ラーメンばあ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ラーメンばあは、カネボウフーズ(現:クラシエフーズ)グループが販売していたスナック菓子。ラーメンばあと同じく「レスラー軍団抗争Wシール」を展開していた他の菓子についてもこの頁で記述する。

概要[編集]

1987年、ベルフーズより発売開始[1]。「ベビースターラーメン」に似た味付けをされた麺を棒状(バー=商品名の「ばあ」はこれに由来する)にした菓子と、おまけとしてシールが同梱されていた。菓子はそのまま食す他、お湯をかければインスタントラーメンとしても食べられると包装上で説明された。味の種類はしょうゆ味、チリ味、えび味のほか、チョコチップ入りやレモンミルク味などの甘い味付けも登場した。普通のスナック菓子に比べて塩味と脂が濃いのが特徴である[2]。通常のインスタントラーメンのようにお湯をかけてラーメンとして食べることも可能だった。定価60円。

レスラー軍団抗争Wシール[編集]

テレビコマーシャルでは「覆面レスラーシール」。キャラクターが描かれたシールをめくると、そのキャラクターの別の顔が描かれたもう一枚のシールが姿を現すもので、当初は正規軍、テレビ(TV)軍、覆面軍、タッグ(W)軍。のちにラーメン軍と麺魔軍といったプロレス団体が抗争を繰り広げるというストーリーがつけられていた。

シール端には各キャラクターの強度を表すパラメーターが表示されており、1枚目のシールをめくれば強度がアップしてホログラム化したり、逆に弱体化するため、それまで見たことのないキャラクターであった場合は、そのシールをめくるのが楽しみとなった。なお、2枚目のシールには頻繁な1枚目の着脱に耐えられるよう、特殊なコーティングが施されていたが、稀にコーティングフィルムが剥がれてしまう事もあった。また、中央が窓となった「透明シール」と呼ばれるものがあり、他のシールに貼る事でキャラクターのパワーアップを示すシールもあった。

「菓子におまけシールをつける」という手法は「ビックリマン」シリーズの影響を強く受けたものであったが、2枚重ねというビックリマンにはないアイデア(のちにビックリマンでもシールを重ねたものが登場)で、後発ながらもシリーズ化され、根強いファンも存在していた。全13弾。

代表的なキャラクターとしては、ドン・ゴッド理事長、Dr.ヘルス、秘書マリリン、殺し屋キラージョーなどがある。その後ストーリーは、宇宙の命運をかけたスペクタクルへと発展。「ビックリマン」が小学館の『月刊コロコロコミック』とタイアップしていたのに対し、ラーメンばあは講談社の『コミックボンボン』とタイアップしてストーリーの普及が図られた。漫画版の作者は桜多吾作(漫画版の作者名義はおうたごさく)。

レスラー軍団抗争Wシール封入菓子[編集]

必殺!ガムラツイスト[編集]

イチゴ味のガムに同種のシールをつけた商品。通称「ガムラツイスト」。発売はカネボウ食品。定価50円。初期のラインナップはラーメンばあと同一だったが、第3弾以降は別のシリーズとして展開。正規軍、テレビ(TV)軍、覆面軍、タッグ(W)軍の4軍は我無羅として統一、宇宙を旅するSF要素が追加された。この手法によって、ストーリー的に重層的な厚みを増すことに成功する一方、コンプリートするためには両方の商品を購入する必要があるため、子供には不評であった。

ガムラツイストは第15弾まで発売された。ガムラツイストはストーリーが完結している。また、『GO!レスラー軍団』『レスラー軍団〈銀河編〉聖戦士ロビンJr』の2作品がテレビアニメ化された。

ハッスルマッチ[編集]

1987年夏にカネボウ食品から発売されたオレンジ味のアイスバー。レスラー軍団抗争Wシール入りであるが、上記商品とは別のストーリー展開が行われ、アイス商品ならではの氷河軍と熱帯軍の戦いをラインナップ[1]。全1弾。のちに四国限定でガムラツイストアイスも発売[1]

その他[編集]

  • 1988年7月、カネボウ食品「スペシャルマッチ21st」。メロン味のフーセンガムで、チェンジアップシール、軍団IDカード付き[1]
  • 1989年2月、カネボウ食品「我無羅軍の秘宝」。メタリックフィギュア付き[1]
  • 1989年7月、カネボウ食品「ガムラツイストスーパー&キッズ」。レスラー軍団カード付き[1]
  • 1989年11月、ベルフーズ「ラーメンダア」。ラーメンばあを砕いた食品。レスラー軍団カード付き[1]

CM[編集]

桑名湧らが出演。酔っ払いとおぼしき中年男性がラーメン屋台の店主に向かって踊りながら「すったからった、すったからった、オーヤジ! あ・ラーメンばあ」と言いながら近づき本製品を出してかじり、「ふ〜んすったからった、すったからった」と去ってゆくCMは、放映当時子供たちの間で軽い流行語のような扱いを受けていた。なお、この中年男性は「ナルトの平次」というキャラクターでシールにも登場している。

アニメ[編集]

いずれも東京ムービー新社制作、テレビ東京系で放映。

GO! レスラー軍団
1989年4月 - 10月 全21話
レスラー軍団〈銀河編〉 聖戦士ロビンJr.
1989年10月 - 1990年9月 全50話

銀河編の第1話 - 第24話までがソフト化されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g サデスパー堀野著「80年代オマケシール大百科」いそっぷ社
  2. ^ 後にこの菓子の名前に影響を受けた「らーめんババア」(よっちゃん食品工業)が駄菓子として発売された。こちらは棒状ではない。