上茶谷大河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上茶谷 大河
横浜DeNAベイスターズ #27
20190601 Taiga Kamichatani, pitcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.jpg
2019年6月1日 横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市北区
生年月日 (1996-08-31) 1996年8月31日(23歳)
身長
体重
181 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト1位
初出場 2019年4月2日
年俸 4,300万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

上茶谷 大河(かみちゃたに たいが、1996年8月31日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属する京都府京都市北区出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

金閣小学校1年の時から軟式チーム・金閣リトルタイガースで野球を始める。衣笠中時代は京都レッドベアーボーイズに所属した。京都学園高等学校では甲子園出場はなかった。

卒業後は東洋大学に進学し、同期に甲斐野央梅津晃大中川圭太がいた。2年冬には右手中指の血行障害で手術したが4年時、5月31日の駒澤大学戦でリーグ新記録となる1試合20奪三振を達成[2]亜細亜大学との優勝決定戦では中村稔弥と3連投の投げ合いを演じ、2勝1敗で[3]、3連覇に貢献しMVPと最優秀投手を受賞した[4]

2018年10月25日に行われたドラフト会議横浜DeNAベイスターズ東京ヤクルトスワローズから1位指名を受け、抽選の結果DeNAが上茶谷の交渉権を獲得した。11月7日に契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1500万円で仮契約を結んだ[5]。背番号は27に決まった。

DeNA時代[編集]

2019年、6月1日の東京ヤクルトスワローズ戦(横浜)では、プロ初完投・初完封を記録した[6]。また、同試合では2回裏に初打点を記録した[7]

選手としての特徴[編集]

スリークォーターから最速152km/h[8]ストレートを投げ込む。変化球スライダーカットボールチェンジアップフォークボールカーブツーシームと豊富[9]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2019 DeNA 25 24 1 1 0 7 6 0 0 .538 584 134.0 136 14 51 6 3 102 3 1 68 59 3.96 1.40
NPB:1年 25 24 1 1 0 7 6 0 0 .538 584 134.0 136 14 51 6 3 102 3 1 68 59 3.96 1.40
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2019 DeNA 25 8 19 2 3 .931
通算 25 8 19 2 3 .931
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
  • 初登板・初先発登板:2019年4月2日、対東京ヤクルトスワローズ1回戦(明治神宮野球場)、7回1失点で勝敗つかず
  • 初奪三振:同上、1回裏に荒木貴裕から空振り三振
  • 初勝利・初先発勝利:2019年5月18日、対東京ヤクルトスワローズ8回戦(明治神宮野球場)、5回2/3を3失点3奪三振
  • 初完投勝利・初完封勝利:2019年6月1日、対東京ヤクルトスワローズ11回戦(横浜スタジアム)、9回4安打無失点6奪三振[10]
打撃記録
  • 初打席:2019年4月2日、対東京ヤクルトスワローズ1回戦(明治神宮野球場)、3回表に原樹理から二ゴロ
  • 初安打:2019年5月18日、対東京ヤクルトスワローズ8回戦(明治神宮野球場)、4回表に石川雅規から中前安打
  • 初打点:2019年6月1日、対東京ヤクルトスワローズ11回戦(横浜スタジアム)、2回裏に清水昇から中前適時打[11]
その他の記録

背番号[編集]

  • 27 (2019年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]