水野透

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水野 透
本名 水野 透
生年月日 (1960-09-18) 1960年9月18日(56歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市
血液型 A型
身長 168cm
最終学歴 桃山学院大学卒業
コンビ名 リットン調査団
相方 藤原光博
芸風 コント
立ち位置
事務所 吉本興業
活動時期 1986年 -
同期 今田耕司
130R
桂茶がま
東野幸治
木村祐一など

水野 透(みずの とおる、1960年9月18日 - )は、大阪府出身のお笑い芸人藤原光博とお笑いコンビ・リットン調査団を組む。

略歴・エピソード[編集]

桃山学院大学に入学後、自らプロレス同好会を立ち上げる。部員勧誘ポスターをアントニオ猪木ジャイアント馬場ではなく、ボブ・バックランドという外人レスラーを用いて作ったところ、それを藤原光博が食入るように見ていた。そこで水野が藤原に声をかけ、共にプロレス同好会で学生時代を過ごすこととなる。

大学卒業後、お笑い芸人になるべく上京し、ビートたけしに履歴書を渡しに行くが、返事をもらう前にホームシックになり帰阪する。帰阪後、藤本義一が主宰していた大阪のお笑い集団「笑の会」に入り、4人組のユニットを組まされるが、半年で解散。その後1年間はお笑い芸人としての活動を全くしていなかったが、吉本興業の新人オーディション開催を知り、そのときに藤原とコンビを組み、芸能界に入ることとなる。なお、同じオーディションを東野幸治も受けていた。NSC出身組の今田耕司130Rとほぼ同期にあたる。

2005年元旦に番組の生放送中、金タライを吊るしたひもを顔に落ちる手前のどこで止めることができるか競うゲームで、金タライをおもいきり顔面にあて出血し、スタジオから退出した。その約1時間後に鼻の上にばんそうこうをつけ復帰したが、その時スタジオは騒然だった。その出来事で、次の回(2006年元旦)でそのゲームに「ハイパーミズノゴロシ」という名前が付いた。さらにその回で山崎邦正も顔面をケガした。

2006年10月3日より、初の冠番組「水野キングダム」(TOKYO MX)がスタートした。

2007年2月7日(関西地域)放送のダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の「山-1グランプリ」という、ネタ見せ企画に永遠の若手として相方と共に登場。しかし、2人共放送できるネタではなかったため、あえなくカット。水野に至っては、トリだったにも関わらず、過剰な下ネタよってカットされるという前代未聞の伝説を作る。

出演番組[編集]

コンビでの仕事はリットン調査団を参照。

レギュラー出演[編集]

単発出演[編集]

映画[編集]

外部リンク[編集]