アダム・オッタビーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 Template:表記揺れ案内
  • アダム・オタビーノ
アダム・オッタビーノ
Adam Ottavino
ニューヨーク・ヤンキース #0
Adam Ottavino.jpg
ニューヨーク・ヤンキース時代
(2019年7月13日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区
生年月日 (1985-11-22) 1985年11月22日(34歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 MLBドラフト1巡目
初出場 2010年5月29日
年俸 $9,000,000(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム イタリアの旗 イタリア
WBC 2009年

アダム・ロバート・オッタビーノAdam Robert Ottavino, 1985年11月22日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区出身のプロ野球選手投手)。右投両打。現在は、MLBニューヨーク・ヤンキースに所属。愛称はオットOtto[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2003年MLBドラフト30巡目(全体878位)でタンパベイ・デビルレイズから指名されたが、この時は入団せずにノースイースタン大学へ進学した。

プロ入りとカージナルス時代[編集]

セントルイス・カージナルス時代
(2010年3月26日)

2006年MLBドラフト1巡目(全体30位)でセントルイス・カージナルスから指名され、プロ入り。

2009年開幕前の3月に開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)イタリア代表に選出された[3][4]

2010年5月29日のシカゴ・カブス戦でメジャーデビューを果たした。しかし、右肩を痛めて故障者リスト入りし、シーズン終了後に40人枠から外れた[5]

2011年はメジャー登板なしに終わったが、AAA級メンフィス・レッドバーズでは141イニングを投げて健康面での不安を払拭した。11月18日には再び40人枠に加えられた[5]

ロッキーズ時代[編集]

コロラド・ロッキーズ時代
(2014年5月18日)

2012年4月3日にウェイバー公示を経てコロラド・ロッキーズへ移籍した[6]。5月に2シーズンぶりのメジャー昇格を果たし、中盤以降はカルロス・トーレスジョシュ・レネキーらと共に、75球程度に投球を制限されたロッキーズの先発投手を救援する“ピギーバックハイブリッド)”投手として貢献した[7]

2015年4月27日、右上腕の炎症で15日間の故障者リスト入りとなり、その後の検査で右肘のトミー・ジョン手術が必要であることが明らかとなり、5月14日に60日間の故障者リストに入り、シーズン中の復帰は絶望となった[8]。12月19日に3年契約で契約を延長した[9]

2016年2月18日、引き続き60日間の故障者リスト入りすることになった。7月5日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦でメジャー復帰した。最終的に34試合に登板して1勝3敗7セーブ、防御率2.67という成績を残した。

2018年は75試合に登板してナショナルリーグ最多となる34ホールドを挙げた。オフの10月29日にFAとなった[10]

ヤンキース時代[編集]

2019年1月24日にニューヨーク・ヤンキースと3年総額2700万ドルの契約を結んだ。また、ヤンキースの一桁背番号で唯一の空き番号であり、ロッキーズ時代より着用していた背番号0を背負うことも決まった[11]。ヤンキースの選手が背番号0を着用するのは球団史上初のケースとなる[12]。同年はチームトップの73試合に登板し、6勝5敗2セーブ29ホールド・防御率1.90という好成績を挙げ、移籍1年目にしてリリーフ陣の柱となった。

投球スタイル[編集]

スリークォーターから、最速98.9mph(約159km/h)・平均93mph(約150km/h)の速球フォーシームシンカー)と、平均83mph(約134km/h)の横に大きく曲がるスライダーで全投球の大半を占める。2015年以降は稀に90mph(約145km/h)程度のカッターも使う。かつてはスライダーよりもチェンジアップを投げる割合が高かったが、ロッキーズ移籍後は速球とスライダーが投球の中心となった[13]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 STL 5 3 0 0 0 0 2 0 0 .000 110 22.1 37 5 9 1 0 12 1 0 21 21 8.46 2.06
2012 COL 53 0 0 0 0 5 1 0 6 .833 339 79.0 76 9 34 7 1 81 8 0 42 40 4.56 1.39
2013 51 0 0 0 0 1 3 0 8 .250 335 78.1 73 5 31 5 2 78 9 0 27 23 2.64 1.33
2014 75 0 0 0 0 1 4 1 21 .200 272 65.0 67 6 16 1 4 70 4 0 26 26 3.60 1.28
2015 10 0 0 0 0 1 0 3 3 1.000 35 10.1 3 0 2 0 1 13 0 0 0 0 0.00 0.48
2016 34 0 0 0 0 1 3 7 4 .250 107 27.0 18 3 7 0 2 35 4 0 9 8 2.67 0.93
2017 63 0 0 0 0 2 3 0 21 .400 243 53.1 48 8 39 2 4 63 8 0 30 30 5.06 1.63
2018 75 0 0 0 0 6 4 6 34 .600 309 77.2 41 5 36 5 6 112 7 0 25 21 2.43 0.99
2019 NYY 73 0 0 0 0 6 5 2 29 .545 283 66.1 47 5 40 3 2 88 3 1 17 14 1.90 1.31
MLB:9年 439 3 0 0 0 23 25 19 126 .479 2033 479.1 410 46 214 24 22 552 44 2 197 183 3.44 1.30
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 35(2010年 - 同年途中)
  • 56(2010年途中 -同年終了)
  • 37(2012年)
  • 0(2013年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Adam Ottavino Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2019年3月10日閲覧。
  2. ^ Rockies Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月19日閲覧
  3. ^ Box Score | MLB.com: Stats
  4. ^ 2009 Tournament Roster WBC.com (英語) 2015年10月7日閲覧
  5. ^ a b Cardinals Add Three Hurlers to 40-Man Roster Scout.com
  6. ^ Adam Ottavino gives the Rockies a lift Scout.com
  7. ^ Thomas Harding (2012年9月14日). “Hybrid, piggyback: Whatever the name, it's working”. MLB.com. 2016年2月19日閲覧。
  8. ^ Nick Groke (2015年5月7日). “COLORADO ROCKIES / MLB Rockies pitcher Adam Ottavino undergoes Tommy John surgery”. The Denver Post. http://www.denverpost.com/rockies/ci_28070884/rockies-pitcher-adam-ottavino-undergoes-tommy-john-surgery 2015年6月4日閲覧。 
  9. ^ ロッキーズ、オッタビノと契約延長 ア軍は先発右腕との年俸調停回避スポニチアネックス 2015年12月20日配信
  10. ^ MLB公式プロフィール参照。2019年1月28日閲覧。
  11. ^ Bryan Hoch (2019年1月25日). “Deal official, Ottavino to wear No. 0 for Yanks” (英語). MLB.com. 2019年1月28日閲覧。
  12. ^ 新加入オッタビーノ、ヤンキース史上初「背番号0」”. 日刊スポーツ (2019年1月25日). 2019年1月28日閲覧。
  13. ^ Brooks Baseball · Home of the PitchFX Tool - Player Card: Adam Ottavino

関連項目[編集]

外部リンク[編集]