レフティ・ゴメス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レフティ・ゴメス
Lefty Gomez
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州
生年月日 1908年11月26日
没年月日 1989年2月17日(満80歳没)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
173 lb =約78.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
初出場 1930年4月29日
最終出場 1943年5月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1972年
選出方法 ベテランズ委員会選出

レフティ・ゴメス(Vernon Louis "Lefty" Gomez, 1908年11月26日 - 1989年2月17日)は、1930年代 - 1940年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。ポジションは投手カリフォルニア州ロデオ生まれ。左投げ左打ち。背番号は『11』。ニックネームは"Goofy"(グーフィー)、またはスペイン語読みの"El Goofo"(エル・グーフォ)とも。投手三冠を2度獲得した1930年代ヤンキースの主軸投手。

経歴[編集]

1929年にパシフィック・コーストリーグのサンフランシスコからヤンキースに入団。翌年メジャーデビュー。1年目は2勝5敗と活躍できなかったが、持ち前の剛速球を武器に2年目の1931年に21勝、翌1932年には24勝を挙げ、ヤンキースの主力先発投手となった。シカゴ・カブスと対戦した同年のワールドシリーズでも、相手を1点に抑える完投勝利を収め、ワールドシリーズ制覇に貢献した。更に1933年には最多奪三振投手となり、1934年には26勝5敗、奪三振158、防御率2.33の成績で投手の三冠を獲得する。この年のオフは日米野球に参加し、ベーブ・ルースらと共に来日、日本各地で5試合に登板した。

1935年と1936年はやや調子を落とすも、1937年には21勝11敗、奪三振194、防御率2.33で二度目の投手三冠に輝いた。ヤンキースでは1939年までほぼフルシーズンで登板し、1932年以降は7年連続でのオールスターゲーム出場と、5度のワールドシリーズ制覇を果たしている。オールスターゲームでは通算3勝(現在もオールスターゲームの通算最多勝利数である)、ワールドシリーズの通算成績は7試合登板して6勝負けなし、防御率2.86、31奪三振と、大舞台に強い投手でもあった。なお、1933年に始まったオールスターゲーム史上で、最初の打点を記録したのもゴメスである。

ヤンキースには1942年まで在籍、翌1943年にワシントン・セネターズに移籍するも、1試合投げただけで現役を引退した。ゴメスは現役時代の様々なジョーク(後述)で知られていたことから、引退後もディナーショー等で現役時代の出来事を面白おかしく語ってほしいという依頼が後を絶たなかったという。

1972年にベテランズ委員会がアメリカ野球殿堂入り選手に選出、1987年にヤンキー・スタジアムのモニュメント・パークにゴメスの額を飾るセレモニーが行われた。1989年にカリフォルニア州にて死去。

冗談の数々[編集]

現役時代のいくつかの突拍子もない冗談でもよく知られている。剛速球投手ボブ・フェラーが登板したある試合では、打席に立つ際に顔の前でマッチをすった。球審が何のつもりか聞いたところ、『今日は霧が濃いから、(ぶつけられないように)フェラーに顔の場所を知らせておきたかったのさ』と答えたという。

また1937年の別の試合で、打者の打ったピッチャーゴロを取ったゴメスは併殺のため二塁ベースに入った遊撃手のフランク・クロセッティではなく、プレーに全然関わっていなかった二塁手のトニー・ラゼリに送球した。ラゼリが何故そんなことをしたか聞くと、ゴメスは『君は賢い選手だと聞いてたから、もしプレーしていない時にボールをもらったら何をするか、見てみたかったんだ』と答えたという。ゴメスのプレーに怒り心頭に発しマウンドに駆け寄った監督のジョー・マッカーシーに対しても、ゴメスは『セカンドもショートも両方イタリア人だったから、どっちに投げたらいいか判らなくなった』ととぼけて見せた。この時マッカーシーはセンターを指差し、『ジョー・ディマジオがお前の目に入らなくてラッキーだったよ!』と返したそうである。

通算成績[編集]

投手成績[編集]



































W
H
I
P
368 320 2503.0 189 28 102 9 1468 2290 138 1095 19 39 930 3.34 5.28 1.35

獲得タイトル・記録[編集]

打撃成績[編集]

  • 通算成績:368試合、904打数133安打、本塁打0、打点58、打率.147

出典・外部リンク[編集]