藤原光博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤原 光博
本名 藤原 光博
生年月日 (1962-06-08) 1962年6月8日(55歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市
血液型 A型
身長 171cm
最終学歴 桃山学院大学卒業
コンビ名 リットン調査団
相方 水野透
芸風 コント
立ち位置
事務所 吉本興業
活動時期 1986年 -
同期 今田耕司
130R
桂茶がま
東野幸治
木村祐一など

藤原 光博(ふじわら みつひろ、1962年6月8日 - )は、吉本興業に所属するお笑いコンビ・リットン調査団の1人。

略歴・エピソード[編集]

桃山学院大学に在学中、学生プロレスの活動がきっかけとなり、後の相方となる水野透と出会う。先に卒業していた水野にお笑いの世界に誘われ、コンビ結成。

小学生時代の趣味が板の木目をじっと見つめて寸評する事、ウィンナーソーセージの分け方で妻に逃げられたり(「一杯のかけそば」ならぬ「六本のソーセージ」という感動秘話)、バイト先ではあまりの働きの良さにシャッターの鍵を任され、社内報にまで載ってしまう、重役会議に呼ばれるなど、さまざまな逸話を持つ。

東京スケベ協会というユニットを組み、イベントも開催している。藤原は会長であり、シャンプーハットの小出水が関西支部長である。

2007年2月7日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の若手ネタ見せ企画、「山-1グランプリ」において、相方の水野透と共に登場。貴乃花の相撲名場面を1人で再現するが、放送ではカットされてしまった。

プロの半笑い』(ヨシモトファンダンゴTV)の1コーナー「エロギリ」に出演した際は、出演者から「キング」と呼ばれた。

千葉ロッテマリーンズの大ファン。雨上がり決死隊の宮迫がLIVE STANDで藤原を見かけた際、彼は出演者全員が着ているはずのLIVE STANDのシャツを着ていなかった。実は出演者ではなく、千葉ロッテの試合観戦の帰りにイベントにふらっと立ち寄っただけだったらしい(『雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!!』より)。

貴乃花が当時横綱だった頃、タニマチをしていて、ドキュメント番組に素人の1人として写っていた。

やりすぎコージー』が深夜の放送だった頃、ゴールデン移行に伴う企画「自分たちもゴールデンに連れてって!」でエロ落語を披露し、「藤原さん以外ゴールデンで!」とNGを出されてしまった。

名言[編集]

  • 「最近いいことか悪いことかわかりませんが、たぶんもう一生売れることはないだろうと思うようになりました」
  • ネタの出番前に「あ〜、女子高生のションベン、丼一杯飲みたい…」
  • 結婚二ヶ月目にケンコバに頼んで「なあ、嫁とのSEX一回のぞいてくれへん?」

出典:ケンコバ大王(第20回)にてケンドー・コバヤシの発言より

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]