よこがお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
よこがお
監督 深田晃司
脚本 深田晃司
原案 Kaz
製作 Kaz
二宮直彦
二木大介
椋樹弘尚
製作総指揮 井上伸一郎
出演者 筒井真理子
市川実日子
池松壮亮
須藤蓮
小川未祐
吹越満
音楽 小野川浩幸
撮影 根岸憲一(J.S.C.
制作会社 角川大映スタジオ
COMME DES CINÉMAS
製作会社 YOKOGAO FILM PARTNERS
配給 KADOKAWA
公開 日本の旗 2019年7月26日
上映時間 111分
製作国 日本の旗 日本
フランスの旗 フランス
言語 日本語
テンプレートを表示

よこがお』は、2019年公開予定の日本フランス合作映画。監督は深田晃司2016年に『淵に立つ』で深田とタッグを組んだ筒井真理子が主演を務める[1]

無実の加害者へと転落した女性を主人公にしたヒューマンサスペンス[1]。タイトルの「よこがお」とはその半身は見えていても反対側の姿は見えない状態であることを指す[2]

キャッチコピーは『ある女のささやかな復讐。[3]

あらすじ[編集]

終末期医療の現場で働く市子は訪問看護師として善良に生きてきた。市子は一年ほど前から末期がん患者の大石塔子の看護のために大石家に通っていた。大石家の長女の基子はニートだったが、そんな自分に手を差し伸べてくれた市子の事を慕い憧れ以上の感情を抱く。ある日、大石家では基子の中学生の妹のサキが失踪する事件が起きる。サキは無事に保護されるが、犯人として意外な人物が逮捕され、この事件との関与が疑われた市子は理不尽な状況に追い込まれていく。重なる災難にすべてを失った市子は「リサ」という名前で自分を裏切った人生に復讐を企てていく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本・監督:深田晃司
  • エグゼクティブプロデューサー:井上伸一郎
  • 製作:堀内大示、三宅容介
  • 企画・原案・プロデューサー:Kaz
  • プロデューサー:二宮直彦、二木大介、椋樹弘尚
  • フレンチプロデューサー:澤田正道
  • 音楽:小野川浩幸
  • 撮影:根岸憲一(J.S.C.
  • 照明:尾下栄治
  • 美術:原田恭明
  • 装飾:寺尾淳
  • 録音:木原広滋
  • 衣装:馬場恭子
  • ヘアメイク:豊川京子
  • 助監督:久保朝洋
  • 制作担当:斉藤大和
  • 助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業) 独立行政法人日本芸術文化振興会
  • 配給:KADOKAWA
  • 制作プロダクション:角川大映スタジオ、Coproduction and Line Production in France: COMME DES CINÉMAS
  • 製作:YOKOGAO FILM PARTNERS

脚注[編集]

外部リンク[編集]