花見沢Q太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

花見沢 Q太郎(はなみざわ キューたろう)は、日本漫画家イラストレーター新潟県阿賀野市(旧・北蒲原郡水原町)出身。道都大学美術学部中退[1]。愛称は「花Q」。

経歴[編集]

成人向け漫画を中心とした同人活動を行っており、1993年、『夏の日』(司書房)でデビュー。

その後、少年画報社の『ヤングキング』誌上で、『ちまちまはいすくーる』『痛快すずらん通り』『HoneyBlue』など、思春期から青春期の少女の可愛らしさやエロティシズムとともに男女の青春・模様を繊細に描き出すいくつかの短編を連載。同時に冒険活劇(『冒険どきの私達伝説』等)、時代劇(『NAGI』等)など毛色の変わった作品も発表している。

2000年から、同誌上でやはりエロティシズム・青春を前面に打ち出した『ももいろさんご』(途中から2色カラー)を連載。2002年からは小学館の『月刊サンデージェネックス』誌上で初めて社会人を主人公とし、エロよりもラブコメに重点を置いた『REC』を連載。2008年からは『ヤングキング』誌上で『PLAY!』を連載。

作風[編集]

優しく暖かみのある絵柄で、エロティックでありながらも上品さを失わない稀有な作家。柔らかさと硬さと脆さを併せ持つ思春期の少女の体の線を描くことが出来る。軽妙なギャグを挿入しながら、雰囲気で読ませる作家と言える。

アシスタントとして妻の花見沢よーこが制作に参加している。単行本には、巻末漫画とカバー下裏表紙のおまけ漫画「花見沢家の一族」が付くのが原則である。単行本デザインは1冊目から雷門風太in竹工房(元 増渕格/スタジオ新大陸)に一任している。

単行本[編集]

日付は実際の発売月日。

長編[編集]

新装版[編集]

  • スイカと海と太陽と(2003年6月、大都社
  • 月家の一族プラス(2003年7月、大都社)
  • ちますず(2005年12月、少年画報社、『ちまちまはいすくーる』『痛快すずらん通り』を収録)
  • 白い月光 完全版(2006年1月、少年画報社)
  • BWH(ベルウッドハウス)(2009年12月、ジャイブ、全2巻)

短編集[編集]

  • ひよこ(1995年8月、司書房
  • ザ☆花Qワールド(1997年、司書房、CD-ROM付き短編集)
  • おひさま(1999年12月、司書房)
  • 花ごよみ(2002年4月、司書房、『ひよこ』『おひさま』の再収録など)
  • 花見沢Q太郎 THE WORLD earlytime collection(2006年7月、司書房、CD-ROM付き短編・イラスト集(再収録含む))
  • 花日和〜花見沢Q太郎自撰集〜(2009年10月、メディアックス、初期短編集)
  • 花見沢Q太郎短編集 変態兄と中2の妹(2015年8月、双葉社

挿絵[編集]

読み切り[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『少年よ大志を抱け!』4巻あとがきより