片桐健滋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片桐 健滋(かたぎり けんじ、1979年6月6日 - )は、日本映画監督大阪府出身。

概要[編集]

大阪府堺市生まれ。高校在学中より8mm映画製作を始め、1997年、神奈川映像コンクールで「ice・cream」が入賞[1]大阪教育大学附属天王寺高校を卒業後、2000年から渡仏、フランソワ・トリュフォーの編集で知られるヤン・デデに3年間師事。 2003年帰国、ミュージックビデオ、イベント映像等のフリーの編集を経て、演出部に転向。以降、豊田利晃羽住英一郎廣木隆一監督などに師事。 2015年 第1回TSUTAYA CREATORS’PROGRAMで準グランプリを取得[2]。その受賞作品「ルームロンダリング」にて劇場監督としてデビュー(2018年7月7日公開作品)。数々の海外映画祭にて上映される。その後、テレビドラマ化、羽生生純により漫画化された。

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 片桐健滋監督の俳優のための実践的ワークショップ” (日本語). アクターズ・ヴィジョン. 2021年8月26日閲覧。
  2. ^ TSUTAYA CREATORS’PROGRAM 過去の受賞作品”. 2019年10月23日閲覧。
  3. ^ 酔うと化け物になる父がつらい”. 2019年10月23日閲覧。

外部リンク[編集]