五十嵐貴久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
五十嵐 貴久
いがらし たかひさ
誕生 (1961-12-14) 1961年12月14日(57歳)[1]
日本の旗 日本東京都
職業 小説家推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 成蹊大学文学部卒業
活動期間 2002年 -
主な受賞歴 サントリーミステリー大賞優秀作品賞(2001年)
ホラーサスペンス大賞(2002年)
デビュー作リカ』(2002年)
テンプレートを表示

五十嵐 貴久(いがらし たかひさ、1961年12月14日[1] - )は、日本小説家推理作家東京都出身。成蹊大学文学部卒業[1]

経歴[編集]

大学卒業後、1985年に扶桑社に入社[2][3]。最初の一年は販売部にいたが、二年目から編集部で働く[2]。そのときの編集長が後に小説家になる吉村達也である[2][4]。1997年、ふたたび販売部に異動になったことをきっかけに小説を書き始める[2]2001年春、初めて書いた長編小説『TVJ』で第18回サントリーミステリー大賞の優秀作品賞に選ばれる[2](大賞は笹本稜平『時の渚』)。同年秋、『リカ』(応募時のタイトルは「黒髪の沼」)で第2回ホラーサスペンス大賞の大賞を受賞し、翌2002年に小説家デビューする。同作は30万部を突破するベストセラーになった。2004年、『Fake』が「このミステリーがすごい!」2005年版で16位にランクインした。

作風[編集]

初めて書いた小説『TVJ』は、映画『ダイ・ハード』を下敷きにしたと語っている[2]。また、「映画の世界からの影響を強く受け」ていて、「映画に触発された部分がない作品は珍しい」とも語っている[5]

ホラーサスペンス大賞を受賞した『リカ』でデビューしたが「ホラーを書きたいと考えていたわけではありません」と語っており[6]、ホラー小説のオファーはすべて断ったという[3]。『交渉人』や『TVJ』などのサスペンス、『1985年の奇跡』や『2005年のロケットボーイズ』などの青春小説、『安政五年の大脱走』や『相棒』などの時代小説と、様々なエンターテイメント小説を発表している。

文学賞受賞・候補歴[編集]

作品リスト[編集]

小説[編集]

リカシリーズ[編集]

  • リカ(2002年2月 幻冬舎 / 2003年10月 幻冬舎文庫
  • リターン(2013年6月 幻冬舎 / 2015年11月 幻冬舎文庫)
  • リバース(2016年10月 幻冬舎文庫)

交渉人シリーズ[編集]

青春三部作[編集]

パパとムスメシリーズ[編集]

年下の男の子シリーズ[編集]

星野警部シリーズ[編集]

  • 誘拐(2008年7月 双葉社 / 2012年5月 双葉文庫)
  • 贖い(2015年6月 双葉社)

吉祥寺探偵物語シリーズ[編集]

  • 消えた少女 吉祥寺探偵物語(2014年4月 双葉文庫)
  • 最後の嘘 吉祥寺探偵物語(2014年7月 双葉文庫)
  • 六つの希望 吉祥寺探偵物語(2014年10月 双葉文庫)
  • 盗まれた視線 吉祥寺探偵物語(2015年1月 双葉文庫)
  • いつかの少年 吉祥寺探偵物語(2015年4月 双葉文庫)

南青山骨董通り探偵社シリーズ[編集]

  • 南青山骨董通り探偵社(2015年3月 光文社文庫)
  • 魅入られた瞳 南青山骨董通り探偵社Ⅱ(2015年6月 光文社文庫)
  • 降りかかる追憶 南青山骨董通り探偵社Ⅲ(2015年12月 光文社文庫)

道定聡シリーズ[編集]

  • キャリア警部・道定聡の苦悩(2013年12月 角川書店
  • 逸脱捜査 キャリア警部・道定聡(2016年9月 角川文庫

その他[編集]

  • 安政五年の大脱走(2003年4月 幻冬舎 / 2005年4月 幻冬舎文庫)
  • Fake(2004年9月 幻冬舎 / 2007年7月 幻冬舎文庫)
  • TVJ(2005年1月 文藝春秋 / 2008年2月 文春文庫
  • シャーロック・ホームズと賢者の石(2007年6月 光文社カッパ・ノベルス / 2009年12月 光文社文庫
  • 相棒(2008年1月 PHP研究所 / 2010年10月 PHP文芸文庫
  • For You(2008年3月 祥伝社 / 2011年2月 祥伝社文庫
  • 土井徹先生の診療事件簿(2008年11月 幻冬舎 / 2011年8月 幻冬舎文庫)
  • ダッシュ!(2009年7月 ポプラ社 / 2012年11月 双葉文庫)
  • リミット(2010年3月 祥伝社 / 2013年2月 祥伝社文庫)
  • YOU!(2010年10月 双葉社 / 2013年11月 双葉文庫)
  • 誰でもよかった(2011年3月 講談社 / 2014年10月 幻冬舎文庫)
  • サウンド・オブ・サイレンス(2011年10月 文藝春秋)
  • ぼくたちのアリウープ(2012年4月 PHP研究所 / 2015年5月 PHP文芸文庫)
  • 編集ガール! (2012年10月 祥伝社 / 2015年9月 祥伝社文庫)
  • こちら弁天通りラッキーロード商店街(2013年1月 光文社 / 2016年12月 光文社文庫)
  • セカンドステージ(2014年8月 幻冬舎文庫)
  • 1981年のスワンソング(2015年3月 幻冬舎 / 2017年12月 幻冬舎文庫)
  • 学園天国(2015年3月 実業之日本社 / 2018年2月 実業之日本社文庫)
  • 炎の塔(2015年7月 祥伝社)
  • 蘇生(2015年11月 PHP研究所)
  • 気仙沼ミラクルガール(2016年3月 幻冬舎)
  • スイム!スイム!スイム!(2016年5月 双葉社)
  • 7デイズ 日韓特命捜査ファイル(2016年8月 PHP研究所)
  • SCSストーカー犯罪対策室(2017年3月 光文社【上・下】)
  • あの子が結婚するなんて(2017年5月 実業之日本社)
  • 波濤の城(2017年10月 祥伝社)
  • セブンズ!(2017年12月 KADOKAWA)

評論[編集]

  • 超・戦略的!作家デビューマニュアル(2017年8月 PHP新書

アンソロジー[編集]

「」内が五十嵐貴久の作品

  • 紅と蒼の恐怖(2002年9月 祥伝社ノン・ノベル)「嗜虐」
  • 暗闇を追いかけろ(2004年11月 光文社 / 2008年5月 光文社文庫)「ぽきぽき」
  • 事件の痕跡(2007年11月 光文社)「女交渉人ヒカル」
  • Field, Wind(2008年4月 ジャイブ)「バトン」
    • 【改題】ぼくらが走りつづける理由 (2009年11月 ポプラ文庫
  • 学園祭前夜(2010年10月 MF文庫ダ・ヴィンチ)「謎のベーシスト」

未単行本化連載長編[編集]

  • エール(PHP研究所『文蔵』2014年9月号 - )

メディア・ミックス[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ朝日
WOWOW
テレビ東京
TBS

映画[編集]

舞台[編集]

漫画[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公式ウェブサイト
インタビュー