水野滉也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水野 滉也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道札幌市豊平区
生年月日 (1994-06-01) 1994年6月1日(25歳)
身長
体重
175 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト2位
初出場 2017年5月3日
最終出場 同上
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

水野 滉也(みずの こうや、1994年6月1日 - )は、北海道札幌市豊平区出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

札幌月寒東小2年から軟式野球を始め、月寒中学校時代には札幌豊平東シニアに所属[1]札幌日大高では、3年夏に南北海道大会準優勝。エースとして6試合に登板(うち先発は5試合)、2完封と好成績を残す[2]。甲子園出場経験はなし。

東海大学北海道キャンパスに進学後、1年春からリーグ戦に出場。先発として5試合に登板し3勝1敗の成績を収め、新人賞を受賞[3]。4年春には5勝0敗、防御率0.21でMVP、最優秀投手賞、ベストナインを獲得し、チームの2季ぶりの優勝に貢献。その後6月の全日本大学野球選手権では145km/h以上を連発し、チームをベスト8に導く[4]。この活躍で大学日本代表にも選ばれ、第40回日米大学野球選手権大会にも出場した[1]。4年秋のリーグ戦でも5勝0敗、防御率1.13の成績でチームを2季連続の優勝に導くとともに、個人でも2季連続でMVPを獲得。また、2016年8月28日に行われた北海学園大戦ではノーヒットノーランを達成し[5]、特別賞も受賞している。しかし大学最後の大会となった明治神宮野球大会では、大会直前に高熱を出したこともあり[6]、思うようなピッチングが出来ずに準々決勝で敗退。

2016年10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議横浜DeNAベイスターズから2位で指名される。11月17日に札幌市内で入団交渉に臨み、契約金7000万円、年俸1200万円(金額は推定)で仮契約[7]。背番号は13

プロ入り後[編集]

2017年の開幕は二軍スタートだったものの、4月23日に行われたファーム公式戦対北海道日本ハムファイターズ戦で8回110球無失点と好投する[8]など実績を積み、一軍昇格。5月3日の対読売ジャイアンツ戦でプロ初登板・初先発を果たしたが、4回2/3を投げ3失点で敗戦投手となった。翌日二軍に降格したが、その後右肩痛を発症[9]。実戦登板がないまま、シーズンが終了した。イースタン・リーグの成績は1勝0敗(3試合登板)、防御率0.64。11月5日、球団から来季の支配下選手契約を結ばない旨を通告される[10]。その後球団と育成契約を結び、11月17日には2018年より背番号が「106」となることが発表された[11]

2018年、キャンプ二軍スタートもその後離脱。2月22日に横浜市内の病院にて右肩のクリーニング手術を受けたことが発表された[12]

2019年は一軍、二軍ともに試合への出場なく、10月1日に戦力外通告を受ける。同日に自身のツイッターインスタグラムを更新し、現役引退を発表した[13]

選手としての特徴[編集]

スリークォーター気味のサイドスローから、最速147km/hのストレート、平均130km/h台中盤のカットボールシンカーを主体に、横に大きく曲がる120km/h前後のスライダーを武器とする[14]。また、120km/h台のフォークも使用する。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 DeNA 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 21 4.2 5 0 2 0 1 5 0 0 3 3 5.79 1.50
NPB:1年 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 21 4.2 5 0 2 0 1 5 0 0 3 3 5.79 1.50

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 13 (2017年)
  • 106 (2018年 - 2019年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 水野 滉也|侍ジャパン選手プロフィール|野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト”. 2017年1月25日閲覧。
  2. ^ 朝日新聞デジタル:札幌日大(北海道)-過去の試合結果- 高校野球/甲子園”. 2017年1月26日閲覧。
  3. ^ 札幌学生野球連盟 -表彰選手-”. 2017年1月25日閲覧。
  4. ^ 東海大北海道・水野、DeNA2位「目を疑う感じ」”. 日刊スポーツ (2016年10月20日). 2017年1月25日閲覧。
  5. ^ プロ注目の東海大北海道・水野がノーヒットノーラン”. 日刊スポーツ (2016年8月29日). 2017年1月26日閲覧。
  6. ^ 東海大北海道・水野、ドラ2対決敗退「プロで雪辱」”. 日刊スポーツ (2016年11月15日). 2017年1月25日閲覧。
  7. ^ 【DeNA】ドラ2東海大北海道・水野、目標は10勝&ゲッツ「パフォ見せたい」”. スポーツ報知 (2016年11月18日). 2017年1月25日閲覧。
  8. ^ 試合結果 | 横浜DeNAベイスターズ” (2017年4月23日). 2017年5月16日閲覧。
  9. ^ DeNA水野「力になれたら」母校に電光掲示板贈呈”. 日刊スポーツ (2017年7月14日). 2017年10月8日閲覧。
  10. ^ 2018年シーズン 選手契約について | 横浜DeNAベイスターズ”. 横浜DeNAベイスターズ (2017年11月5日). 2017年11月6日閲覧。
  11. ^ 背番号変更のお知らせ | 横浜DeNAベイスターズ” (2017年11月17日). 2017年11月17日閲覧。
  12. ^ 水野滉也選手の手術について | 横浜DeNAベイスターズ”. 横浜DeNAベイスターズ (2018年2月22日). 2018年2月22日閲覧。
  13. ^ 水野滉也選手 現役引退のお知らせ | 横浜DeNAベイスターズ”. 横浜DeNAベイスターズ (2019年10月2日). 2019年10月10日閲覧。
  14. ^ “プロ初先発のDeNAドラ2・水野「ベストな投球をするだけ」”. ニッポン放送ショウアップナイター. (2017年5月3日). https://baseballking.jp/ns/114974 2017年5月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]