須藤蓮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すどう れん
須藤 蓮
生年月日 (1996-07-22) 1996年7月22日(27歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 182 cm
職業 俳優
活動期間 2017年 -
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
ワンダーウォール
JOKER×FACE
なつぞら
いだてん〜東京オリムピック噺〜
映画
よこがお
備考
「第31回 MEN'S NON-NO 専属モデルオーディション」ファイナリスト
テンプレートを表示

須藤 蓮(すどう れん、1996年7月22日[1] - )は、日本俳優である。

東京都出身[1]慶應義塾大学在学中[2]スターダストプロモーション制作1部所属していた[1]。「第31回 MEN'S NON-NO 専属モデルオーディション」ファイナリスト[3]

略歴[編集]

武蔵高等学校を経て[4]慶應義塾大学[2]法学部法律学科に進学[5][6]

大学在学中の2016年に「第31回 MEN'S NON-NO 専属モデルオーディション」でファイナリストとなり[3][5]、翌2017年秋より俳優として活動を開始する[6]

2018年には「台詞が1つでもある役をつかむ」を目標に臨んだオーディションで1,500人の応募者の中から選出され、京都地域ドラマワンダーウォール』(NHK BSプレミアム)に6人の若手俳優の主要キャストの1人として出演[7][8][9]。2019年1月期には『JOKER×FACE』(フジテレビ系)にレギュラー出演したことで注目を集め[10][11]、スピンオフ配信ドラマ『Document of REN from JOKER×FACE』(dTVチャンネル・プチフジ/FOD)で主演を務める[12]。同年7月には『なつぞら』でNHK連続テレビ小説に初出演[13][14]、11月にはNHK大河ドラマいだてん〜東京オリムピック噺〜』に吹浦忠正役で出演[15]

2020年には自ら製作費を集めて制作する映画『blue rondo』(ブルーロンド)で初めて脚本[注 1]・監督を手掛ける[16]

人物[編集]

趣味は読書、服、法律。

特技は虫に詳しい、英語、ダンス(POP)。

動物や虫が好き。幼少期の夢は生物学者で、小学校の卒業アルバムには「南極をボーリング調査して、マンモスの遺伝子を見つけて、遺伝子からDNAを取り出して、DNAからマンモスを再現する研究をしたい」と書いた。一人暮らしを機に、念願だったらカメレオンをペットとして飼い始めた[9]

好きな食べ物はうなぎと豆腐料理[9]

出演[編集]

映画(出演)[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

PV[編集]

舞台[編集]

作品[編集]

映画(監督)[編集]

  • 逆光(2021年) - 企画・監督・主演
  • blue rondo(2022年) - 監督・主演 (12月15日・20日にMOOSIC LABにて先行上映)
  • ABYSS アビス(2023年) - 監督・主演

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 渡辺あやとの共同脚本。

出典[編集]

  1. ^ a b c “須藤 蓮”. スターダストプロモーション. https://www.stardust.co.jp/talent/section1/sudouren/ 
  2. ^ a b c 須藤蓮(インタビュアー:マツマル(LOFT9 Shibuya))「須藤蓮(『ワンダーウォール 劇場版』主演俳優)- 希望は現実の壁を越えることができるか『ワンダーウォール 劇場版』公開記念インタビュー!」『Rooftop』、ルーフトップ、2020年3月10日https://rooftop1976.com/interview/200310124118.php2020年3月29日閲覧 
  3. ^ a b 第31回 MEN'S NON-NO 専属モデルオーディション ファイナリスト”. MEN'S NON-NO. 2019年5月13日閲覧。
  4. ^ 渡辺あや; 須藤映蓮(インタビュアー:木俣冬)「朝ドラ『カーネーション』脚本家・渡辺あやが新作・京都発地域ドラマ『ワンダーウォール』で言いたかった事」『Yahoo!ニュース』、Yahoo! JAPAN、2018年9月10日https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/eb40c271a7acdffccc4b8a589e86262d612958ae2019年11月1日閲覧 
  5. ^ a b 須藤 蓮くん”. MEN'S NON-NO WEB メンズノンノ ウェブ. 第31回メンズノンノモデルオーディション読者投票. 集英社. 2019年7月8日閲覧。
  6. ^ a b 夢を追う学生へ:女優・成海璃子さん、俳優・須藤蓮さん、三村和敬さんにインタビュー”. コトカレ. 2019年5月13日閲覧。
  7. ^ “成海璃子「男だったら…」1500人オーディション経てNHK京都発ドラマ出演”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年5月19日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/19/kiji/20180519s00041000231000c.html 2019年7月8日閲覧。 
  8. ^ 海江田宗 (2018年7月25日). “京都発のドラマ「ワンダーウォール」今夜!寮生たちの青春物語”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0102464 2019年7月8日閲覧。 
  9. ^ a b c 須藤蓮(インタビュアー:ねこまる)「ワンダーウォール公開間近!須藤蓮さんインタビュー!」『ねこまるのよしなごと』、NHK京都放送局、2018年7月23日https://www.nhk.or.jp/kyoto/plaza/nekomaru/blog/2018_07.html#2018_07_232019年7月16日閲覧 
  10. ^ [【須藤蓮】プロフィール(年齢・身長・インスタグラム) - エキサイトニュース “須藤蓮のプロフィール”]. エキサイトニュース. 【須藤蓮】プロフィール(年齢・身長・インスタグラム) - エキサイトニュース 2022年11月8日閲覧。 
  11. ^ a b “松本穂香、松尾諭の異色コンビがW主演!ドラマ『JOKER×FACE』1・14スタート”. TVLIFE web (学研プラス). (2018年12月30日). https://www.tvlife.jp/entame/204862 2019年7月8日閲覧。 
  12. ^ a b “須藤蓮演じる底辺NewTuberに迫る「JOKER×FACE」スピンオフドラマが開始”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年2月12日). https://thetv.jp/news/detail/178897/ 2019年7月8日閲覧。 
  13. ^ a b “「なつぞら」夕見子の恋人は須藤蓮!朝ドラ初出演に喜びも泰樹似に「緊張」ネット反響”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年7月16日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/16/kiji/20190715s00041000259000c.html 2019年7月16日閲覧。 
  14. ^ a b “【なつぞら】夕見子の駆け落ち相手役、須藤蓮 泰樹の若い頃に似ている設定「緊張した」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年7月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2140179/full/ 2019年7月16日閲覧。 
  15. ^ a b 篠崎美緒 (2019年10月30日). “須藤蓮「阿部(サダヲ)さんが、とてもすごくて…」<いだてん>”. ザテレビジョン (KADOKAWA). https://thetv.jp/news/detail/208965/ 2019年11月1日閲覧。 
  16. ^ “須藤蓮の初監督作「blue rondo」、メインキャストオーディション実施”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年3月17日). https://natalie.mu/eiga/news/371450 2020年3月28日閲覧。 
  17. ^ “佐藤寛太主演『いのちスケッチ』追加キャストに今田美桜、須藤蓮ら ビジュアル解禁”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2019年7月12日). https://www.crank-in.net/news/66714/1 2019年7月14日閲覧。 
  18. ^ "『ワンダーウォール』渡辺あやと須藤蓮が再タッグ 『逆光』尾道にて7月17日先行公開決定". Real Sound. blueprint. 13 May 2021. 2021年5月13日閲覧
  19. ^ "三島由紀夫に心酔する青年たちの情愛描く「逆光」7月公開、脚本は渡辺あや". 映画ナタリー. ナターシャ. 13 May 2021. 2021年5月13日閲覧
  20. ^ "須藤蓮&脚本家・渡辺あやの自主制作映画『逆光』、東京の公開日が決定 台北金馬映画祭出品も明らかに". シネマカフェ. イード. 4 October 2021. 2021年10月5日閲覧
  21. ^ 須藤蓮監督×渡辺あや脚本第2弾『ABYSS アビス』9月15日公開 クラファンも実施中”. cinemacafe.net. 2023年5月15日閲覧。
  22. ^ “自殺した兄の元恋人に惹かれていく、須藤蓮×渡辺あや「ABYSS」予告解禁”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年6月30日). https://natalie.mu/eiga/news/530903 2023年6月30日閲覧。 
  23. ^ 番組エピソード 全国各地の魅力を凝縮!【地域発ドラマ特集】 -NHKアーカイブス
  24. ^ 京都発地域ドラマ「ワンダーウォール」”. NHKオンライン. 2018年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月3日閲覧。
  25. ^ “浜野謙太や高杉真宙、須藤蓮、桐山漣が フジ系ドラマ「おいハンサム!!」出演決定”. 東京中日スポーツ (株式会社中日新聞社東京本社). (2021年12月1日). https://www.chunichi.co.jp/article/375081 2021年12月1日閲覧。 
  26. ^ “二兎社が雑誌「青鞜」編集部を舞台に青春群像劇『私たちは何も知らない』”. SPICE (イープラス). (2019年6月13日). https://spice.eplus.jp/articles/241706 2019年7月16日閲覧。 
  27. ^ “鴻上尚史「ハルシオン・デイズ」2020年版に柿澤勇人、南沢奈央、須藤蓮、石井一孝”. ステージナタリー (ナターシャ). (2020年9月14日). https://natalie.mu/stage/news/396300 2020年10月2日閲覧。 

外部リンク[編集]