OVERDRIVE (ブランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
OVERDRIVE
ジャンル ゲーム
企業名 株式会社キッチンガイズファクトリー
審査 ソフ倫
主要人物 bamboo
片倉真二
デビュー作 エーデルワイス
2006年12月15日
最新作 MUSICUS!
2019年12月20日
最終作 MUSICUS!
(2019年12月20日)
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

OVERDRIVE(オーバードライブ)は、株式会社キッチンガイズファクトリーアダルトゲームブランド。略称「オバイブ」。

概要[編集]

設立は2006年4月、代表はmilktubリーダーの「bamboo」。現在、東京都台東区雷門に拠点を置いている。童貞を雇用しないという(冗談を理解出来ない人間を雇用しないという意味合い)他ブランドと異なる大きな特徴があったが、現在は備考欄からは消されている。2008年8月より2010年4月まで公式モバイルサイト「OVERDRIVE MOBILE」が展開されていた[1]

2018年4月、12年におよぶ活動の締めくくりとして最終作MUSICA!の制作を発表。シナリオは瀬戸口廉也、原画・キャラクターデザインはすめらぎ琥珀が参加。CAMPFIREにて同年7月30日に開発プロジェクトのクラウドファンディング(CF)を開始したところ、日本記録級の異例の速さで目標調達金額に到達[2]。2018年10月18日の最終集計で1億3230万2525円の支援金額となり、日本国内クラウドファンディング史上最高調達額を達成した[3][4]

ブランド終了の理由として代表のbambooは、「体力的・精神的な問題」や「若いクリエイターのセンスに敵わなくなったと感じたこと」、「自身の持つ様々な肩書きを整理し、ゆくゆくは音楽一つにシフトしていきたい気持ちもある」というものを挙げている。また、今回はOVERDRIVEブランドを終了するだけであって、母体の会社であるキッチンガイズファクトリー自体を畳むつもりはないとも語った[5]

クラウドゲーミングプラットフォーム「OOParts」に『キラ☆キラ』『超電激ストライカー』をアルファ版として提供しており[6]、2020年4月24日に正式配信された。 2020年5月29日にはOVERDRIVEの全作品が配信された。[7]

作品一覧[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ OVERDRIVEモバイル運営終了と推移に関してのご報告”. 2013年3月3日閲覧。
  2. ^ 日本記録級の速さで目標金額達成!? OVERDRIVE「MUSICA!」のクラウドファンディング” (2018年8月31日). 2018年8月31日閲覧。
  3. ^ 【追記アリ】クラウドファンディングの日本記録更新も?「MUSICA!」開発プロジェクトCF 最終日!” (2018年10月22日). 2018年10月22日閲覧。
  4. ^ OVERDRIVE最終作「MUSICA!」開発プロジェクト” (2018年10月22日). 2018年10月22日閲覧。
  5. ^ 4億円男bambooインタビュー エロゲ会社の社長が語る終幕とお金集めの未来”. POP PORTAL CULTURE MEDIA「KAI-YOU」. 2018年11月10日閲覧。
  6. ^ OOParts - 美少女ゲームをあらゆるデバイスで (2019年10月3日). “Twitter /@ooparts_jp”. 2020年5月29日閲覧。
  7. ^ OOParts - 美少女ゲームをあらゆるデバイスで (2020年1月2日). “Twitter /@ooparts_jp”. 2020年5月29日閲覧。

外部リンク[編集]