生理ちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
生理ちゃん
ジャンル ギャグ漫画
漫画:生理ちゃん
作者 小山健
出版社 KADOKAWA
掲載誌 オモコロ(Webマガジン)
月刊コミックビーム
レーベル ビームコミックス
発表号 2018年12月号 - 2020年11月号
発表期間 2017年1月17日 - 2020年10月12日
巻数 全4巻
話数 全28話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

生理ちゃん』(せいりちゃん)は小山健による日本の漫画。Webマガジン『オモコロ』にて2017年1月17日から連載されている『ツキイチ! 生理ちゃん』に加筆修正し書き下ろしを加え、2018年6月11日KADOKAWAよりコミックスが刊行された[1] 。また、月刊コミックビームにおいても2018年12月号から2020年11月号まで連載された。第23回手塚治虫文化賞短編賞受賞作[2][3]。1話完結形式で、各話ごとに主人公となる人物は異なり、各話間での登場人物やストーリーの関連性も特にない。舞台は、現代の日本であることが多いが、日本での生理ナプキン誕生までの軌跡を描いた回[4]や、江戸時代の生理の女性が隔離されていた月経小屋について描いた回[5]など実話に基づいた話もある。

タブー視され、語られる機会の少ない女性の生理をポップなキャラクターとして擬人化し、その辛さや悩みを代弁させることで、女性の共感を得た[6]

二階堂ふみ主演で実写映画化され、2019年11月8日に公開された[7]。また、ゼリア新薬とのコラボレーションにより月経前症候群を擬人化したPMSちゃんも誕生した[8]

韓国では韓国語版の発売を前に、作者である小山健が過去の作品でセクシャルハラスメント女性嫌悪とみられる表現をしていた事実が問題視され、急遽出版社は謝罪して予約販売を停止した[9]

書誌情報[編集]

  • 小山健 『生理ちゃん』 KADOKAWAビームコミックス〉、全4巻
    1. 2018年6月11日発売[10]ISBN 978-4-04-735237-7
    2. 2日目 2019年7月12日発売[11]ISBN 978-4-04-735697-9
    3. 3日目 2020年5月11日発売[12]ISBN 978-4-04-736080-8
    4. 4日目 2020年11月12日発売[13]ISBN 978-4-04-736429-5

登場キャラクター[編集]

生理ちゃん
月に1回のペースで女性の元へ訪れる。玄関のチャイムを鳴らすこともあるし、部屋の窓から勝手に侵入してくることもある。体格や外見は、体調や生理痛の個人差により変化する。「生理パンチ」という技があり、これは主に生理痛の比喩として女性の下腹部を打つものだが、女性の生理に無理解な言動をしたことへの鉄拳制裁として男性に行うこともある。他にも注射器で血を抜いたり、眠り薬を嗅がせたりする。
性欲くん
突如として男性の元に現れる。いつも卑猥な言葉やAV用語を呟いている。
童貞くん
常に童貞の男性に寄り添っている。男性を時に励まし、時に甘やかす存在。

映画[編集]

生理ちゃん
監督 品田俊介
脚本 赤松新
原作 小山健『生理ちゃん』
(ビームコミックス/KADOKAWA 刊)
出演者 二階堂ふみ
伊藤沙莉
松風理咲
須藤蓮
岡田義徳
音楽 河内結衣
主題歌 the peggies『する』
制作会社 吉本興業
フジテレビ
製作会社 吉本興業
配給 吉本興業
公開 日本の旗 2019年11月8日
上映時間 75分
製作国 日本の旗 日本
テンプレートを表示

小山健の漫画『生理ちゃん』を原作とする2019年11月8日公開の日本の映画。主演は二階堂ふみ、監督はドラマ「信長協奏曲」や「隣の家族は青く見える」などを手がけた品田俊介が務める[14]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:小山健『生理ちゃん』(ビームコミックス/KADOKAWA 刊)
  • 監督:品田俊介
  • 脚本:赤松新
  • 企画:稲葉直人
  • 音楽:河内結衣
  • 主題歌:the peggies『する』(Epic Records Japan)[15]
  • 制作:吉本興業フジテレビ
  • 制作プロダクション:フィルムメイカーズ
  • 製作・配給:吉本興業 / KADOKAWA

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 累計500万PVの話題作『生理ちゃん』。寄り添い、ときに諭す共感と感動のエッセイコミックついに単行本化!!”. KADOKAWA. 2019年9月10日閲覧。
  2. ^ 話題作『生理ちゃん』が手塚治虫文化賞 短編賞を受賞!!”. KADOKAWA. 2019年9月10日閲覧。
  3. ^ 第23回受賞作品”. 朝日新聞社. 2019年9月10日閲覧。
  4. ^ 『生理ちゃん』第9話「おばあちゃんと生理ちゃん」
  5. ^ 『生理ちゃん』第5話「町娘と生理ちゃん」
  6. ^ 今月もキタ…「生理ちゃん」のパンチはやっぱり強烈! イタイ、だるいアイツの擬人化で共感の嵐『生理ちゃん 2日目』”. ダ・ヴィンチニュース (2019年8月11日). 2019年9月10日閲覧。
  7. ^ 「生理ちゃん」予告、月イチで来る"アイツ"が二階堂ふみや伊藤沙莉を振り回す”. 映画ナタリー (2019年8月27日). 2019年9月10日閲覧。
  8. ^ 「生理ちゃん」がPMSを緩和する医薬品とコラボ、Webで限定マンガ公開”. コミックナタリー (2019年1月9日). 2019年9月10日閲覧。
  9. ^ ‘여성혐오’ 논란 남성작가의 ‘월경’ 만화 번역 출간? … 대원씨아이 “예약 판매 중단””. 여성신문. 2020年1月7日閲覧。
  10. ^ 生理ちゃん 小山健:コミック”. KADOKAWA. 2019年9月10日閲覧。
  11. ^ 生理ちゃん 2日目 小山健:コミック”. KADOKAWA. 2019年9月10日閲覧。
  12. ^ 生理ちゃん 3日目 小山健:コミック”. KADOKAWA. 2020年5月11日閲覧。
  13. ^ 生理ちゃん 4日目 小山健:コミック”. KADOKAWA. 2020年11月12日閲覧。
  14. ^ a b c d 二階堂ふみ「生理ちゃん」で主演!共演に伊藤沙莉、松風理咲、須藤蓮ら”. 映画ナタリー (2019年3月29日). 2019年9月11日閲覧。
  15. ^ the peggies、二階堂ふみ主演の映画「生理ちゃん」主題歌を担当”. 音楽ナタリー (2019年3月29日). 2019年9月11日閲覧。

外部リンク[編集]