シャコタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャコタン

シャコタンとは、主に自動車を改造して車高最低地上高=ロードクリアランス)を落とす改造手法、または車高を落とした状態のことである。語源は車高短から。英語圏でいう車高を極端に下げるチューニングを意味するスラムド(Slammed)に相当する[1]

一番簡単な改造方法はシャコタン用のスプリングに換装することであるが、コイルスプリングを金鋸等で数巻分切断したり、果てはスプリングを抜く「ノーサス[注 1]」と呼ばれる荒々しい手段も存在する。また、そういった改造を意識せずとも、サスペンションショックアブソーバーとスプリングをスポーツタイプのものに組み替える際にはノーマル車両よりも若干車高が下がるので、結果的にシャコタンになる。そもそもスポーツタイプのものに組み替えるのは車高を落とすためであることも多い。

エアロパーツなどを装着して最低地上高を下げた状態(こちらはエアロ短と呼ばれる)や、直径の小さいタイヤを装着して最低地上高と車高を落とした状態はシャコタンとは呼ばれない。ボディを切断して上下寸法を詰める、フレームとボディの位置関係を変えて全高を下げる(多くは板金などの処理をして再び接合)などして車両の全高を下げた場合はチョップドトップなどと呼ばれ、本項でのシャコタンとは区別されることがほとんどである。

歴史(日本)[編集]

1970年代後半から暴走族の車両に見られるようになり、1980年代には暴走族以外の若者にも広まった。時代を経るにしたがって、新車のデザイン自体が車高を下げる傾向となり、極端に車高を落とすものは少なくなった。

1990年代以降、大きく変化があったのは1995年平成7年)11月規制緩和である。「重要保安部品[2]」であるスプリングの変更は、それまで陸運支局等へ届出をし認可される(いわゆる「公認」を取得する)ことが必要であり、それをせずに公道を走行することは違法行為であったため、一般的には気軽な改造(もしくはドレスアップ)とは言えなかったが、それでも違法を承知でスプリング交換をする者は多く、車検のたびに純正スプリングに交換して車検を通すということが行われていた。それがこの規制緩和により、コイルスプリングとトーションバーの変更には届出を必要としなくなり、使用者の自己責任において自由にばねを変更することが合法となった。ただし、ばねが取り付け部から離脱しないこと(遊ばないこと)や、最低地上高を90 mm以上確保すること、ばね材であると共に車軸の位置決めを担うサスペンションそのものでもあるリーフスプリング(重ね板ばね)は依然、届出を必要とするなどの制限はある。この法改正により、車高を落とすことがカスタマイズモディファイの手法として一般化し、暴走族風の改造とは一線を画すという意味でローダウンと呼ぶ者も増えた[注 2]

現在では、一般的なカーショップや、新車を扱うディーラー等においても、車高を下げることを目的としたスプリングやサスペンションキットへの交換ができるようになっている。規制緩和以前は暴走族の車両に施す改造というイメージが強かったが、現在では、クーペセダンステーションワゴンに留まらず、ミニバンバンライトバンライトトラックSUVまで、あらゆるジャンルの車種がシャコタンの対象となる。単にスプリングを交換するだけの方法が安価で最も手軽であるが、乗り心地が悪化することと車高を上げるのに非常に手間がかかることから、アフターマーケットにおいては車高調整式サスペンションのほうが人気がある。

効果[編集]

  • 視線が下がることにより乗車時のスピード感がアップする。
  • 車高が下がることによりデザイン上のタテ・ヨコ比が変化。視覚的な安定感が増す。
  • 車体の重心が下がることにより動的性能としても安定性が増す。
  • 高さ制限が低い桁下やトンネルを通常の高さでは通れない所を通行できる。

欠点[編集]

  • 専用品などを用いず、ただ下げた場合はホイール・アライメントが狂う。 トー角やキャンバー角が大きく変わると、ブレーキを踏んだ際やコーナリングの際にタイヤの性能を十分に発揮できないことがある。また、タイヤの偏摩耗も大きくなる。
  • タイヤがフェンダーやインナーフェンダーに接触することがある。
  • サスペンションが十分に機能せず、ロードホールディングが悪くなる。
  • 一般的にエアロパーツを装着した市販乗用車の最低地上高を下げると、離対気流等の影響によって高速走行時の操縦性が悪化することもある。
  • 極端に車高を下げることにより、駐車場歩道や砂道や雪道の段差、中央部が盛り上げられている踏切(通称カマボコ踏切)、坂道を通過することが難しくなる場合がある(特にマフラーのサイレンサーが引っ掛かる)。また、フェリー乗船時に可動橋や船内のスロープで腹がつかえるおそれがある。このため、最初から乗船を断られることもある。これらの背景から、段差や未舗装路の走行を想定して一時的に車高を上げるための簡易エアサスも存在する[注 3]
  • 立体駐車場へ駐車する場合、車を保管する設備もしくは敷地内の勾配に対応できず駐車できなかったり、駐車を断られる場合がある。
  • スプリングを切断した場合、バネ定数のアップにより乗り心地が悪化したり、タイヤが跳ねて滑りやすくなることがあり、また、車検の際にはスプリングの離脱がないことや最低地上高を確保することが求められるため、車検に合格できない場合もある。
  • タイヤとホイールの外径を極端に小さくして車高を下げることもあるが、この場合はスピードメーターに誤差が生じる上、ロードインデックス(荷重係数)が変わるので車検に合格できない。
  • 地面とのクリアランスが小さくなるため、積雪地域では融雪剤(塩化カルシウム)による車体へのダメージが大きくなり、自動車の寿命を縮めてしまうことになる。

備考[編集]

  • 段切りと呼ばれる、段差に対してタイヤを垂直にし、斜めに進入することで段差をクリアするテクニックが存在するが、あまりにも極端な車高短だとそれすら使えない場合もある。
  • ノーサス状態の車両は下がり方が不自然なため簡単に見分けがつく。さらに独立懸架の場合はホイールベースが極端に変化したり、ホイールアラインメントも大幅に狂った状態となるため、非常に危険である。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ サスペンション自体を取り払う訳ではない。スプリングとサスペンションを混同した誤用。
  2. ^ ホンダ・S-MXの「LOWDOWN」のように、最初から車高が落とされた車両も存在した。
  3. ^ 類似例はノンステップバスの車高調整スイッチである。

出典[編集]

関連項目[編集]