全国FM連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

全国FM連合(ぜんこくエフエムれんごう)は、日本民間放送連盟に加盟するFMラジオ局全52社が加盟するラジオネットワークであり、親睦団体でもある。

歴史[編集]

日本の民放FM局は、エフエム東京が中心となった「全国FM放送協議会」(略称:JFN)、J-WAVEが中心となった「JAPAN FM LEAGUE」(略称:JFL)、外国語FM局のネットワーク「MegaNet」、それに独立系のFM局が、それぞれ独自の活動を行ってきた。

しかし、2000年代におけるメディア業界を巡る激変の影響により、各社の経営は悪化。経営体力のない社が破綻に追い込まれる事態も起きた。

2003年9月24日、当時53社あった民放FMのすべての局の社長がTOKYO FMホールに集い、「全国FM連合」を結成、FMケータイの発売開始を前に「Now on Air」(今放送している楽曲の、曲名やアーティスト名)を全53局が同じシステムを使って配信し、FM放送と通信を融合したサービスを展開することによる媒体力の強化を宣言した。これがスタートであり、日本民間放送連盟や加盟ラジオ局101社(当時、主にAM放送局)が集う「民放連ラジオ委員会」からは独立した、民放FM局独自の運動体であった。

その後2007年3月末まで、全局を挙げた告知キャンペーンや、屋外ビジョン展開、全国のタワーレコード店舗とのコラボレーションなどを精力的に行い、FMチューナーを搭載した携帯電話は投入する携帯通信会社も3社に増え、機種も続々増えていった。それと並行して求心力が衰え、運動は失速した。2007年9月頃になると、「全国FM連合」の活動は、「Meet the Music LIVE!」構想が浮上する2007年12月まで、休眠状態となった。

ラジオのネットワークとしてはそれぞれの系列があるため、正確には「ネットワークの連合体」かオリンピック中継における「ジャパンコンソーシアム」の様な形態でもある。しかし、2008年に再び活動が活性化し、サザンオールスターズ(サザン)のリーダー・桑田佳祐や、2008年から12年まで活動を休止していたサザンのコンサートを中継するなど、実績を上げつつある。また、大手通信会社KDDIと協力関係を結び、相互技術協力やコンテンツのマルチメディア展開を行っている。

結成意図
  • auFMラジオ付携帯電話の普及、及びFMラジオ付携帯電話でのFMラジオ聴取率向上
  • FMラジオ局全体の団結と活性化
活動実績
幹事局は全てエフエム東京。ナビゲーターは小林克也
  1. 2008年3月23日 19:00-20:00(生放送)、5月5日25:00-27:00(録音完全版) - 桑田佳祐 アコースティックライブ in 石垣島
  2. 2008年8月30日 25:00-27:00(8月24日収録、横浜市・横浜国際総合競技場) - サザンオールスターズ『真夏の大感謝祭』30周年記念LIVE
  3. 2009年3月22日 19:00-20:00(和歌山ビッグホエール、生放送) - コブクロ・ファンフェスタ 2009
  4. 2009年9月19日 25:00-27:00 - 忌野清志郎Rock'n roll Radio show
  5. 2010年3月21日 19:00-20:00(ビルボードライブ東京、生放送) - レミオロメン
  6. 2011年3月20日 19:00-20:00(沖縄ナムラホール、生放送) - Superfly(9日前の11日に東日本大震災が起き開催出来る状況ではなくなったため中止)
  7. 2012年3月18日19:00-20:00(宮城県、生放送) - 福山雅治(当時、放送時間にJ-WAVEを配信しているコミュニティ放送局も同時ネット)

2012年で終了(以後開催されていない)。

加盟局[編集]

エリア 通称
(愛称または略称)
社名 系列 備考
北海道 AIR-G' エフエム北海道
NORTH WAVE エフエム・ノースウェーブ
青森県 AFB エフエム青森
岩手県 FM岩手 エフエム岩手
宮城県 Date fm エフエム仙台
秋田県 AFM エフエム秋田
山形県 Rhythm Station エフエム山形 2010年3月31日までの愛称はBoy-FM
福島県 ふくしまFM エフエム福島
栃木県 RADIO BERRY エフエム栃木
群馬県 FMぐんま エフエム群馬
埼玉県 NACK5 エフエムナックファイブ 2001年6月までの社名はエフエム埼玉
千葉県 bayfm ベイエフエム 2004年9月までの社名はエフエムサウンド千葉
東京都 TOKYO FM エフエム東京
J-WAVE 2003年9月30日までの社名はエフエムジャパン
InterFM897 InterFM 2014年3月31日までの社名はエフエムインターウェーブ。2015年9月30日までの愛称はInterFM
神奈川県 Fm yokohama 横浜エフエム放送
新潟県 FM-NIIGATA エフエムラジオ新潟
FM PORT 新潟県民エフエム放送 ▲→★
富山県 FMとやま 富山エフエム放送
石川県 HELLO FIVE エフエム石川
福井県 FM福井 福井エフエム放送
山梨県 FM-FUJI エフエム富士 ●→★(1992年脱退)
長野県 FM長野 長野エフエム放送
岐阜県 FM GIFU エフエム岐阜 2014年2月28日までは岐阜エフエム放送が運営。事業譲渡のため法人としては別個。2014年12月31日までの愛称はRadio 80
静岡県 K-MIX 静岡エフエム放送
愛知県 @FM エフエム愛知 2015年3月31日までの愛称はFM AICHI
ZIP-FM 2004年9月30日までの社名はエフエム名古屋
RADIO-i 愛知国際放送 2010年9月30日限りで閉局、自動退会
三重県 レディオキューブ FM三重 三重エフエム放送
滋賀県 e-radio エフエム滋賀
京都府 α-STATION エフエム京都
大阪府 FM OH! エフエム大阪 2008年3月31日までの愛称はfm osaka、2017年3月31日までの愛称はFM OSAKA
FM802
FM COCOLO FM802 2012年3月31日までは関西インターメディアが運営。事業譲渡のため法人としては別個
兵庫県 Kiss FM KOBE 兵庫エフエム放送 ★→●(2010年11月から) 2010年11月4日に新法人として(自動的に)加盟
Kiss-FM KOBE ★→●→★[1] 2003年6月30日までの社名は兵庫エフエムラジオ放送。加盟/脱退の経緯については当該項目を参照のこと
鳥取県島根県 V-air エフエム山陰 親局:松江市
岡山県 FM岡山 岡山エフエム放送
広島県 HFM 広島エフエム放送
山口県 FMY エフエム山口
徳島県 FMとくしま エフエム徳島
香川県 FM香川 エフエム香川
愛媛県 JOEU-FM エフエム愛媛
高知県 Hi-Six エフエム高知
福岡県 FM FUKUOKA エフエム福岡
CROSS FM 2008年6月30日までは株式会社エフエム九州が運営。事業譲渡のため法人としては別個
LOVE FM ラブエフエム国際放送 2010年12月31日までは株式会社九州国際エフエムが運営。事業譲渡のため法人としては別個
2011年6月30日までの社名は天神エフエム
佐賀県 FMS エフエム佐賀
長崎県 fm nagasaki エフエム長崎 2007年3月31日までの愛称はSmile-FM
熊本県 FMK エフエム熊本 2005年3月31日までの社名はエフエム中九州
大分県 Air-Radio FM88 エフエム大分 ★→●(1991年10月加盟)
宮崎県 JOY FM エフエム宮崎
鹿児島県 μFM エフエム鹿児島
沖縄県 FM沖縄 エフエム沖縄

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JFN加盟期間は2003年4月 - 2010年4月。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]