糸原健斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
糸原 健斗
阪神タイガース #33
Itohara Kento.jpg
2017年6月7日、京セラドーム大阪
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 島根県雲南市
生年月日 (1992-11-11) 1992年11月11日(26歳)
身長
体重
175 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手三塁手二塁手
プロ入り 2016年 ドラフト5位
初出場 2017年4月1日
年俸 1,600万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

糸原 健斗(いとはら けんと、1992年11月11日 - )は、島根県雲南市出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。阪神タイガース所属で、2019年シーズンより主将を務める。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学2年時から野球を始める[2]

開星高校へ進学し、1年生からベンチ登録を果たすと、1年秋の中国大会では9打席連続安打を記録した[3]。2年春と3年春夏には、甲子園球場の全国大会に出場[4]。1番打者として出場した3年夏の全国大会1回戦・仙台育英高戦では、1点ビハインドの9回裏2死1・2塁で迎えた打席で左中間に大飛球を放ったものの、左翼手のダイビングキャッチによってサヨナラ勝利を逃した[5]。高校通算29本塁打で、1年後輩に白根尚貴がいた。

明治大学への進学後は、1年秋から東京六大学リーグの公式戦に出場。中心選手に定着すると、3年時には春・秋の2季連続で三塁手としてベストナインに選ばれた他[6]大学選手権では打率5割を記録し首位打者に輝いた[7]。この活躍から大学日本代表選考合宿にも参加したが、練習試合中に左足甲に死球を受け離脱したため、代表入りはならなかった[8]。4年時は春のリーグ戦で打率.163を記録するなど大不振に陥った[7]。3年と4年時には明治神宮野球大会に出場し、いずれも準優勝[4]。在学中には、リーグ通算71試合に出場。打率.229、1本塁打、33打点という成績を残した。ちなみに、大学の1年後輩に高山俊坂本誠志郎がいた[9]

大学卒業後に入社したJX-ENEOSでは、早稲田大学出身で同期入社の高梨雄平とともに、1年目から公式戦に出場。デビュー戦でサヨナラ打を放つなど[2]通算26試合で打率.330を記録し、第86回都市対抗野球大会への出場に貢献するなど中心選手として活躍した。2年目には、3番打者に定着しチームを牽引[7]。都市対抗大会では、チームは予選敗退したものの、糸原自身は東芝の補強選手として本大会に出場した[2]。日本選手権は初戦で敗退[4]

2016年のNPBドラフト会議で、阪神タイガースから5巡目で指名を受けた[10]。契約金5,000万円、年俸800万円(金額は推定)という条件で入団に合意。背番号は33で、前年に大学から直接入団した高山・坂本と再びチームメイトになった[9]。なお、この会議では、高梨も東北楽天ゴールデンイーグルスから9巡目で指名されている。

プロ入り後[編集]

2017年沖縄県宜野座村での一軍春季キャンプに参加。キャンプ中に初めて出場した紅白戦で左翼フェンス直撃の二塁打を放ったことから、一軍監督の金本知憲に「実戦向きで面白い存在」と評価を受けた[11]。キャンプの終了後も一軍へ帯同すると、正二塁手の座を上本博紀と争った[12]。オープン戦期間中の3月3日には、京セラドーム大阪で催されたWBC日本代表との強化試合で、阪神の選手として途中から出場。8回裏に迎えた唯一の打席で、秋吉亮から適時二塁打を記録した[12]。その他、オープン戦でも好成績を残したことから、チームの新人選手では唯一、歴代の新人野手では前年の高山に続いて開幕一軍入りを果たした[13]。4月1日には、広島東洋カープとの開幕カード第2戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)6回裏に、代打で一軍公式戦にデビュー[14]。7回表から遊撃の守備に就いた[14]が、8-8で迎えた延長10回裏に公式戦での初失策を犯したことをきっかけに、チームはサヨナラ負けを喫した。4月2日の同カードにも途中から二塁手として出場すると、9回表の打席でライアン・ブレイシアから一軍公式戦初安打を記録[15]。5月からは、不振の北條史也に代わって遊撃手としてスタメンに定着。5月12日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)の第1打席から、5月19日の対東京ヤクルトスワローズ戦(神宮球場)の第1打席まで10打席連続で出塁したことによって、セントラル・リーグ公式戦連続打席出塁の新人記録を達成した[16]。7月9日の読売ジャイアンツ戦(甲子園)では、一軍公式戦での初本塁打を放つなど、5打数4安打3打点を記録。残りの3安打はいずれも二塁打で、同点の9回裏2死1・2塁でスコット・マシソンから放った3本目の二塁打が、プロ入り後初めてのサヨナラ安打にもなった[17]。7月19日の広島戦(甲子園)で自身初の3試合連続複数安打を記録したが、8回表2死1塁の守備で、サビエル・バティスタの飛球を追って背走中に転倒。自力で起き上がれないまま、担架での退場と途中交代を余儀なくされた[18]。7月20日に病院で診察を受けたところ、右膝内側側副靱帯の損傷が判明したため[19]、同日付で出場選手登録を抹消[20]。そのまま戦線を離れたが、チームのレギュラーシーズン2位で迎えた横浜DeNAベイスターズとのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(甲子園)から一軍に復帰した。このステージでは、第1戦の7回裏に、代打でポストシーズンの試合に初めて出場。第2戦でも8回裏に代打で起用されると、一軍では故障で退場した前述の対広島戦以来約3ヶ月振りの安打を放った[21]。前述した故障の影響で、レギュラーシーズンでは一軍公式戦への出場が66試合にとどまったものの、CS後には推定年俸1,600万円(前年から800万円増)という条件で契約を更改した[22]

2018年5月12日、マツダスタジアム

2018年、前年に引き続き宜野座での一軍春季キャンプに参加。キャンプ、オープン戦を通して北條、西岡剛植田海らと正遊撃手のポジションを争い[23][24]、一軍公式戦の開幕を正遊撃手として迎えプロ入り後初の開幕スタメンに名を連ねた[25]大山悠輔の打撃不振から4月29日の対広島戦(マツダ)でプロ入り後初めて三塁手として先発出場し[26]、その後も鳥谷敬の打撃不振や正二塁手として出場を重ねていた上本の負傷離脱から三塁手や二塁手としての出場が増加[27][28]。6月7日のオリックス・バファローズ戦(甲子園)で1番打者として出場して以降は「1番・二塁手」としてスタメンに定着した[29]。セ・リーグの監督推薦選手としてオールスターゲームに初選出された[30]。後半戦でも攻守に安定感を見せ、低迷するチームを支えた[31][32]。10月8日の対ヤクルト戦(神宮球場)で、3回表の第2打席中に顔面へ自打球を受け途中交代するというアクシデントに見舞われたものの[31]、最終的にはチームで唯一の全試合出場を達成[32]。阪神の内野手が入団2年目までに全試合出場を果たしたのは2リーグ制以降では1981年岡田彰布2005年の鳥谷敬に次いで史上3人目の快挙である[33]。シーズンオフの11月には、それまで阪神のキャプテンだった福留孝介に変わり、2019年から新キャプテンに就任する事が決まった。

選手としての特徴[編集]

身長175cmとプロ野球選手としては小柄ながら、直球に強く高い打撃センスを備える[34][35]。また、力強いスイングで広角に強い打球を放つパンチ力を持ち併せており[36][37]金本知憲からは「強い打球を引っ張れるのが彼の良さ」と評される[38]。 左打者でありながら左投手との対戦を苦にしていない他[35][39]、選球眼にも優れ[40]、新人であった2017年シーズンに記録した10打席連続出塁のうち7打席が四死球によるものであった[41]

50m6秒1を記録する俊足や、遠投110mの強肩を兼ね備え[6][35]、二塁を中心に三塁や遊撃の守備もこなせるユーティリティープレイヤーでもある[12]

人物・エピソード[編集]

高校時代から、現役選手時代の金本も通っていた広島市内のトレーニングジム「アスリート」で指導を受けており[6]、2016年秋に行われたJX-ENEOS対大阪ガスのオープン戦を視察に訪れた当時阪神の一軍監督であった金本は、その縁から糸原の存在にも気を配っていた[42]。後に金本が糸原について、糸原の明治大時代のチームメイトで既にプロ入りし阪神の選手となっていた高山と坂本に尋ねたところ、「勝負強い選手です」と太鼓判を押したことから糸原をドラフト指名するに至ったという[42][43]。また、2018年の春季キャンプ中には、金本からこの年4番打者候補として新加入したウィリン・ロサリオに因んで「コサリオ(小サリオ)」というニックネームを付けられた[44]

自身のプレースタイルについて、高校時代の恩師である野々村直通から影響を受けていると語っており[43]、野々村は糸原を「走攻守に平均点の選手ながら、魂でプレーする男」と評している[45]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 阪神 66 193 162 18 42 13 0 1 58 24 1 0 5 0 23 0 3 26 1 .259 .362 .358 .720
2018 143 637 531 79 152 29 4 1 192 35 6 4 9 4 86 1 7 73 5 .286 .390 .362 .752
NPB:2年 209 830 693 97 194 42 4 2 250 59 7 4 14 4 109 1 10 99 6 .280 .384 .361 .744
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



二塁 三塁 遊撃




































2017 阪神 16 28 24 2 5 .963 4 0 2 0 0 1.000 40 52 94 4 23 .973
2018 121 232 285 10 53 .981 15 5 17 0 2 1.000 30 35 51 1 10 .989
通算 137 260 309 12 58 .979 19 5 19 0 2 1.000 70 87 145 5 33 .979
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
その他の記録
  • 10打席連続出塁:2017年5月12日 - 19日 ※セ・リーグ新人最長記録
  • オールスターゲーム出場:1回 (2018年)

背番号[編集]

  • 33 (2017年 - )

登場曲[編集]

  • 「FXXK IT」 - BIGBANG (2017年)
  • 「誓いの歌」 - FREAK (2018年 - )

出典[編集]

  1. ^ 阪神 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2018年6月15日閲覧。
  2. ^ a b c 阪神ドラフト5位糸原がミスターばりに試合を決める 日刊スポーツ 2016年12月5日閲覧
  3. ^ 金本監督の“秘蔵っ子”糸原健斗 大学後輩の高山らとプロ競演を熱望 デイリースポーツ 2016年12月5日閲覧
  4. ^ a b c JX-ENEOS初戦敗退…糸原、好機で凡退/日本選手権 サンケイスポーツ 2016年12月5日閲覧
  5. ^ 楠淳生・中村健二『野球と実況中継』(2017年、彩流社)第3章「野球の実況とは」p.108に詳述。
  6. ^ a b c 阪神ドラ5糸原健斗、気持ちは社会人選手権へ デイリースポーツ 2016年12月5日閲覧
  7. ^ a b c “「野々村イズム」を胸に。阪神5位の糸原健斗は魂でプレーする男(3)”. web Sportiva. https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2016/12/18/___split_147/index_3.php  2016年12月18日
  8. ^ 明大 33年ぶり連覇に王手!糸原 監督絶賛「渋い最高の」V打 スポニチアネックス 2016年12月5日閲覧
  9. ^ a b 阪神5位糸原、開幕一軍だ!高山、坂本へ先輩の意地 日刊スポーツ 2017年2月20日閲覧
  10. ^ ドラ5・糸原が仮契約「背中でガッツを見せていきたい」 デイリースポーツ 2016年12月5日閲覧
  11. ^ 阪神5位糸原の鮮烈デビューに監督絶賛/新人通信簿 日刊スポーツ 2017年3月19日閲覧
  12. ^ a b c “阪神糸原が侍ダメ押し打 あるぞ開幕二塁スタメン”. 日刊スポーツ. (2017年3月19日). http://www.nikkansports.com/baseball/wbc/2017/news/1787373.html 2017年3月19日閲覧。 
  13. ^ “阪神 開幕一軍登録メンバー一覧”. 日刊スポーツ. (2017年3月29日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1799454.html 2017年3月29日閲覧。 
  14. ^ a b “阪神ドラ5糸原が代打でプロ初出場、初打席は死球”. 日刊スポーツ. (2017年4月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1801118.html 2017年4月2日閲覧。 
  15. ^ “阪神ドラ5糸原プロ初安打 狩野の言葉で切り替えた”. 日刊スポーツ. (2017年4月3日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1801941.html 2017年4月3日閲覧。 
  16. ^ “阪神ドラフト5位糸原セ新人最長記録の10打席連続出塁”. 日刊スポーツ. (2017年5月19日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1826265.html 2017年6月4日閲覧。 
  17. ^ “阪神ドラフト5位糸原 9回サヨナラ打 プロ1号含む4安打”. スポーツニッポン. (2017年7月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/07/09/kiji/20170709s00001173321000c.html 2017年7月9日閲覧。 
  18. ^ “阪神またも負傷者…糸原が右膝付近痛め交代 長期離脱の可能性も”. スポーツニッポン. (2017年7月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/07/20/kiji/20170719s00001173400000c.html 2017年7月20日閲覧。 
  19. ^ “阪神・糸原、右膝内側側副靱帯損傷と診断 出場選手登録を抹消”. サンケイスポーツ. (2017年7月20日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20170720/tig17072017480016-n1.html 2017年7月20日閲覧。 
  20. ^ “ヤクルト石川、阪神糸原ら抹消”. 日刊スポーツ. (2017年7月20日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1858783.html 2017年7月20日閲覧。 
  21. ^ “阪神糸原3カ月ぶり安打 右膝靱帯損傷から復活”. 日刊スポーツ. (2017年10月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201710150000712.html 2017年10月16日閲覧。 
  22. ^ “糸原が年俸倍増の1600万でサイン「1年間戦えるような選手に」”. デイリースポーツ. (2017年11月25日). https://www.daily.co.jp/tigers/2017/11/21/0010752072.shtml 2018年4月20日閲覧。 
  23. ^ 阪神糸原「コサリオ」襲名弾 遊撃争い猛アピールだ 日刊スポーツ 2018年2月12日
  24. ^ 糸原がリードする阪神の遊撃レギュラー争い 打撃は合格、問題は守備 zakzak 2018年3月14日
  25. ^ “阪神・糸原健斗 さすが“コサリオ”!ただいまチームをけん引中/スタートダッシュに成功”. 週刊ベースボール. (2018年4月25日). http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=015-20180425-10 2018年5月5日閲覧。 
  26. ^ “ついに大山外した…代役の糸原 プロ初三塁先発も4の0”. スポーツニッポン. (2018年4月30日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/30/kiji/20180430s00001173062000c.html 2018年5月5日閲覧。 
  27. ^ “1番”効いた!阪神・糸原、満塁で2点適時打 (2/3ページ) SANSPO.COM 2018年7月2日
  28. ^ “ついに大山外した…代役の糸原 プロ初三塁先発も4の0”. スポーツニッポン. (2018年4月30日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/30/kiji/20180430s00001173062000c.html 2018年5月5日閲覧。 
  29. ^ 糸原「変わらない」1番固定で新たな“斬り込み隊長”に 金本監督「彼しかいない」 デイリースポーツ 2018年6月9日
  30. ^ 阪神・糸原 球宴初選出「体が小さな子供たちに夢を」 スポーツニッポン 2018年7月2日
  31. ^ a b 阪神糸原全試合出場ピンチ 顔面に自打球、負傷交代 日刊スポーツ 2018年10月9日
  32. ^ a b 【阪神】糸原がチーム唯一の全試合出場を達成 スポーツ報知 2018年10月13日
  33. ^ 阪神・糸原 2年目全試合出場&打率3割へ チーム唯一の“皆勤”さあラストスパート Sponichi Annex 2018年10月1日
  34. ^ 糸原、直球に強い!才木から2発 確実性証明15スイング安打性7 デイリースポーツ 2018年2月4日
  35. ^ a b c 2016年プロ野球ドラフト スポニチアネックス 2016年12月5日閲覧
  36. ^ 阪神ドラフト隠し玉は高山の先輩糸原&149キロ長井 日刊スポーツ 2016年10月13日
  37. ^ 糸原が第4クールMVP 実戦打率・438!ショート争いアピール順調 デイリースポーツ 2018年2月19日
  38. ^ 阪神糸原、得点力不足に悩む打線に力吹き込む1号弾 日刊スポーツ 2018年6月23日
  39. ^ 糸原猛打ショー 執念の一振りで貴重な追加点 対左打率・480の好成績 デイリースポーツ 2018年4月26日
  40. ^ 阪神2年目・糸原健斗が示している一流打者のポテンシャル Sporting News 2018年9月11日
  41. ^ 谷繁氏、阪神・糸原に期待「実戦を積めばもっと打てる」 BASEBALL KING ショウアップナイター 2017年5月22日
  42. ^ a b “「野々村イズム」を胸に。阪神5位の糸原健斗は魂でプレーする男(4)”. web Sportiva. https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2016/12/18/___split_147/index_4.php  2016年12月18日
  43. ^ a b “「野々村イズム」を胸に。阪神5位の糸原健斗は魂でプレーする男(5)”. web Sportiva. https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2016/12/18/___split_147/index_5.php  2016年12月18日
  44. ^ “コサリオと呼ばれた糸原健斗。「死ぬつもりで打席に…」と猛アピール”. Sportiva. (2018年2月19日). https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2018/02/19/___split_17/ 2018年4月20日閲覧。 
  45. ^ “「野々村イズム」を胸に。阪神5位の糸原健斗は魂でプレーする男(6)”. web Sportiva. https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2016/12/18/___split_147/index_6.php  2016年12月18日
  46. ^ 阪神ドラフト5位糸原プロ1号2ラン「感触は完璧だった」 日刊スポーツ 2017年7月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]