瀬戸口廉也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

瀬戸口 廉也(せとぐち れんや、1978年2月3日 - )は、日本小説家シナリオライター

フリーで、アダルトゲームのシナリオを主に手懸けている。好きな言葉は

略歴[編集]

元々は一般企業のサラリーマンで、アダルトゲーム業界とは無関係な生活を送っていた。しかし、体調不良などの様々な要因が重なりやむなく退社し、失業中に若い頃からの友人に誘われ業界入りする。その時点では、アダルトゲームを1996年頃にパソコンを買ったとき少しプレイをした程度であり、採用選考のための文章も女性がほとんど出てこないものだったが、採用されて『CARNIVAL』のシナリオを担当する。業界に入ってからも、サンプルとしてもらったゲームの冒頭と話題作の体験版をプレイするのみで、最近のアダルトゲームに至っては全くやっていないと述べている。

シナリオライターとして活動中の2004年に、瀬戸口名義で自身がシナリオを担当した『CARNIVAL』の小説化作品を二次元ドリームノベルズより刊行したのが小説デビュー作となる。

2008年2月6日、自身のブログにて引退を発表する。その後、特に目立った動きは無かったが、2009年9月1日新宿ロフトプラスワンで開催されたトークイベント「エロゲー古今東西 金町工場長かく語りき出張版」にゲスト出演した[1][2]。なお、このゲスト出演の際の一言目で、瀬戸口廉也は自分自身を小説家の「唐辺葉介」と名乗った。

瀬戸口廉也名義での執筆活動は引退発表後なかったが、2017年3月31日にアダルトゲーム『Black Sheep Town』[1]の監督・シナリオ担当を告知した。

2017年4月1日OVERDRIVEのFINAL PROJECTのシナリオ担当を告知され、2018年4月1日MUSICA!の製作が正式発表された。

作品[編集]

いずれも商業作品。

ゲームシナリオ[編集]

小説[編集]

  • CARNIVAL(二次元ドリームノベルズ、2004年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2009年9月スケジュール(新宿ロフトプラスワン)
  2. ^ 大江戸宅急便

関連項目[編集]

外部リンク[編集]