ベビースターラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベイちゃん引退を告知するポスター

ベビースターラーメン英名Baby Star Crispy Noodle Snack)は、おやつカンパニー(本社・三重県津市)が製造する味付けフライ麺風のスナック菓子である。ラーメンだけでなく、ベビースターの名を冠した焼きそば蕎麦うどんパスタなどの麺類の味のスナック菓子や煎餅など別の形態のスナック菓子もあり、ひとつのブランドを築いている。また、通常の全国向け商品の他に地域限定の商品もある。

歴史[編集]

  • 1955年 - おやつカンパニーの前身である松田産業有限会社が世界初のインスタントラーメン「味付中華めん」を発売したが、営業的には失敗に終わる。
  • 1958年 - サンシー殖産(現・日清食品ホールディングス)がチキンラーメンを発売して成功。
  • 1959年 - 製造工程で発生する麺のかけらを従業員におやつとして配ったところ評判となり、商品化[1][2]。初代作「ベビーラーメン」を発売。
  • 1973年 - 子供向けスナック菓子で一番(スター)になりたいという想いを込め「ベビースターラーメン」に名称を変更。
  • 1988年 - ベビースターラーメンのパッケージデザインを大幅リニューアル。「ベビーラーメン」の発売以来、約30年間使われた初代マスコットキャラクター(女の子、現在は「ベビーちゃん」という名前がつけられているが、現役時代は正式名称はなかった[3])から、2代目「ベイちゃん」に交代。これまでの「チキン味」に加え、「みそ味」と「カレー味」を新たに発売。以降、味や形状に様々なバリエーションが登場するようになる。
  • 1999年2月 - 丸いタブレット状に固めた「ベビースターラーメン丸」発売。
  • 2000年 - 「ベイちゃん」の妹「ビーちゃん」がキャラクターに加わる。(二人合わせた名称は「ベビーちゃん[4]
  • 2002年 - 「ベビースターラーメン丸」を星型に固めた「ベビースターラーメン星」に変更。
  • 2007年 - 「ベビースターラーメン」1袋の内容量を35グラムから30グラムへ変更、量を減らした実質的な値上げ。FUNKY MONKEY BABYSのプロデュースによる「ファンキーモンキーベビースターラーメン 八王子ラーメン・しお味」を期間限定で発売。
  • 2008年 - 林家木久扇の所属事務所・トヨタアートとの提携により、「林家木久蔵ラーメン・しょうゆ味」を期間限定で発売。「ベビースターラーメン」1袋の内容量を30グラムから23グラムへ変更、前年に続く量を減らした実質的な値上げ。2007年の35グラムからの値上げ幅は、35%に達する。
  • 2009年 - ベビースターラーメン発売50周年。同時期に発売された鉄道玩具プラレールも50周年なのでコラボ企画誕生。
  • 2010年 - ベビースターラーメンの麺を太くし、パッケージデザインをリニューアル。CMキャラクターにKinKi Kidsが起用された。
  • 2016年
    • 12月13日 - 「ベイちゃん」と「ビーちゃん」が同年をもって引退することを発表した[5][6]
    • 12月20日 - 3代目の新キャラクターがお披露目された。名前は一般公募となり、2017年1月31日の引き継ぎ式で「ホシオくん」と発表された[7][8]

種類[編集]

通常商品[編集]

  • チキン
  • うましお

期間限定[編集]

  • スパイシーチキン - 初代キャラクターの「ベビーちゃん」をパッケージに使用。
  • ペッパーソルト - 同上

日本全国向けラーメン[編集]

  • 柚子ポン酢味、ごまだれ味 - ぐるなびとの期間限定企画商品
  • 妖怪ラーメン - 妖怪ウォッチとのコラボ
  • ココナッツカレー味 - だがしかしとのコラボ
  • ベビースタードデカイラーメン ねぎだこ味 - 築地銀だことのコラボ
  • ベビースタードデカイラーメン たこ焼きソース味 - 築地銀だことのコラボ
  • ベビースタードデカイラーメン 天下一品こってり味 - 天下一品とのコラボ
  • ベビースタードデカイラーメン 天下一品味がさね味 - 天下一品とのコラボ

日本全国向けラーメン以外[編集]

  • ベビースター焼きそば
  • ベビースターうどん - えび天麩羅うどんの味

地方限定ラーメン[編集]

北海道向けの商品には、有名ラーメン店の「山頭火」、「すみれ」の名と味を付けた商品がある。

そのほか、駅売店や高速道路サービスエリアで売られている土産用の地域限定ベビースターもある。

地方限定ラーメン以外[編集]

  • ベビースター隊員さんのスタミナラーメン - 自衛隊売店限定

相手先ブランド[編集]

まちのお菓子屋さん」(セブン-イレブン)、「おやつごろ。」(ローソン)など、他社のブランドのシリーズ商品の中の一品としてベビースターラーメンを製造しているものもある。

カップ麺[編集]

カップ麺の「ベビースターカップラーメン」が全国で発売されていたこともある。CMには愛川欽也が出演していた。1987年頃に、当時のシールブームにあやかり、シール付きカップラーメン(東西お化け軍団シール)「ビックリカップラーメン」(東洋のしょうゆ味と西洋のカレー味の二種類)が新発売し、翌年には、ファミコンブーム時代に子供達のカリスマ的存在となった高橋名人とのタイアップバージョンも登場した。現在は、「ブタメン」が、おやつカンパニーのミニカップ麺の基幹ブランドであるが、100円ショップなどで「ブタメン」の廉価版として「ベビースター」ブランドによるミニカップ麺が発売されているほか、地方限定のものがある。

海外市場[編集]

現在、日本以外に香港台湾中国大陸部大韓民国アメリカ合衆国インドネシアでも販売されている。海外向けの商品は、日本向けと味付けが異なるものが多い。

香港では広東語で「童星點心麵(トンセンディムサムミン、童星点心麺、どうせいてんしんめん)」という商品名で親しまれており、チキン味の他に焼きそば味など多くの種類がある。

台湾では中国語で「特等模範生點心餅(トードンモーファンションディエンシンビン、ㄊㄜˋㄉㄥˇ ㄇㄛˊㄈㄢˋㄕㄥ ㄉㄧㄢˇㄒㄧㄣㄅㄧㄥˇ、特等模範生点心餅、とくとうもはんせいてんしんへい」という商品名で販売されている。

中国大陸では中国語で「贝贝星好吃面、ベイベイシンハオチーミエン、 Bèibèixīng hǎochīmiàn、貝貝星好吃面、ばいばいせいこうきつめん」という商品名で販売されている。

インドネシア語では「Mie Baby Star」という商品名になっている。

直接食用以外の利用法[編集]

もんじゃ焼き油そばの具としてベビースターラーメンを入れる事がよく行われる。また、振りかけとしても使用される事もある。料理の塩分量に加えて本製品の塩分が加わるため、塩加減が必要にもなる。

類似商品[編集]

日本国内および海外でベビースターラーメンと競合する類似のスナック菓子が販売されている。以下に主要なものを挙げる。

ラメック
東京下町で、もんじゃ焼きのトッピングの定番として用いられた。丸光製菓というメーカーから発売されていたが、会社倒産のため現在は市販されていない。販売中止後は業務用としてノーブランドのものが流通しており、一部のもんじゃ焼き店で使用されているという。
ラーメン屋さん太郎・やきそば屋さん太郎・どーん太郎
茨城県常総市菓道の商品。どーん太郎はインスタントうどんをモチーフとする駄菓子。
チキンラーメン Mini
日清食品の商品。個包装3個パックで販売している。
オキコラーメン
沖縄県オキコ株式会社の商品。通常サイズのインスタントラーメンは製造中止となり、菓子サイズのものを復刻パッケージで販売している。
ミニラーメンの太郎くん
群馬県大黒食品工業の商品。個包装4個パックで販売。
東京拉麺
栃木県東京拉麺株式会社の商品。同じく個包装4個パックで、味のバリエーションが数種類ある。
小王子麺
台湾の食品会社味王は、1970年代インスタントラーメンとして売っていた「王子麵」を、児童がそのままで食べている例が多いことから、調味料や量を変更した「小王子麵」を発売した。また、王子麺にもそのまま食べることを前提にした乾燥ネギ入り粉末調味料をつけ、袋にもつぶしてから粉末をまぶしてそのまま食べるという説明を載せた。
科学麺
台湾の統一企業の商品。これも本来は普通のインスタントラーメンであったが、現在は直接食べるために販売されている。普通の乾燥ネギと粉末調味料が付いている。15gずつ小分けしたものもあり、これには最初から粉末スープが混ぜられている。
張君雅小妹妹
台湾の維力食品の商品。科学麺と同様の粉末調味料入りのもののほか、「ベビースターラーメン丸」を模倣した丸いタブレット状の商品がある。
プショプショ
韓国の食品会社オットゥギが発売した、普通のインスタントラーメンスタイルのスナック菓子。韓国語の商品名「뿌셔뿌셔」は「壊して壊して」を意味しており、袋ごと塊を細かく壊して粉末スープを振りかけ、直接食べる。プルコギ味やトッポッキ味など、韓国風の味付けのものとなっている。

出典[編集]

  1. ^ 村山繁「底流 ニュースの裏側--愛されて半世紀 ご長寿商品」『産経新聞』2009年8月23日付朝刊、第12版、第5面。
  2. ^ 【ベビースターラーメン】もったいないから大ヒット(男の浪漫伝説 Vol.38) ドリームメール
  3. ^ “ベビースター3代目キャラ決定! 名前公募で100万円金貨やミニチキン味1年分”. スポーツ報知. (2016年12月20日). http://www.hochi.co.jp/topics/20161220-OHT1T50110.html 2016年12月21日閲覧。 
  4. ^ おやつカンパニー キャラクター紹介”. おやつカンパニー. 2016年12月21日閲覧。
  5. ^ ベイちゃん引退宣言 - おやつカンパニー(-^〇^-)/
  6. ^ ベビースターのキャラクターが引退へ 「ベイちゃん」と「ビーちゃん」30年間に感謝”. ORICON STYLE (2016年12月13日1時37分). 2016年12月13日閲覧。
  7. ^ 新キャラクター紹介 - おやつカンパニー(-^〇^-)/
  8. ^ “ベビースター3代目マスコットキャラが発表 名前は公募”. シネマトゥデイ. (2016年12月20日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088462 2016年12月20日閲覧。 

外部リンク[編集]