milktub

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
milktub
出身地 日本の旗 日本,千葉県松戸市
ジャンル ロック
ゲームソング
アニメソング
活動期間 1991年 -
レーベル Lantis
公式サイト milktub/official website.
メンバー bamboo ボーカル
一番星☆光 ギター

milktub(ミルクタブ)は、日本音楽ユニットドーピングロックンロールと称して[1]、『速くておバカでかっちょいい』をスローガン[3][4]パンク・ロックな楽曲を作る。

概要[編集]

bambooが16歳の頃にバンドブームの影響を受けて音楽活動を始め、1991年、18歳の頃にmilktubを名乗り始めた。 結成後に地元である千葉県を拠点に活動を始め、幾度かのメンバーチェンジを繰り返た後、2人組のユニットになる。その体制で本格的にバンドの活動を始めたのは1999年頃から[5]

結成当初のmilktubは、電気グルーヴの影響を受けたテクノユニットで、メンバーも7人くらいいたが、松山一志(元・黒夢)を業界の師匠として手伝いながら活動していく内に音楽性はロックに変わっていった。当時、CDを大量に製造し過ぎたことから、借金返済のために池袋のサンシャイン広場で女子高生を口説いてCDを買ってもらったり、クレジットカードのCMソングを製作するなど様々な仕事を請け負ったが、その中で『ボディハッカー』というアダルトゲームの主題歌を制作したのが同業界と関わる始めである[6]

師匠の松山からは「プロになって売れる時は一気に売れるけど、売れなくなった後の人生のほうが長いから手に職をつけときな」と忠告されたことを切っ掛けに、バンダイの下請けのデザイン会社に入社、そこで3年ほどプランナーとしての修行を積む。そうする内に、自らライブで聴かせて回るよりも、ゲームの主題歌として大勢の人に聞いてもらう方が影響力が大きいことに気づき、会社を辞めるときに音楽をテーマにした美少女ゲームのディレクターを探している話に乗って、『カナリア 〜この想いを歌に乗せて〜』のディレクターを担当。これがアダルトゲーム制作の初めとなった[6]

リーダーのbambooが美少女ゲームブランドOVERDRIVEの代表を務めていることもあり、アニメ、ゲーム、抱き枕などアキバ系の文化と深く関わる活動が多い[7]

また、クラウドファンディングに積極的で、クラウドファンディングを使った興行を積極的に仕掛けている[6]

来歴[編集]

メンバー[編集]

サポートメンバー

ライブやレコーディングにおいて、彼ら以外のパートを以下のメンバーがサポートする。

ms-jacky、斎藤たかし、鈴木マサキ宮崎京一内田稔など

抱き枕奇祭[編集]

抱き枕奇祭(だきまくらきさい)とは、milktub主催で行われる、参加者が一心不乱に抱き枕を振り回す日本の祭り[9]。ライブ会場でケミカルライトを振り回すのが危険であるという問題[10]への解答として、「大きくて柔らかい抱き枕なら危なくない」との結論が出され[11]、初回は2010年10月に漢だったらDAKI-MAKU-LIVEという音楽のライブとして開催された[12]。しかし、「抱き枕が音を吸収して音が聞こえない」「ライブというよりもただのお祭り騒ぎ」といった意見が続出し、翌2011年の抱き枕奇祭2からは、正式に奇祭として開催することとなった[13]

この祭りでは、抱き枕は「嫁」と呼ばれ、嫁を叩いて音を出したり、集団で波のように上下させる行為が行われる。

ディスコグラフィ[編集]

インディーズ[編集]

  • Rock'n'Roll Travel
  • Happy Go!!
  • Self Re-mix
  • Sister of fear
  • Sisters of fear Self Bootleg
  • Ever Green
  • Ever Green+3
  • ロックンロールエロゲ

メジャー[編集]

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
限定盤 通常盤
1st 2008年12月24日 SMILE ENERGY LACA-35824 LACA-5824
2nd 2009年12月23日 MAKE ME HAPPY - LACA-5991
3rd 2011年8月24日 20step voltex LACA-35145 LACA-15145 148位
4th 2014年1月22日 春夏冬ROCK'N'ROLL LACA-15371 118位
5th 2017年06月28日 M25 LACA-15651

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2010年2月10日 バカ・ゴー・ホーム LACM-4687 26位
2nd 2011年3月9日 月曜はキライ LACM-4785 80位
3rd 2011年10月5日 Hi-Ho!! LACM-4862 95位
4th 2013年7月31日 有頂天人生 LACM-14115 70位
5th 2017年04月26日 成るがまま騒ぐまま LACM-14592 105位

提供作[編集]

ゲーム[編集]

アニメ[編集]

 第1期エンディングテーマ「バカ・ゴー・ホーム」(第1問-第6問、第10問、第13問)、OVAエンディングテーマ「月曜はキライ」、第2期エンディングテーマ「バカと個室と孤独飯」(第7問)、第2期エンディングテーマ「Hi-Ho!!」(第11問)

 エンディングテーマ「learn together」作詞のみ

 第1期オープニングテーマ「有頂天人生」、第13話はエンディングテーマ、第2期オープニングテーマ「成るがまま騒ぐまま」

歌手[編集]

歌手・声優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b エロゲー界のロックスターbambooが語る新譜、milktub、OVERDRIVE、そしてエロゲー業界について(1/4)おたぽる
  2. ^ a b 【milktub,bamboo】聴けば必ず元気になれる! ドーピング・ロックンロールを引っさげ登場したmilktub・bambooにインタビュー – OH
  3. ^ bamboo「以前、僕らの音楽を「ドーピング・ロックンロール」だと誰かが言っていました。「milktubの曲は、聴くと元気になる」と。だったら、一枚聴いたら笑えて、泣けて、元気が出るようなアルバムにしたいなと思って作りました。あと、20何年かやってきて、もうカッコつけるのは来世でいいかな、と。バカを一生懸命、元気にやればいいかなと思っていますので」[2]
  4. ^ ■milktub.comリニューアルしました。 2008/03/25(火) |milktub/official/diary
  5. ^ 春夏冬ROCK'N'ROLL : milktub official BLOG
  6. ^ a b c milktubインタビュー 音楽がやりたくてエロゲ会社の社長になった男が1億を集めるまで - KAI-YOU.net
  7. ^ 例えば数度に亘って開催している抱き枕奇祭など。
  8. ^ 超A&G+『じゅうはちキン!』(2009年11月24日分)より
  9. ^ 俗語化した意味での催し物の一種としての祭り
  10. ^ 「前にニコ生でライヴ中のサイリウムが問題になったことがあったんですよ。サイリウムって硬くて液体入ってるし狭いライブハウスで振ったりするとすっぽぬけて危ないじゃないですか。」[1]
  11. ^ オタク業界のライブで起こる問題について考えた時、サイリウムは固くて飛んで行ったりして危ない、じゃあ何ならいいんだ、大きくて柔らかいものなら危なくない! ということで「(ファンが)抱き枕を振り回せばいいじゃないか」という結論が導き出されました。[2]
  12. ^ milktub.com -漢だったらDAKI-MAKU-LIVE
  13. ^ milktub.com -抱き枕奇祭2

参考文献[編集]

  • 『アニソンマガジン vol.6』 洋泉社 2008年9月10日 pp.62-64
  • 『アニソンマガジン 00年代「萌える音楽」総決算!』 洋泉社 2009年6月9日 pp.32-36

関連項目[編集]

外部リンク[編集]