サイダースファンクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サイダースファンクラブ』は小坂俊史4コマ漫画作品。1999年から断続的に読み切り版が掲載された後、竹書房の雑誌『まんがライフMOMO』(月刊)で、創刊号から2007年3月号まで連載されていた。

うだつのあがらない女子スリーピースバンド「サイダース」を描いたポップロックパンクな(タイヤかも)作品。

概要[編集]

1999年に初めて発表された、作者の初期の頃の作品である。当初は、各雑誌へ断続的に読み切りとして掲載され、2003年に萌え4コマを中心に据えた『まんがライフMOMO』の創刊を機に同誌のラインナップに加わる形で連載を開始、6年目で初めて書籍化された。掲載雑誌の路線からか、萌え文化をギャグに取り込む描写もまれに見られた。読み切り版では既にプロデビューしている設定だったが、定期連載開始に当たって一度設定をリセットする形で、デビュー(事務所への所属)から描かれている。

登場人物[編集]

サイダース[編集]

女子スリーピースバンド。プロをめざして3年前に上京するも今のところいいとこなし。CDをリリースするも初登場の順位はオリコンチャート圏外で、マスメディアで採り上げられることも少ない。一時期FMラジオ局にレギュラー番組を持っていたが、短期で打ち切られている。

作詞作曲は原則として3人持ち寄りで、原則としてやよいが作ったものはやよいが、むつきが作ったものはむつきが、それぞれボーカルを務めるツインボーカル制。

やよい
ギターボーカル。本名は「中野やよい」。消去法でビジュアル担当だが写真写りが悪い。
ポップ志向。
以前はCD屋で働いていた(腰掛のつもりだったらしい)。
よくギターの弦を切る。慌てものな一面があるらしく、あわててアンコールに応えようとして下着姿でステージに出てしまったことがある。
珍妙な歌詞の曲を作ることが多い。
むつき
ベース、ボーカル(サブボーカル)。本名は「友沢むつき」、メンバーのやよいとは幼稚園からの仲。
ロック志向。それ故にポップ志向のやよいとしばしば衝突したり、脱退を検討したりする。また、女っ気のない服装をすることが多く、男性と間違われることがある。
スーパーでバイトをしたり、就職を考えたり、意外に堅実な面が見られる。
読み切りの時は右利きという設定だったが、MOMO連載版では左利き。リッケンバッカーを手に入れたがっているが、左利きかつ予算不足のためになかなか巡り会えないでいる。
しわす
ドラムコーラス。本名は「米良しわす」。現役の大学生で、デビューに当たり大学を休学している。
一歩下がって他の2人の背中を押してやるのが理想と語る。しかし、「ヒット間違いなしだが、やよいとむつきの演奏レベルが低すぎて演奏できない曲」をつくってはお蔵入りにしている、カラオケではボーカル2人より高得点を出す、バニーズの美由から演奏能力の高さを評価されるなど、他の2人よりもミュージシャンとしての能力が高いと思われる描写が多々見られる。
心霊現象などオカルトがらみに詳しい。

サイダース以外のバンド[編集]

バニーズ
サイダースと同じ女子スリーピースバンド、メンバーはミヤ(ボーカル、ギター)、みよ(ベース)、美由(ドラム)。
ポッと出のイロモノコスプレバンド、バニーガールのコスプレでライブを行う。おかげで曲も演奏も平凡ながらライブの動員力は高いが、 寒さに弱い。普通の音楽雑誌音楽番組より、B級アイドル誌やB級アイドルが出演する深夜番組の仕事が多い。次第に飽きられて動員力が落ちたため事務所をクビになり、こつぶ音楽事務所に拾われる形で転属、それを機にコスプレを捨ててライブをするようになる。
ウォルナッツ
人気実力ともサイダースの2まわり上の女子スリーピースバンド。メンバーはくるみ(ボーカル、ギター)、若葉(ベース)、小枝(ドラム)。
その実力から有名音楽番組から声がかかるほか、ライブの動員力も高く、会場も大きなハコを使用する。
ボーカルであるくるみが作詞作曲アレンジをすべて担当しており、くるみのワンマンバンドとしての性格が強い。それゆえくるみのソロ指向も強く、他メンバーには内緒でソロ活動をしていたこともある。
メンバーの性格はあまり良くなく、特にくるみの性格は100%ツン(デレなし)。サイダースのことはあからさまに見下しているが、縁もあってか対バンしたり、自身のラジオ番組のゲストに呼ぶことがある。
小枝のセリフは吹き出しが無く、書き文字で表現されている。
ラビットソーダ
サイダーズ・バニーズが移動中交通事故に遭い、一部メンバーのケガで両バンドが活動休止になった際、小銭稼ぎのためやよいとミヤで無理やり組まされたアイドルデュオ。

サイダースに関連する人物[編集]

服部 巧(はっとり たくみ)
サイダースの所属する、赤字まみれの貧乏事務所である「こつぶ音楽事務所」の社長。社長、といっても他にスタッフが存在するような描写はなく、個人事務所と思われる。低予算ライブを行い低予算でCDを製作する。
ヒマがあると自分の歌う曲をリリースしようとする。その時のアーティスト名はDYNAMITE HATTORI。
大山さん
サイダースのサポートメンバーで、キーボード担当。
ヤスコ
やよいが以前バイトしていた店の同僚。
やよいによく、半ば無理矢理にライブチケットを買わされるほか、干物やブロマイドも買わされそうになる。
小坂の他の作品にもみられる「登場位置固定キャラクター」に当たる。

書誌情報[編集]

単行本 - 竹書房 より「バンブーコミックス」として刊行されている。

  1. 第1巻(2005年5月27日発行) ISBN 978-4-8124-6176-1
  2. 第2巻(2007年3月27日発行) ISBN 978-4-8124-6571-4
  • 第1巻発売にあたって、サイダース特製イメージオリジナルCDが応募者全員サービスとしてつくられた(販売はなし)。作詞作曲演奏は女子スリーピースバンド The Clicks
  • 読み切り版は、第1巻の後半へ再編集版として掲載されている。

他作品との関連[編集]

  • サイダースの3人は同じ作者の別作品『せんせいになれません』に6-2の生徒として出ている他、山名沢湖の『委員長お手をどうぞ』にも出たことがある。『せんせいになれません』では、むつきが友沢和文(やはり同作者による『サークルコレクション』の主人公)の姉であることが暗に示唆されている。
  • 2012年11月12日に発売されたけいおん! highschoolCOMIC ZINオリジナル特典リーフレットでサイダースファンクラブとけいおん!のコラボ作品が掲載され、5年ぶりにサイダースが復活したと同時に出版社の枠を超えて同じガールズバンドを扱った4コマ作品のコラボが実現した。[1]

脚注[編集]