黒木姉妹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黒木姉妹
出生名 黒木 美歌(姉)・黒木 千春(妹)
出身地 宮崎県西都市
ジャンル 演歌
職業 歌手
活動期間 2010年 -
レーベル 徳間ジャパンコミュニケーションズ
事務所 美カルチャージャパン株式会社
公式サイト 黒木姉妹公式サイト

黒木姉妹(くろきしまい)は、民謡日本一の姉・美歌(みか・1983年8月6日)と、ミス宮崎の妹・千春(ちはる・1985年3月1日)の異色の姉妹デュオ。 歌もビジュアルも本格派の、ポップ演歌界を盛り上げる演歌歌手である。宮崎県西都市出身[1]所属事務所は美カルチャージャパン[2]、レコード会社は徳間ジャパンコミュニケーションズ[3]


来歴[編集]

  • 幼い頃から民謡を習い、姉の美歌は中学2年生のときに民謡日本一となる。妹の千春は、2006年「みやざき花の女王」(ミス宮崎)に選ばれる。
  • 2010年(平成22年)1月27日、「泣かんとよ」(作詞:滝川夏、作曲:加藤将貫、編曲:桜庭伸幸)で徳間ジャパンコミュニケーションズから待望のデビュー。全国各地でキャンペーン実施。
    • 同年2月、故郷の西都市でデビューを着飾る「ふる里コンサートvol.1」(会場:西都市民会館)を果たす。「西都市ふるさと大使」に任命。
    • 同年8月、黒木姉妹サポーターズクラブを発足。
  • 2011年(平成23年)1月、2ndシングル「恋していいですか」(作詞:鮎川めぐみ、作曲:加藤将貫、編曲:伊戸のりお)を引っさげて、故郷・宮崎県での「ふる里コンサートVol.2」を盛り上げた。
    • 関西歌謡大賞の課題曲にもノミネートされるなど、関西のファンを数多くつかんだ[4]
  • 2012年(平成24年)3月7日、3rdシングル「夢花火」発売。カップリング曲はスカイツリーも登場する「東京下町恋物語」。
    • 人生の応援歌というこの曲は、2人にとっても応援歌であるようだ。3月7日に発売した後、東京、中部、関西と精力的にキャンペーンで走り回った[4]
    • 応援歌「夢花火」は、東日本大震災の被災地の人たちへ向けての応援歌でもある。きらびやかな今回の衣装は、デザインは彼女たちのスタイリストによるものだが、縫製は宮城県の被災地の人たちが担当した。着物地で手縫いしたものだ[4]
    • カップリング曲は「昭和のにおいがする、ほのぼのとした曲調。桜の季節にピッタリ」な曲で、歌詞には下町のシンボルとも言われる東京スカイツリーが登場する[4]
  • 2013年(平成25年)6月5日、4thシングル「博多のおんな」発売。
    • 宮崎出身の黒木姉妹ならではの“九州おんなの心意気”を歌った純愛演歌[5]。縁の下の力持ち”と言われる九州女のイメージ通り、男をそっと支え何があろうとついていくという、一途な女心を歌っている。カップリング曲は「ソーラン海峡」。夢を叶えるまでは故郷に帰らない、と都会で生きていく女の意地を歌う感動曲。
  • 2014年(平成26年) デビュー5周年を迎える。6月4日に、5thシングル「東京・難破船」c/w「ふるさとは日向(ひむか)」(民謡入り)発売。
    • 同年11月には、黒木姉妹ファーストアルバム「~姉妹の夢歌つづり~」を発売。ザ・ピーナッツや昭和を代表する姉妹デュオのカバー曲など(全12曲入り)を収録。
    • 「みやざき大使」に任命される。
  • 2015年(平成27年)
    • NHK「新BS日本のうた」(テレビ出演)にて、熊本県民謡「おてもやん」を姉妹で披露した。
    • お台場ヴィーナスフォートにてステージ出演。
    • 10月、故郷である宮崎県にて、みやざき大使・黒木姉妹プレゼンツ「宮崎を元気に!ゆたかな歌で!コンサート」を開催し、山川豊大江裕と共に宮崎県にエールを贈った。
    • 「みやざき花のPR大使」に任命される[6][7]
  • 2016年(平成27年)
    • NHK「新・BS日本のうた」(テレビ出演)にて、ザ・ピーナッツ「浮気なあいつ」を歌唱[8][9]
    • 憧れの演歌歌手「水谷千重子」のステージに、故郷・宮崎県西都市にてゲスト出演した。
  • 黒木姉妹のスケジュールなど主な情報は、黒木姉妹オフィシャルブログ「九州女ですが‥何か?」[10]で公開されている。

人物[編集]

  • 黒木姉妹(姉:美歌 妹:千春)は、宮崎県西都市出身、年子の本物の姉妹で、4歳と3歳の頃から日本舞踊を習い始める。
  • 姉(美歌)が小学校4年生、妹(千春)が3年生の頃、歌手を目指す原点となる民謡と出会う。
  • 二人が小・中学生の頃は、日本舞踊、民謡、ピアノ、書道など、一週間、習い事で埋まっていたという[11]
  • 母親の決まり台詞は「芸は身を助ける」[11]
  • 中学校の部活動は、姉(美歌)はテニス部のキャプテン、妹(千春)はバスケット部の副キャプテンを務めていた。
  • 歌好きな父親と、宝塚を目指していた母親の影響で、幼い頃から歌うことが大好きで場所問わず歌っていた。
  • 近所で工事があると工事現場の職人らの前で、母親から教えてもらったキャンディーズ「年下の男の子」を踊りながら歌っていたらしい。
  • 地域で開催されるお祭りのステージでもよく歌っていた。
  • 母親が二人を民謡教室に連れていった[11]ことがきっかけで、師匠となる井上司(現)市議会議員と出会う。
  • 民謡を習い始め、先に妹(千春)が県で上位に入賞、少年少女民謡九州大会に出場して3位に輝く[1]。その悔しさに、姉(美歌)の負けん気と歌心に火がつき、次々と県大会で優勝、九州大会優勝、全国大会優勝、そして当時最年少で民謡三冠王に輝く。NHK「のど自慢大会」にも出場し優勝、グランプリチャンピオン大会にまで出場する[1]。後に、姉(美歌)は「私は、なにくそ根性でここまできた。」と話している。
  • 中学生後半から妹(千春)は地元の劇団に入り、その年に上演された「オズの魔法使い」でドロシー役を演じる。同劇団員から「進学するなら演劇で有名な学校に行ってみると良い」と紹介され、当時、県では演劇で1・2位を争う高校に入学、演劇部に所属、県で優勝し九州大会に出場。
  • 高校時代、姉(美歌)は民謡に熱中、妹(千春)はモデル活動を開始する。妹(千春)は、MRT(宮崎放送)深夜番組「ゲット!」やTVCM、ファッションショー等に出演。
  • 姉(美歌)は高校卒業後、音楽業界からスカウトされ、卒業式の翌日に上京し、修行を積む。両親が送迎会をホテルで開催し、100名を超える地元の人が来場した。
  • 妹(千春)は高校卒業後、宮崎市の芸能事務所(海汐プロダクション)に所属し、雑誌モデル、ファッションショーに出演。
  • 2006年 妹(千春)は、憧れの「みやざき花の女王」に抜擢される[7][1]。その一方、タレントとしてテレビ・雑誌等にも出演。
  • 2007年 妹(千春)は、「人生、一度きりだから後悔したくない」と女優を志し上京を決める。2人目の娘が旅立つ日、母親は涙で見送った。
  • 妹(千春)は上京後、数々のTVドラマや映画に出演[7]。相武紗季が所属する芸能プロダクションボックスコーポレーションのレッスンに通い演技を学んでいる最中に、姉(美歌)の繋がりで音楽関係者と出会う。その音楽関係者から「今の音楽界に異色の姉妹デュオがいないから2人で歌をうたってみないか」と話をもらい、黒木姉妹が誕生する。
  • 姉・美歌の突き抜けるような声と、妹・千春の柔らかいハスキーボイス。対照的なようでいて息はぴったりの二人[12]、と話題を呼んだ。
  • 2012年6月6日 芸能事務所「美カルチャージャパン(MCJ)」設立。代表取締役は、姉(美歌)である黒木美佳。
  • 2013年12月 念願の東京タワーでステージを披露した(ラジオ日本「夏木ゆたかのホッと歌謡曲」にて)。
  • 2014年6月4日 新曲「東京・難破船」発売! カップリング「ふるさとは日向(ひむか)」では民謡を一節歌っている。
  • 2014年 「みやざき大使」就任。ラジオ日本(7・8・9月)でレギュラー番組を務めた。
  • 2015年 NHK「新BS日本のうた」(テレビ出演)にて、熊本県民謡「おてもやん」を姉妹で披露。
  • みやざき大使・黒木姉妹プレゼンツ『宮崎を元気に!ゆたかな歌で!コンサート』を開催し、山川豊大江裕と共に宮崎にエールを贈った。
  • 「みやざき花のPR大使」任命[6]
  • 妹(千春)が女優業を再開。舞台『頑張れけんせつ小町~おはようございます~』の出演を皮切りに活動の幅を広げる[7]
  • 2016年 NHK「新・BS日本のうた」(テレビ出演)にて、ザ・ピーナッツの「浮気なあいつ」を歌唱。
  • 憧れの演歌歌手「水谷千重子」のステージに故郷・宮崎県西都市にてゲスト出演。

ディスコグラフィ[編集]

  • 泣かんとよ(2010年1月27日) - c/w花太鼓
  • 恋していいですか(2011年1月26日) -c/w燃えちゃろか
  • 夢花火 (2012年3月7日) ‐c/w東京下町恋物語
  • 博多のおんな(2013年6月5日)−c/wソーラン海峡
  • 東京・難破船(2014年6月4日)−c/wふるさとは日向(ひむか)
  • 黒木姉妹ファーストアルバム~姉妹の夢歌つづり~全12曲収録(2014年11月5日)

活動略歴[編集]

2010年1月
2010年2月
  • 「新井薬師」節分祭に参加
  • 宮崎放送ラジオ「バリッと朝!」出演
  • 宮崎放送テレビ「アッパレ!miyazaki」出演
  • 宮崎サンシャインFM出演
  • ふる里コンサートVol.1 IN 西都市民会館
  • 西都市ふるさと大使任命
  • 南日本放送ラジオ「城山スズメ」出演
  • 「カラオケファン」グラビアページ掲載
  • 長崎放送ラジオ出演
  • 第24回日刊競艇3賞出演
  • ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」
2010年3月
  • スカパー「歌謡演歌密着!でかけましょ」出演
  • KRY山口放送ラジオ「奥様なんでも大学」出演
  • NHKテレビ「歌謡コンサート」出演
  • KBS京都ラジオ「ただ今勤務中!森谷威夫のお世話になります」出演
  • OBCラジオ「ほんまもん原田年晴です」出演
  • NHKテレビ「歌謡コンサート」出演
2010年4月
  • 戸田ボートで競艇場初出演
  • NHKラジオ「日曜バラエティー」出演
  • 当時宮崎県知事(東国原英夫)を訪問
  • 千葉テレビ放送「トライアルII」出演
  • 「クラウン&徳間ジャパン演歌フェスティバル」
  • 第15回「輝け!歌の祭典」出演
2010年5月
2010年6月
  • KBCラジオ「第13回博多演歌まつり」出演
  • 日刊スポーツ「ツールドジャパン IN 三宅島」出演
  • ラジオ日本「えんかeジャン」出演
  • NHKテレビ「歌謡コンサート」出演
  • NHK「BS日本のうた」出演
2010年7月
  • 新橋演歌ライブ出演
  • 博多祇園山笠祭り出演
  • 口蹄疫チャリティーライブ出演
  • TBSラジオ「サカスタ」出演
2010年8月
2010年9月
  • HBCラジオ「カーナビラジオ午後一番」出演
  • HBC旭川、清里町ふるさと産業祭り出演
  • HBCラジオ「ラジオ一番」出演
  • 第2弾シングルレコーディング開始
  • TOKYO FM「川崎浩の歌謡ルネサンス」出演
  • NHKラジオ「歌の散歩道」出演
  • 向島警察署「交通安全のつどい」出演
  • HBC帯広柏林公園まつり歌謡ショー出演
  • 宮崎県新富町「食と音楽 芸能の祭典」出演
  • 山口県キャンペーン
2010年10月
  • 川崎ちくさんフードフェア出演
  • 宮崎県人会パーティ出演
  • 九州観光物産フェア2010出演
  • ラジオ日本「夏木ゆたかのホッと歌謡曲」出演
  • 第6回大江戸うた祭り出演
  • 大分放送ラジオ電話出演
  • TAMAガールズコレクション出演
  • 演歌大行進2010出演
  • 日本歌手協会第37回歌謡祭出演
  • 銀座山野楽器「ぎんざ演歌まつり」出演
  • 延岡高校同窓会パーティー出演
  • 宮崎県産業祭り出演
2010年11月
  • 日刊スポーツ主催「ツールドジャパン IN 四日市」出演
  • 新曲振付レッスンスタート
  • HBC「はこだて歌の祭典」出演
  • 日刊スポーツ主催「ツールドジャパン IN 西湖」出演
  • 新曲ジャケット撮影
  • 新曲プロモーションビデオ撮影
  • KBCラジオ「サンデーおすぎ」出演
2010年12月
  • テレビ埼玉「ときめき歌謡曲」収録
  • ラジオ日本「水田竜子の歌って素晴らしい」収録
2011年
  • 2ndシングル「恋していいですか」発売
  • 歌詞の舞台は大阪・神戸・京都
  • 関西歌謡大賞の課題曲に選ばれゲスト出演
2012年
  • 3rdシングル「夢花火」発売
  • 人生の応援歌
  • 神宮外苑花火大会に出演
  • 東京都世田谷区(三軒茶屋)に、姉(美歌)がオーナーを務めるMusic Lounge「Sisters」をOPEN
    • 多種の業界人が集う店ということもあり、一見さんお断りの会員制Bar
2013年
  • NHK「BS 日本のうた」「歌謡コンサート」出演
  • NHKラジオ「日曜バラエティー」出演
  • ラジオ日本「夏木ゆたかのホッと歌謡曲」出演
  • ラジオ日本「えんか侍」6・7月(木曜日)レギュラー出演
  • MRT 宮崎放送 6月度パワープレイ「音楽魂」に決定
  • BOAT RACE
  • 第40回SG笹川賞福運大使任命
  • 元ボートレーサー(飯田加一)作詞作曲「SIGNAL」を歌唱
  • ラジオ日本「夏木ゆかたのホッと歌謡曲」「熱唱!東京タワー歌謡劇場」
  • 東京タワー大展望台・クラブ333から公開生放送! 生出演
2014年
  • MRT宮崎放送ネッツトヨタ宮崎プレゼンツ
  • 新型VOXY to 超☆ドッキングラジオ生出演
  • 「東京・難破船」c/w「ふるさとは日向(ひむか)」民謡一節入り 発売(2014年6月5日発売)
  • 黒木姉妹ファーストアルバム~姉妹の夢歌つづり~全12曲収録(2014年11月5日発売)
  • みやざき大使 就任
  • 「5周年&新曲発売ライブ」(東京 恵比寿)にて開催
  • 「5周年&新曲発売コンサート」(地元 宮崎)にて開催
  • ラジオ日本(7・8・9月)レギュラー出演
  • 「水森英夫のチップイン歌謡曲」8月アシスタント
  • NHKラジオ「日曜バラエティー」出演
  • ABC朝日放送「ザッツ・エンカ・テインメント~ちょっと唄っていいかしら?~」(エンカメ)出演
  • ホテルモナーク鳥取にて2日間のディナーショー開催
  • 「うなま地蔵まつり歌謡ショー」(宮崎)出演
  • HBCラジオ「アポイの火まつり歌謡ショー」(北海道)出演
  • HBCラジオ「岩内仙峡 もみじ祭り」(北海道)出演
  • 「ひのかげ渓谷まつり」(宮崎)出演
  • 宮崎県商工会連合会 消費税転嫁対策ポスター イメージガール
  • JAL(日本航空)国内線・国際線(11月)「恋していいですか」オーディオ選曲
  • 12月 神戸にて黒木姉妹ディナーショー開催
2015年
  • NHK新BS日本のうた(テレビ出演)、熊本県民謡「おてもやん」を姉妹で披露
  • みやざき大使 黒木姉妹プレゼンツ『宮崎を元気に!ゆたかな歌で!コンサート』開催
2016年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d プロフィール”. 2016年6月22日閲覧。 - 黒木姉妹公式サイト]
  2. ^ 所属タレント”. 2015年5月7日閲覧。 - 美カルチャージャパン株式会社]
  3. ^ 黒木姉妹”. 2010年1月27日閲覧。 - 徳間ジャパンコミュニケーションズ]
  4. ^ a b c d 黒木姉妹(徳間ジャパンコミュニケーションズ) 新曲「夢花火」で大きな花火を打上げたい あすから大阪、神戸では初の単独ライブ [インタビュー]”. 2012年3月23日閲覧。 - Music news jp]
  5. ^ 博多のおんな/ソーラン海峡/黒木姉妹 新曲配信中! 試聴無料”. 2013年6月6日閲覧。 - 演歌・歌謡曲の専門サイト『携帯で演歌』]
  6. ^ a b ☆みやざき花のPR大使☆”. 2015年6月19日閲覧。 - 黒木姉妹オフィシャルブログ「九州女ですが‥何か?」]
  7. ^ a b c d PROFILE”. 2016年6月22日閲覧。 - 黒木千春オフィシャルサイト]
  8. ^ ♡新・BS日本のうた♡”. 2016年2月14日閲覧。 - 黒木姉妹オフィシャルブログ「九州女ですが‥何か?」]
  9. ^ 新・BS日本のうた 宮崎県宮崎市 [BSプレミアム]”. 2016年2月20日閲覧。 - NHK ONLINE マイ番組表]
  10. ^ 黒木姉妹オフィシャルブログ「九州女ですが‥何か?」
  11. ^ a b c 【Charge】Artist interview ~黒木姉妹~”. 2010年3月23日閲覧。 - 宮崎の女性をサポートする応援メディア「Charge」]
  12. ^ ヘアスタイル”. 2012年3月28日閲覧。 - ほんまもんの日記

外部リンク[編集]