知野直人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
知野 直人
横浜DeNAベイスターズ #60
20190929 Naoto Chino player of baystars at Yokosuka stadium.jpg
2019年9月29日 横須賀スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 新潟県三条市
生年月日 (1999-02-16) 1999年2月16日(23歳)
身長
体重
182 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り NPB / 2018年 ドラフト6位
初出場 NPB / 2021年4月24日
年俸 910万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

知野 直人(ちの なおと、1999年2月16日 - )は、新潟県三条市出身のプロ野球選手内野手[2]。右投右打。横浜DeNAベイスターズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学3年から野球を始め[3]、中学時代は三条リトルシニアでプレーをした[2]。高校は福島県の聖光学院高に進学し、1年秋からベンチ入りするも徐々に野球に集中できなくなり、3年夏の福島大会ではベンチを外れ、3年秋に中退[4]。その後、通信制の第一学院高へ転校。高校卒業資格を取得後、地元・新潟へ戻り、再び野球を始める決意を固めた[3][4]

BCリーグ・新潟時代[編集]

2017年新潟アルビレックスBCに練習生として入団[5]。7月13日に選手契約を結んだ[6]。元プロ野球選手の草野大輔コーチから徹底的に打撃や守備の指導を受けると才能が開花し[4]、28試合に出場し、打率.350、4本塁打、21打点、8盗塁の成績を残した[6]

2018年は69試合に出場し、打率.279、7本塁打、45打点、28盗塁の成績を残した。打率こそ前年より低下したが、28盗塁した走力を始め、走攻守三拍子揃った内野手として注目を集めた。

2018年10月25日に行われたドラフト会議にて横浜DeNAベイスターズから6位指名を受け、契約金2500万円、年俸600万円で入団(金額は推定)[7]。背番号は60。担当スカウトは進藤達哉(編成部長)で、ドラフト後に動画を見て現役時代の進藤がパンチ力があり守備の上手い内野手だった事を知り、11月22日に行われた新入団会見では目標の選手に進藤を挙げた[8]

DeNA時代[編集]

2019年は、一軍デビューを果たすことは出来なかった。二軍では85試合に出場して打率.203・7本塁打・25打点という成績を残した。

2020年は、2年連続で一軍出場がなかった。二軍では三塁手、遊撃手のレギュラーとして定着。打率.237・6本塁打・24打点という成績を残した。

2021年は、4月24日に前日の試合中に左肩を脱臼した柴田竜拓に代わり、一軍に初昇格[9]。同日の試合で代打として一軍初出場を果たし、のちの試合ではスタメン出場も経験。なかなか快音は生まれなかったものの一軍に残留し続け、守備で途中出場した5月26日の対オリックス・バファローズ戦で、一軍初安打を本塁打で記録した[10]。打った相手投手はシニア時代の2学年先輩である漆原大晟だった[2]東京オリンピック開催による公式戦中断期間のエキシビションマッチでも一軍同行を続けていたが、後半戦開幕時には二軍であった[11]。しかし、後半戦からの二軍公式戦では14試合に出場して、61打数27安打13打点、打率.443と好調を維持し、9月22日に一軍再昇格を果たした[12]。一軍では打率.176、1本塁打、3打点の結果を残し、11月15日の契約更改交渉では290万円増の推定年俸910万円でサインした[13]

2022年は、春季キャンプを一軍でスタート[14]。練習試合で6打席連続安打を記録する[15]等、好調のまま、オープン戦へ。オープン戦では、球団最多の51打席に立ち、45打数13安打、打率.289(球団1位、12球団7位)を記録。自身プロ入り初の開幕一軍[16]、3月25日の広島東洋カープとの開幕戦では6番・一塁手として先発出場したが[17]、2回の守備で松山竜平のゴロを後逸しピンチを広げるとそこから投手が打たれ3失点し、その後もミスを続けてしまう[18]。7回の攻撃には一塁へのヘッドスライディングで内野安打をもぎ取り意地を見せるが、チームは11失点で敗れほろ苦い開幕スタメンデビューとなった[19]。その後は代走を中心に起用され、4月13日の巨人戦で再びスタメン起用され二塁を守るが、ベースカバーなど細かい守備の課題が浮き彫りとなり[20]、4月20日には出場選手登録を抹消された[21]

選手としての特徴[編集]

50メートル5秒8の俊足で、走攻守の3拍子揃った内野手[22]。バットを上段に構える、フォロースルーの大きな打撃フォームが特徴で、入団後は上段に構えたバットを大きく寝かす豪快なフォームへ改良した[23]。打撃スタイルは中村紀洋を参考にしている[24]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2021 DeNA 36 40 34 4 6 1 1 1 12 3 0 1 2 0 3 0 1 12 1 .176 .263 .353 .616
通算:1年 36 40 34 4 6 1 1 1 12 3 0 1 2 0 3 0 1 12 1 .176 .263 .353 .616
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁 二塁 三塁 遊撃
















































2021 DeNA 5 8 1 0 1 1.000 1 0 1 0 0 1.000 14 5 3 0 0 1.000 6 5 7 1 0 .923
通算 5 8 1 0 1 1.000 1 0 1 0 0 1.000 14 5 3 0 0 1.000 6 5 7 1 0 .923
  • 2021年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

独立リーグでの打撃成績[編集]

以下の数値はBCリーグ公式ウェブサイトによる。































2017 新潟 28 103 18 36 4 21 8 2 2 11 2 25 .350
2018 69 233 52 65 7 45 28 1 2 39 7 58 .279
通算:2年 97 336 70 101 11 66 36 3 4 40 9 83 .301

背番号[編集]

  • 23(2017年 - 2018年)
  • 60(2019年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年11月15日閲覧。
  2. ^ a b c DeNA知野選手 故郷・三条で指導”. 新潟日報デジタルプラス (2021年12月29日). 2022年2月23日閲覧。
  3. ^ a b DeNA6位指名・知野直人さん(19) 夢の舞台で母に恩返し”. 産経新聞 (2018年11月6日). 2019年4月5日閲覧。
  4. ^ a b c 70年目のルーキー(5)知野直人 苦節、野球愛の再燃”. 神奈川新聞 (2019年1月30日). 2022年2月23日閲覧。
  5. ^ DeNA・知野直人 初安打が初アーチの成長株/ドラフト下位入団選手の今”. 週刊ベースボールONLINE (2021年9月18日). 2022年2月23日閲覧。
  6. ^ a b 取り戻した野球愛でNPB目指す 知野直人(新潟アルビレックスBC)”. BASEBALL GATE (2017年10月17日). 2019年4月5日閲覧。
  7. ^ DeNAドラ6知野が仮契約「球界代表する選手に」”. 日刊スポーツ (2018年11月13日). 2019年4月5日閲覧。
  8. ^ DeNAドラ6知野1軍帯同へ、ラミレス監督明言”. 日刊スポーツ (2018年11月23日). 2022年4月6日閲覧。
  9. ^ “DeNA、前日交錯の柴田は左肩脱臼で抹消へ…三浦監督「非常に残念」”. SANSPO.COM. (2021年4月24日). https://www.sanspo.com/article/20210424-YGCBBYY7BFONVMFK6AANQDXOA4/ 2021年5月18日閲覧。 
  10. ^ “知野(三条市出身)本塁打でプロ初安打 DeNA3年目「最高の結果」”. 新潟日報スポーツモア. (2021年5月27日). https://www.niigata-nippo.co.jp/sports-more/niigata/20210527619139.html 2021年5月27日閲覧。 
  11. ^ “DeNA知野直人「気持ちで打った」4戦ぶりスタメン起用に応える適時打”. 日刊スポーツ. (2021年10月14日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202110130001053.html 2021年10月15日閲覧。 
  12. ^ “【DeNA】4選手を入れ替え 好調ピープルズ、知野直人が昇格、坂本裕哉と倉本寿彦は再調整へ”. スポーツ報知. (2021年9月22日). https://hochi.news/articles/20210922-OHT1T51113.html?page=1 2021年10月15日閲覧。 
  13. ^ “DeNA知野直人290万増「大きな経験ができた1年」来季こそ故郷に錦を”. 日刊スポーツ. (2021年11月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202111150000841.html 2021年12月29日閲覧。 
  14. ^ “【DeNA】新人の小園健太らが1軍スタート、1、2軍振り分けを発表”. 中日スポーツ. (2022年1月22日). https://www.chunichi.co.jp/article/404822 2022年3月29日閲覧。 
  15. ^ 【DeNA】知野直人が対外試合6打席連続ヒット「怖いです」当たりすぎでコーチに胸中吐露”. 中日スポーツ (2022年2月22日). 2022年3月29日閲覧。
  16. ^ 【DeNA】三浦大輔監督開幕1軍は「今いるメンバーです」と明言 知野直人、ドラ4・三浦銀二ら決定”. スポーツ報知 (2022年3月24日). 2022年3月29日閲覧。
  17. ^ DeNA 4年目の知野が自身初となる開幕スタメン 広島戦のオーダー発表”. スポニチアネックス (2022年3月25日). 2022年3月30日閲覧。
  18. ^ DeNA・知野直人 開幕初スタメンのほろ苦い経験を糧に/開幕一軍の喜び”. 週刊ベースボールONLINE (2022年4月9日). 2022年4月21日閲覧。
  19. ^ DeNA、初開幕スタメンでミス連発の知野に三浦監督「使ったのは監督。引きずらずに思い切ってやってほしい」”. サンスポ (2022年3月25日). 2022年4月21日閲覧。
  20. ^ 佐々木氏が指摘したDeNAの「記録に残らないミス」”. ショウアップナイター (2022年4月13日). 2022年4月22日閲覧。
  21. ^ 【DeNA】コロナ陽性の牧秀悟ら4選手が1軍合流 19日2軍巨人戦で実戦復帰”. 日刊スポーツ (2022年4月20日). 2022年4月22日閲覧。
  22. ^ DeNAドラ6知野が決意新た「トリプル3狙う」”. 日刊スポーツ (2018年10月27日). 2020年2月25日閲覧。
  23. ^ DeNA・知野、“超豪快フォーム”で一発! 叩き上げの3年目が狙う一軍デビュー”. リアルライブ (2021年2月11日). 2022年3月3日閲覧。
  24. ^ 横浜DeNAベイスターズスペシャルファンサイト by J:COM | MYJCOM”. 横浜DeNAベイスターズスペシャルファンサイト by J:COM | MYJCOM. 2022年2月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]