大阪ラプソディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大阪ラプソディー
海原千里・万里シングル
B面 天満エレジー
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル ビクターレコード
作詞・作曲 山上路夫猪俣公章
チャート最高順位
  • 週間24位(オリコン
  • 1976年度年間95位(オリコン)
テンプレートを表示

大阪ラプソディー」(おおさかラプソディー)は、1976年2月25日にリリースされた漫才コンビ・海原千里・万里シングル曲である。

概要[編集]

表題曲は、大阪の街の見どころに触れつつ、恋人同士の心情をも描いた作品である。曲中には大阪の名所がいくつも織り込まれている。このシングルは40万枚[1]程の売り上げがあった。

オリコン週間シングルチャートでは最高24位。これは、女性のお笑いタレントが単独で発売したシングルとしては、2012年に渡辺直美(白鳥美麗名義)の「ピカル 恋がしたい」が同チャートで10位を記録するまで、オリコン史上最高位の記録であった[2]

歌のメインパートは、海原千里が歌い、サブは万里が歌っている。

千里・万里は1977年に解散したが、その後千里は上沼恵美子として芸能界に復帰しており、主婦となった姉万里とともに本曲を披露する機会も多い。また毎年年末に放送されているNHK『わが心の大阪メロディー[3]ではリクエストの多い楽曲のひとつとなっており、番組のトリに披露される機会も多い。

収録曲[編集]

  1. 大阪ラプソディー
  2. 天満エレジー
    • 作詞:山上路夫、作曲:猪俣公章、編曲:藤田はじめ

カバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 産経新聞』1994年12月12日付東京夕刊
  2. ^ 【オリコン】渡辺直美、歌手デビュー作10位 女性お笑い初のTOP10、ORICON NEWS、2012年3月27日 04:00。
  3. ^ 上沼は2001~2013年・2019年以降に司会を担当。

関連項目[編集]