3. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』廣済堂出版、2014年、164頁。ISBN 978-4-331-51809-0
  4. ^ Twins agree to terms with all players on 40-man roster”. MLB.com Twins Press Release (2014年2月28日). 2014年5月8日閲覧。
  5. ^ Twins make roster moves”. MLB.com Twins Press Release (2014年3月24日). 2014年5月8日閲覧。
  6. ^ 2016 Minnesota Twins Pitching Statistics - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年10月16日閲覧。
  7. ^ Brian McTaggart (2018年7月28日). “Astros acquire reliever Pressly from Twins” (英語). MLB.com. 2018年7月29日閲覧。
  8. ^ アストロズ、プレスリーと3年22億円超で契約延長”. 日刊スポーツ (2019年3月21日). 2019年5月15日閲覧。
  9. ^ Ryan Pressly sets Astros record with 33 scoreless innings” (英語). MLB.com (2019年5月5日). 2019年5月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]