西田あい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西田 あい
出生名 田中 愛 (たなか あい)
生誕 (1988-07-14) 1988年7月14日(29歳)
出身地 日本の旗 日本
鹿児島県の旗 鹿児島県姶良市
学歴 鹿児島城西高等学校
鹿児島レディスカレッジ
ジャンル 歌謡曲
職業 歌手
活動期間 2010年 -
レーベル 日本クラウン
事務所 GPR
共同作業者 平尾昌晃プロデュース
公式サイト http://www.ai-official.jp/

西田 あい(にしだ あい、1988年7月14日 - )は、日本女性歌手鹿児島県姶良市(あいらし)出身[1][2]。 所属事務所は芸能事務所GPRレコードレーベルは「クラウンレコード」で販売と流通は「株式会社クラウン徳間ミュージック販売」が担当している。

略歴[編集]

小学生ぐらいの頃から人前で何かをするのが好きで、当時、人気のあったモーニング娘に漠然と憧れる日々を送る。特に歌やダンスレッスンを受けるようなこともなかった。 その後、英会話を習っていたということもあり、客室乗務員になるための勉強を重ねていくが、語学留学中に日本語で歌(宇多田ヒカルの「First Love」、中島美嘉の「雪の華」)を披露したことがきっかけとなり、次第に子どもの頃から憧れていた芸能界への想いを強くする[3]。そして、留学修了を待たずして帰国、鹿児島城西高等学校3年に編入すると共に、その年である2006年に平尾昌晃ミュージックスクール鹿児島校に入門、ボイストレーニングを始めるとともに歌手になることへの意思を固める。

歌のレッスンは本人の音楽志向でポップス中心に受けていたが、声質や持っている雰囲気から、「君の声は歌謡曲向きだ」と平尾昌晃らに言われ、歌謡曲を勉強し始める。そして、初めて山口百恵の『プレイバックPart2』を聴き、歌謡曲は演歌を中心とした「和」というイメージしか頭になかったものが、必ずしもそうではないということを知り衝撃を受ける。それから数々の昭和歌謡を勉強して、自ら歌謡曲をやりたいと思うほど、その世界に魅了されていった。

ミュージックスクールでのレッスンに励む中、地元の高校を卒業。その後、専門学校でも学んでいたが、在学中の2008年8月に開催された平尾昌晃ミュージックスクール・サマーオーデションでレコード会社のディレクターの目にとまり、その年の12月にスカウトされる。それを機に2009年春に上京、約1年余りに及ぶボイストレーニングと、様々なジャンルの歌や曲の勉強を重ねる。

そして、2010年7月7日、平尾昌晃プロデュースのもと日本クラウンよりシングル「ゆれて遠花火」 でデビュー。豊かな表情と女性らしい仕草が持ち味であり、今やインターネット上でも笑顔が魅力的な美人歌謡曲歌手として話題となっている。また、コンサートなどではユーモアたっぷりの巧みな話術で観客を魅了し、20代でありながらも舞台こなしは堂に入っているとの評価が高い[4][5]

同じように平尾昌晃からプロデュースを受けた三味線姉妹ユニットの「葵と楓」とは、デビュー当時からステージを共にしたり、レコーディング時にバックコーラスに迎えたりと姉妹のように仲がいい。[6][7][8][9][10] 。

人物[編集]

観光大使・ふるさと大使[編集]

応援サポーター[編集]

年表[編集]

2010年
  • 7月7日、「東京ドームラクーアガーデンステージ」にてデビューイベント開催[34]。キャッチフレーズは「〜あいにいきたい・・・西田あい〜」[35]
  • 9月25日、鹿児島県姶良市誕生祝賀会に出席・出演。姶良市のふるさと大使に任命される[36]

2011年[編集]

  • 4月、平成23年度KMP(九州・沖縄音楽プロデューサー会議)推薦歌手として選出され、KMPに加盟するAMラジオ8局にて4000回以上の楽曲OA、数々の番組やイベント出演が約束される[37]
  • 4月、『ときめき歌謡曲』(テレビ埼玉)の5代目アシスタントとなりMC(4月から6月までの3ヶ月間)を務める。
  • 4月、『うたなび!』(音楽番組・TOKYO MX他)の準レギュラー(4月から9月までの半年間)となり、「きばって!TRY」という西田あいが体当たりで挑戦するコーナーを月1回担当した。
  • 5月11日、2nd シングル『ときめきカフェテラス/愛はまにあいますか』をリリース。
  • 6月4日、故郷の鹿児島県姶良市で、初めてのソロコンサート「西田あいコンサート」を姶良市文化会館加音ホールにて行う。
  • 7月9日、千葉県銚子市の方々から「西田あい」と名前入りの大漁旗を贈られる[38]
  • 7月29日、千葉県銚子市の観光大使に任命される[注 1]
  • 8月1日、鹿児島県鹿児島市の介護老人福祉施設「喜入の里」にて慰問コンサートを行う[40]

2012年[編集]

  • 2月8日、3rdシングル『 恋 / 歌は恋人 』をリリース。『恋』は布施明が1967年(昭和42年)3月1日に8枚目のシングルとして発表した平尾昌晃作曲の作品である。布施明はこの曲でその年のNHK紅白歌合戦に初出場している。今回、西田あいが約45年ぶりにカバーした。
  • 2月24日、「西田あいチャリティーコンサート ~あいが歌う‘恋’~ 」を茨城県神栖市にある神栖市文化センターにて開催。収益金の一部を東日本大震災で被災した神栖市に寄付をした。
  • 3月1日、東京都北区にある王子消防署の一日消防署長任命にされ、『春の火災予防運動』のキャンペーンに参加する[41]
  • 4月8日、千葉県銚子市『一日交通安全大使』に任命され、銚子警察署一日警察署長として春の『全国交通安全運動』のイベントに参加し交通安全PR活動を行う[42]
  • 7月1日、「西田あい×SATOKENのあいがカツ!」(bayfm、毎週日曜日20:30-20:57)というレギュラー出演のラジオ番組がスタート[43]
  • 9月21日~23日、『夜回り先生~いいんだよ昨日までのことは』という舞台にて、お芝居に初挑戦する[44]。主な共演者は、石橋正次西崎緑、会場は板橋区立文化会館 大ホール(東京都)。

2013年[編集]

  • 4月から歌謡曲歌手としては異例のbayfmパーソナリティに抜擢、持ち前の明るいキャラクターとふるさと訛りの軽快トークで伊津野亮と共に毎週木曜日3時間生放送を担当。
  • 9月20日、千葉県市川市行徳警察署の一日警察署長に任命され、地区内を巡回したり啓発キャンペーンに参加するなど、秋の交通安全運動で交通事故防止等のPRを行う[45]
  • 10月から半年間、文化放送『西田あいのおしゃべり♥あいランドBAR』という番組でパーソナリティを担当[46]

2014年[編集]

  • 3月1日、「西田あいコンサート2014」と題したライヴステージを茨城県神栖市文化センター 大ホールにて行う。オリジナル曲に加えて、歌謡曲のカバー・ハワイアンオールディーズビートルズナンバーなどを披露。さらに、フラダンスコーナーではハワイアンドレスを身に纏い地元のフラチームと共演、特設スクリーンを使っての演出などもあり、歌とトークに交えてピアニカ演奏を披露するなど、見る者を飽きさせない全20曲1時間50分の見事なステージングは満席(約1000席)の観客を魅了した[47][48]
  • 5月1日、西田あい無料ファンクラブ「TEAM AI」設立。
  • 10月から半年間、BSジャパン徳光和夫の名曲にっぽん 昭和歌謡人』で徳光和夫のアシスタントを経験。
  • 11月5日、5枚目のシングル「雨おんな」をリリース[49]。オリコン演歌・歌謡曲チャートデイリーランキング1位、初週ウイークリーランキングでも3位を獲得。総合ウイークリーランキングでも41位で[50]自己最高となった。

2015年[編集]

  • 2月4日、千葉県東庄町の観光大使「東庄町アイベリーいちご大使」に就任[51][52]
  • 2月20日、「雨おんな」がCS放送歌謡ポップスチャンネル』で 2015年3月『今月のイチ押し曲』に決まる[53]
  • 6月20日、FILT WEBにて、コラム連載開始。「愛され上手」というテーマで、毎月20日更新される[53]
  • 6月20日、初めて本格的なバラエティ番組有吉反省会』(日本テレビ)に出演。6月27日には、禊としてニシキヘビを身体の上に置いて撮影などを行うシーンなどが放映された。
  • 7月11日、デビュー5周年を迎えて出身地の鹿児島県姶良市で「西田あいコンサート 5th Anniversary in 鹿児島」を行う。6枚目のシングル「涙割り」(9月30日リリース)を初披露[54]
  • 7月18日、「西田あい歌謡コレクション 〜5周年記念ライブ〜」 をミュージックレストラン・ラドンナ原宿にて行う。新曲を含めたオリジナル曲・未発表のカバー曲などを昼夜2回に分け生バンド演奏(キーボード、サックス、ギター、ドラム、ベース)で披露。ファンのリクエストに応じた昭和歌謡の名曲を歌唱したほか、付け髭と黒のシルクハット姿のユーモラスな男装で「恋の季節」「勝手にしやがれ」を歌い上げたり、英語力を活かして「ラブミーテンダー」「LOVER COME BACK TO ME(恋人よ我に帰れ)」といったポピュラー・ソングスタンダード・ナンバージャズ・ナンバーにも挑戦した。[55][56]
  • 8月8日、富山県高岡警察署の一日警察署長に任命され、イベントで招かれた「岩坪納涼祭」の会場で防犯キャンペーンに参加する[57]
  • 9月17日、鹿児島県姶良市の姶良市文化会館 加音ホールにて『新・BS日本のうた』の公開収録があり、新曲「涙割り」を披露。また、吉幾三と共に司会進行役を務める(放送日は10月4日)。
  • 9月19日、「ボートレースとこなめ応援サポーター」に就任[58]。2016年3月まで歌謡ショーなどで盛り上げていく。
  • 9月29日、ラジオレギュラー番組『西田あいのおしゃべり♥あいランドBAR』第3シーズンがスタート、文化放送をキー局に3つのネット局で放送。
  • 9月30日、6枚目の5周年記念シングル「涙割り」(カップリング曲「ひとりにさせないで」)をリリース。初週の総合ウイークリーランキングで36位となり自己最高位を更新した[注 2][59]
  • 10月17日、千葉県千葉市の美浜文化ホールにおいて、「涙割り」発売記念コンサートを行う。お笑い芸人アナログタロウがゲストとして招かれ、ユニークな曲紹介が和やかなムードづくりに一役買った[60]
  • 12月2日、カバーアルバム「 あいの唄 〜Love Songs〜 」をリリース。デビュー5周年を記念したファーストアルバム。なお、ボーナス・トラックとして、オリジナル曲の「最後の頁 〜Last Page〜」が収録されている(2016年10月19日に、「最後の頁」の曲名でシングルとして発売。また、2017年6月28日には、表題曲をはじめとして、ボーナストラック曲「薩摩めぐり」を含めた4曲入り(+各曲のカラオケ)のシングル「最後の頁 特別盤」としても発売されている)。

2016年[編集]

  • 1月20日、『姶良ふるさと大使委嘱状交付式 & あいら有機野菜イメージキャラクターお披露目式』にて「姶良ふるさと大使」を新たに5年間任命される[61][62]
  • 1月29日、「早春のアイベリーいちご狩りバスツアー」でツアーガイド兼バスガールを務め、千葉県東庄町のいちご園でのアイベリーのいちご狩りを中心にミニライブやSLの出発式に出席するなどファンとの日帰り旅行を楽しんだ[63][64]
  • 2月9日、The BAY☆LINEbayfm火曜レギュラーの春原佑紀のピンチヒッターとして有村昆と共にDJを務める[65]
  • 2月14日、東京南青山のLa Valse(ラヴァルス)にて「プレミアム トーク & ライブ」を行う。昭和歌謡曲から普段歌うことのない名曲カバーチャレンジしたり、これまで語られることのなかったエピソードなども披露した。
  • 4月15日、地元鹿児島県の姶良市消防本部の中央消防署で一日消防署長に任命され、消防訓練や予防査察また地元のショッピングセンターのイオンタウン姶良で防火広報を行った[66][67]
  • 6月10日、富山県高岡市岩坪(国吉地区)の岩坪工業団地にある三芝硝材株式会社の本社工場前において開催の「ふるさと活性・西田あい歌謡ショー」に出演[68]
  • 6月12日、第19回 渋谷・鹿児島おはら祭のおはら祭踊りオープニングパレードにて鹿児島にゆかりのある徳永ゆうきらと先頭を歩く。また、熊本地震義援金ブースにて城南海徳永ゆうきと共に募金活動を行う。[69]
  • 10月8日、BS日テレの新番組 「歌え!昭和のベストテン」放送開始。 太川陽介と司会を担当する。
  • 10月19日、7枚目のシングル「最後の頁」をリリース。初週の総合ウイークリーランキングで36位となり自己最高位タイを記録[70]

2017年[編集]

  • 2月11日、東京両国国技館で行われた第50回NHK福祉大相撲~お楽しみ歌くらべ~に出演、高安関と「居酒屋」をデュエットする[71][72]
  • 6月28日、「最後の頁」(特別盤)をリリース[73]。これは7枚目のシングル「最後の頁」のリパッケージ版である。
  • 7月1日、東京 有楽町よみうりホールにて、7周年記念コンサート( 「新たな誓い」 ~かけがえのない日々にありがとう~)を開催する。
  • 7月21日、恩師 平尾昌晃が肺炎のため死去する。79歳であった。
  • 10月30日、恩師 平尾昌晃の「故 平尾昌晃 葬儀・告別式」と題したお別れの会が東京・青山葬儀所にて行われ参列する。

2018年[編集]

  • 2月9日、『最後の頁』が平成29年度 日本クラウンヒット賞 敢闘賞を受賞、贈呈式に出席する。
  • 2月17日・20日、「にっぽん演歌の夢祭り2018」に出演する。[74]

受賞歴[編集]

  • 2011年2月4日 平成22年度 日本クラウンヒット賞新人賞[1]
  • 2015年1月15日 日本歌手協会 平成26年度最優秀新人賞[53]
  • 2018年2月9日  平成29年度 日本クラウンヒット賞敢闘賞「最後の頁」[75]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

No. 発売日 タイトル 作詩者 作曲者 編曲者 最高順位 備 考
オリコン[76] Hot 100
[77]
1st 2010年7月7日 ゆれて遠花火

c/w  横浜ハーバーライト

石原信一

田久保真見

平尾昌晃

平尾昌晃

前田俊明

前田俊明

69 43
2nd 2011年5月11日 ときめきカフェテラス

c/w  愛は まにあいますか

喜多條忠

石原信一

平尾昌晃

平尾昌晃

矢野立美

矢野立美

117 37
3rd 2012年2月8日 [78]

c/w  歌は恋人

平尾昌晃

伊藤薫

平尾昌晃

平尾昌晃

矢野立美

矢野立美

143 – 歌は恋人 – は平尾昌晃ミュージックスクールの

 生徒らがコーラスで参加

4th 2013年12月4日 月見草

c/w  砂の花

田久保 真見

田久保 真見

平尾 昌晃

平尾 昌晃

前田 俊明

前田 俊明

94
5th 2014年11月5日 雨おんな

c/w  都会のおとぎ話

田久保真見

田久保真見

平尾昌晃

田尾将実

前田俊明

石倉重信

41 – 都会のおとぎ話 – は「純烈」とのデュエット
6th 2015年9月30日 涙割り

c/w  ひとりにさせないで

田久保真見

平尾昌晃・渡辺なつみ

平尾昌晃

平尾昌晃

伊戸のりお

伊戸のりお

36 – ひとりにさせないで – 「葵と楓」がコーラスで参加
7th 2016年10月19日 最後の頁

c/w ショーウィンドーの雨 

宮田純花

北爪 葵

宮田純花

四元健一

比嘉 香・石倉重信

中山 聡

36 – 最後の頁 – はファーストアルバム収録曲を

 シングル化したものである

2017年6月28日 最後の頁 (特別盤)

c/w  晩 秋

c/w 春の落とし物

(ボーナス・トラック) 薩摩めぐり    

宮田純花

宮田純花

北爪葵

四元健一

宮田純花

宮田純花

比嘉香

四元健一

比嘉 香・石倉重信

中山 聡

中山 聡

中山 聡

8th 未定  

 

   
— はチャート圏外、チャート対象外の何れかを意味する。

なお、「着うたフル(R)」有料音楽配信ウィークリーチャートは2012年7月27日で公表を終了している。

補足[編集]

  • 1stシングル「ゆれて遠花火」はJALの機内放送『にっぽんのうた』というチャンネルで流された(国内便2010年9月、国際便9、10月)。
  • 3rdシングル。「恋」は布施明が1967年(昭和42年)3月1日に8枚目のシングルとして発表した平尾昌晃作曲の作品で、今回、西田あいが約45年ぶりにカバーした。
    カップリング曲である「歌は恋人」は第一興商のCMソングとして使用(九州ローカルTV CM 2011年度タイアップ楽曲「DAM 歌おうよ2011」)[79]され、九州各県のTV で流された[80]。その後、全国各地で流されるようにもなった。なお、コーラスには平尾昌晃ミュージックスクール(関東地区)の生徒を中心に平尾昌晃(作曲者)・伊藤薫(作詞者)らも参加している。
  • 5thシングル「雨おんな」のカップリング曲「都会のおとぎ話」は、同じレコード会社所属のムード歌謡コーラスグループ『純烈』とのデュエット・ナンバー[81]である。
  • 6thシングル「涙割り」のカップリング曲「ひとりにさせないで」では、サビのところで「葵と楓」の二人がコーラスで参加するとともに、バックに入っているクラップ音を平尾昌晃と一緒に鳴らしている。
  • 7thシングル「最後の頁」は、2015年12月2日、デビュー5周年記念として発売されたカバーアルバム「あいの唄~Love Songs~」にボーナストラックとして収録された曲をシングルカットしたものである。
  • 「最後の頁(特別盤)」は7thシングル「最後の頁」のリパッケージ版 である。

アルバム[編集]

No. 発売日 タイトル 規格品番 アルバムの種類 収録曲 備 考 オリコン[82]
1st 2015年12月2日 あいの唄〜Love Songs〜 CRCN-20414 フルアルバム

カバーアルバム

西田あい公式サイト参照 [83]

他のアーティスト作品への参加[編集]

  • 純烈の5thシングル「星降る夜のサンバ」(2015年1月7日発売)のカップリング曲「恋はおとぎ話」にデュエットで参加。

出演[編集]

テレビ[編集]

現在[編集]

過去のレギュラー番組[編集]

ゲスト出演[編集]

NHK[編集]

うたコンNHK総合
  1. 2016年5月31日(NHK大阪ホール[注 3]
  2. 2016年7月12日『ビキニスタイルのお嬢さん』(山内惠介デュエット
  3. 2016年10月18日『お座敷小唄』(マヒナスターズと共演)
  4. 2016年11月15日『ゲイシャ・ワルツ』(川野夏美岩佐美咲工藤あやのと共演)、『三味線ブギウギ』(市川由紀乃川野夏美森山愛子岩佐美咲工藤あやのと共演)
  5. 2017年4月11日『ハイそれまでョ』(三山ひろしと)、『スーダラ節』(天童よしみつるの剛士・三山ひろし・純烈・コロッケと)「熱演!植木等スーダラ名曲集」の劇中出演
  6. 2017年6月13日『 花嫁』(椎名佐千子デュオ
  7. 2017年7月4日 うたコン名物 ムード歌謡ミュージカル『東京ナイト・クラブ』(石丸幹二とデュオ)、『別れても好きな人』(共演者全員)
  8. 2017年11月7日『恋しているんだもん』、『人生いろいろ 』(石川さゆり・森山愛子・杜このみと共演)、『星空に両手を 』(森山愛子・三山ひろし・杜このみと共演)
  9. 2018年1月16日 新春スペシャル!▽1年と9か月 全940曲からのよりすぐりの名場面▽から、2017年4月11日の「熱演!植木等スーダラ名曲集」の劇中出演の模様が放映される
  10. 2018年3月20日『 春一番』 』(天童よしみ杜このみと共演)
NHK歌謡コンサート(NHK総合)
  1. 2011年6月7日『カナダからの手紙』 (平尾昌晃デュエット
  2. 2011年7月5日『星降る街角』(竹島宏とデュエット)[85]
  3. 2011年8月30日『北国行きで』(山梨県甲府市
  4. 2011年10月11日『あなたまかせの夜だから』(美川憲一藤あや子山内惠介、竹島宏、北川大介と共演)・『愛して愛して愛しちゃったのよ』(前川清細川たかしと共演)・『二人の銀座』(山内惠介とデュエット)
  5. 2012年2月7日『京都の恋
  6. 2013年5月28日『黄色いさくらんぼ』[86]
  7. 2013年10月15日『硝子坂
  8. 2014年11月18日『二人は若い』、『青春サイクリング』(竹島宏とデュエット)
  9. 2015年3月3日『四つのお願い
  10. 2015年4月7日『皆の衆』(西田あい含む共演者全員)・『渚のシンドバッド』・『黄色いさくらんぼ』(杜このみとデュオ)・『人生いろいろ』(川中美幸伍代夏子、杜このみと共演)・『お祭りマンボ』(西田あい含む共演者全員で)
  11. 2015年5月26日『もしかしてPARTII』(福田こうへいとデュエット)
  12. 2015年7月28日『17才
  13. 2016年2月2日『私の青空』(布施明とデュエット)・『虹色の湖』(ソロ)・『幸せなら手をたたこう』(共演者全員で)・『世界は二人のために』(北山たけしとデュエット、立教大学グリークラブ女声〈バックコーラス〉)・『憧れのハワイ航路』(出演者全員で)
ごごウタ(NHK総合)
  1. 2017年10月6日『最後の頁』
新・BS日本のうたNHK BSプレミアム
  1. 2015年7月19日 『大阪暮色』(和歌山県田辺市
  2. 2015年10月4日 『涙割り』(鹿児島県姶良市[注 4][注 5]
  3. 2016年1月17日 『夢先案内人』」・『銀色の道』(純烈綾瀬市立綾北中学校マーチングバンド"Mercury Winds"と共演) (神奈川県綾瀬市
  4. 2016年3月27日『しあわせ芝居』・『それぞれの原宿』(大川栄策中条きよしと共演)(島根県大田市[注 6]
  5. 2016年5月1日『逢いたいなァあの人に』・『おてもやん』(小林幸子中村美律子と共演)・『玄海ブルース』(大川栄策・小林幸子・中村美律子・瀬川瑛子と共演)(福岡県北九州市[注 7]
  6. 2016年12月11日『涙の太陽』(バックダンサー:純烈・岡谷市岡谷東部中学校吹奏楽部〈演奏〉)、『最後の頁』(長野県岡谷市
  7. 2017年2月12日『ヒーロー』(島津亜矢・ほか歌手全員コーラス参加)、『三枚の写真』、『我が良き友よ』(鳥羽一郎ほか走裕介(アコギ)・三丘翔太(チューバ)・中村美律子・松原健之と一緒に)(島根県浜田市
  8. 2017年5月7日『いい湯だな』(出演者全員)、『ガード下の靴みがき』(靴みがきの少年に扮装し、なりきり扮装姿で通りすがった堀内孝雄と台詞のやりとりをする)、「金色夜叉」貫一・お宮コントで三山ひろしと共演、『ラブユー東京』(中村美律子・羽山みずきと共演)、『マツケンサンバⅡ』(松平健氷川きよしを中心に出演者全員で) 三山ひろしと司会を担当 (群馬県渋川市
  9. 2017年8月13日 『最後の頁』、『京都の恋』、『バラが咲いた』(錦野旦・パク・ジュニョンと共演 ) 、『聖母たちのララバイ』(丘みどりとデュオ)、 パク・ジュニョンと司会を担当 (山形県酒田市
  10. 2017年10月1日 『夢であいましょう』(ミュージックソー奏者サキタハヂメと共演)・『ふるさとの祭り』(千昌夫・吉幾三ほか出演者全員)、 マルシアと司会を担当 (京都府長岡京市
  11. 2017年12月24日 『あなたに逢いたくて〜Missing You〜』・『三百六十五歩のマーチ』(市川由紀乃とデュオ・秋田県立男鹿海洋高等学校吹奏楽部と共演)、 (秋田県男鹿市

BS日本のうた(NHK BSプレミアム)(出演・歌唱内容・収録地)

  1. 2012年10月14日 『グッド・バイ・マイ・ラブ』 (京都府八幡市
  2. 2014年4月20日 『想い出まくら』 (高知県高知市
  3. 2015年1月18日 『雨おんな』 (千葉県習志野市
その他

民放局[編集]

キー局
BS局
  • 演歌百選(2010年8月22日・9月26日BS11)
  • 歌謡サロン・演歌がええじゃん(2010年9月1日 - 5日、BS12 TwellV他)
  • 歌謡えんか密着!でかけましょ〜西田あい
    • 前篇(2011年5月15日、スカパー! 267Ch第一興商スターカラオケ)
    • 後編(リピート放送、2011年6月15日・16日・18日・19日・21日・22日・25日・26日・29日、スカパー! 267Ch第一興商スターカラオケ)
  • 歌謡最前線(2011年6月、BS12 TwellV他)
  • ~人生こころ歌 ~秘話で奏でる名曲フルコーラス~、2014年2月12日、BSスカパー
  • 歌謡プレミアム(2014年2月17日、2015年6月1日、BS日テレ)
  • 徳光和夫の名曲にっぽん 昭和歌謡人(BSジャパン)
    • 2014年6月18日・10月8日、2015年8月26日、2016年3月30日・6月17日、2017年2月24日・4月14日・4月28日/ ゲスト
    • 2014年10月15日 - 2015年4月1日/ アシスタントМC
    • 2014年10月15日 - 2015年1月21日、『西田あいの歌ってファッション物語』[注 10]
  • サブちゃんと歌仲間(2015年 -  不定期に出演、BSジャパン
  • 社交ダンスの魅力をあなたに!!(2015年3月6日、BSジャパン) ※ナレーションのみの出演
  • 哀川翔のオトナ倶楽部「第38回鹿児島県の歌の上手い人、大集合!の巻」(2015年12月5日、BSフジ
  • 第42回日本歌手協会歌謡祭(2015年12月12日、BSジャパン)[注 11][94]
  • BS12歌謡ナイト jazzyなライブショー(2016年4月5日・4月12日、BS12 TwellV)
  • 由紀さおりの素敵な音楽館(2017年2月13日・2月20日、BS-TBS
  • あなたが出会った昭和の名曲(2017年4月6日・11月9日・11月30日、BS11)
  • 第44回歌謡フェスティバル・第1夜(2018年1月1日、BSジャパン)主催:日本歌手協会瀬戸の花嫁
  • 演歌の花道」新春スペシャル(2018年1月6日、BSジャパン)
  • 「2018にっぽん演歌の夢祭りナビ」(2018年1月20日、BS-TBS
  • 3人の歌仲間(2018年2月2日、BS12 TwellV)


地方局

インターネットテレビ[編集]

  • はいから万歳(前編 2012年4月27日・後編 2012年5月4日、はいからチャンネル) ※出版社アーデントウィッシュが運営するウェブTV

ラジオ[編集]

レギュラー番組[編集]

現在
  • 「iからはじまるストーリー」」( bayfm:毎週月曜日 早朝4:00~4:49  MCを担当)
  • 「西田あいの おしゃべり♥あいランド」(文化放送:毎週土曜日 17:45~17:55  文化放送・八木菜緒アナウンサーと共にMCを担当、他ネット3局)   
過去
  • 伊津野亮と西田あいのThe BAY☆LINE(2015年4月2日 - 2017年3月 bayfm)木曜レギュラー[注 12][注 13]
  • BAY LINE GO!GO!(2013年4月4日 - 2015年3月19日 bayfm)木曜レギュラー[注 14]
  • 西田あいのおしゃべり♥あいランドBAR」 (第1シーズン:2014年10月4日 - 2015年3月29日 ※キー局である文化放送は毎週土曜日17:30~17:40で放送)(第2シーズン:2015年9月29日 - 2016年3月27日)※過去にあった「西田あいのおしゃべり♥あいランド」の延長線上にあるトーク番組。月替わりゲストをお店にお招きすると共に毎回おいしいお酒やお酒の飲み方を紹介した。
  • 「西田あいの おしゃべり♥あいランド」(2013年10月6日 - 2014年3月31日 3局)(文化放送:日曜日 17:40~17:50)
  • 西田あい×SATOKENのアイがカツ!(2012年7月1日 - 2013年3月 bayfm)(毎週日曜日20:30-20:57)
  • ミュージックナビ〜昨日と今日との交差点〜(2011年10月13日 - 2012年6月1日 TBSラジオ

ゲスト出演[編集]

NHK
  • きらめき歌謡ライブ(2010年7月7日、2011年6月15日、2014年4月16日、2015年11月11日、2016年11月9日、2017年8月2日、2018年1月10日、[[NHKラジオ第1放送|NHK* FMトワイライト(2010年7月8日、2011年5月31日、NHK-FM)ラジオ第1]])
  • 日曜バラエティー(2010年8月1日、2014年1月19日(NHKスタジオパークから)、2015年11月29日、NHKラジオ第1)
  • 歌の散歩道(2010年10月15日(生放送の予定が当日国会中継になり延期される)、2012年2月13日(生放送の予定が当日国会中継になり延期される)、NHKラジオ第1)
  • 熱血レゼン!投票ラジオ(2015年2月11日、NHKラジオ第1)
  • はっけんラジオ福岡放送局製作の九州・沖縄ネット番組)(2015年10月5日・2017年2月13日、NHKラジオ第1)
  • 夕刊ゴジらじ名古屋放送局製作の東海3県向け番組)(2015年10月9日、NHKラジオ第1)
  • ごきげん歌に乾杯!(2015年12月23日、NHKラジオ第1)
  • 昭和ヒット倶楽部(2016年2月4日・6月9日・6月23日(6月17日に放送予定であったが野球中継延長のため延期となる。)、NHKラジオ第1) ※2016年6月9日・6月23日は千葉県君津市での公開収録
  • 「NHKふれあい広場2016スペシャル」第3回ミニミニのど自慢(鹿児島放送局製作の鹿児島県向け番組・第3回ミニミニのど自慢は公開生放送、2016年4月30日、NHKラジオ第1放送)
  • 旅ラジ(2017年1月16日、NHKラジオ第1)[96]


民放局

有線ラジオ放送[編集]

  • 仲本工事と三代純歌のきょうも歌うぞ! USENサンデーミュージック(2011年8月14日・21日、USEN C-23チャンネル)
  • 星ひとみのミュージック・オーラ(2012年4月23日(月)- 4月29日(日)1週間リピート放送、USEN C-43ch(USEN☆BEST HITSステーション)※(1日8回放送 1:00/ 4:00/ 7:00/ 10:00/ 13:00/ 16:00/1 9:00/ 22:00)
  • 元気はつらつ歌謡曲「演歌男子。+純烈のドラマチック演歌」(2016年5月9日、USEN C-42チャンネル) ※5/9(月)~5/22(日)7:00~/15:00~/23:00~リピート放送

インターネットラジオ[編集]

  • 演歌一本道(配信期間 2011年8月6日 - 19日、レディオ・ガガ、8月6日エフエム会津・8月7日喜多方シティエフエム
    • (2014年2月1日 - 2月14日、レディオ・ガガ、2月1日エフエム会津・2月1日喜多方シティエフエム)

CM[編集]

その他[編集]

掲載誌[編集]

WEBマガジン[編集]

  • FILT WEB(2015年6月20日 - ) - 連載

オリジナルグッズ等[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 銚子市の市の花は「おおまつよいぐさ」である[39]が別名「ツキミソウ(月見草)」であり、4thシングルのタイトル名と同じである。
  2. ^ リリースされたシングルはすべて平尾昌晃が手がけている。
  3. ^ 北海道中標津町で行われる「五木先生の歌う!SHOW学校」収録会場からの特別生放送に出演。特別授業で中標津町の魅力を紹介した。※実際の公開収録日は6月1日
  4. ^ 出身地での公開収録。
  5. ^ 吉幾三と共に司会進行役を務める。
  6. ^ 市川由紀乃と共に司会進行役を務める。
  7. ^ クリス・ハートと共に司会進行役を務める。
  8. ^ 「西田あいのこれが私のリアル私服」というコーナーも設けられ、自身やアーティストの私服を数回紹介した。
  9. ^ 朗読少女のコーナーにReading aloud Girlとして登場した
  10. ^ 西田あいが日本の流行歌を発表当時のファッションで歌うコーナー。歌の前には当日の出演者と共に当時の世俗を基にした寸劇を行った。
  11. ^ 日本歌手協会が主催する毎年恒例の音楽イベント「歌謡祭」「歌謡フェスティバル」の公演で9月10日に出演した時の模様。10月から12月にかけ4回に分け放送するシリーズの第3回(東京・五反田ゆうぽうと)。
  12. ^ 新・BS日本のうた』収録のため、2015年6月25日は倉持由香、2015年9月17日・12月10日はバニラビーンズのレナ、2016年3月3日は梨衣名(りいな)2016年4月14日はケリーアンが代理を務める。
  13. ^ 2015年11月26日はNHK「ごきげん歌謡笑劇団」公開収録のため、元アイドリング酒井瞳が代理を務める。
  14. ^ 2014年2月17日は『歌謡プレミアム』収録のため中村愛が、2014年12月18日は『BS日本のうた』収録のため倉持由香が、本来最終日の2015年3月26日は『木曜8時のコンサート』収録のため片山萌美が代理を務めた。
  15. ^ 鶴屋サテライトスタジオより公開生放送。
  16. ^ 2011年7月30日に行われた公開録音の模様。

出典[編集]

  1. ^ a b 公式プロフィール”. GPR. 2016年2月5日閲覧。
  2. ^ 公式プロフィール”. 西田あいオフィシャルサイト. GPR. 2016年2月5日閲覧。
  3. ^ 歌魂【楽園堂】西田あい“5th Anniversary”コンサート 神栖市文化センターで開催されました!
  4. ^ 鹿児島で働く女性たちを紹介している「フェリア」の『クローズアップ』
  5. ^ 早耳!エンタメ・インタビュー!! 西田あい
  6. ^ 西田あいオフィシャルブログ 葵と楓と愛
  7. ^ 西田あいオフィシャルブログ 今日は横浜でごわす
  8. ^ 西田あいオフィシャルブログ コンサートで涙割り…♪
  9. ^ 西田あいオフィシャルブログ 新年会
  10. ^ 西田あいオフィシャルブログ ~絆~ありがとうコンサート
  11. ^ 西田あい『Iカップの歌手・あいちゃん、前回の初水着グラビアが大好評につき、沖縄でまたまた撮っちゃいました!!』”. 週プレNEWS. 集英社 (2012年1月23日). 2016年2月7日閲覧。
  12. ^ 西田あい”. タレントデータベース. Weblio. 2016年2月5日閲覧。
  13. ^ 西田あいオフィシャルブログ お着物どすえ〜
  14. ^ 西田あいオフィシャルブログ あたしがおばさんになっても
  15. ^ 西田あいさん”. 373news.com. 2016年2月7日閲覧。
  16. ^ プロで活躍する卒業生 学校法人日章学園
  17. ^ Music news jp 西田あい(日本クラウン)「ゆれて遠花火」運と縁を引き寄せてデビューの22歳
  18. ^ 西田あいオフィシャルブログ おまたせ!2大ニュース!
  19. ^ 西田あいオフィシャルブログ でたっ!vol.2!でたっ!
  20. ^ 西田あいオフィシャルブログ たこ
  21. ^ 西田あいオフィシャルブログ いろんな毎日にありがとう…♪
  22. ^ 西田あいオフィシャルブログ 毎日一歩ずつ…!
  23. ^ FILT WEB(http://filt.jp/)コラム連載「飲みニケーションで愛され上手」
  24. ^ 西田あいオフィシャルブログ 皆様へ
  25. ^ 西田あいオフィシャルブログ ぎょえ〜!むっちゃギラギラやん!
  26. ^ ハートピア故郷苑公式ブログ アンサンブル~歌謡編、「西田あい」さん
  27. ^ ハートピア故郷苑公式ブログ 西田あいちゃ~んがキターッ!
  28. ^ 西田あいオフィシャルブログ ハートピアアンサンブル…♪
  29. ^ ハートピア故郷苑公式ブログ 西田あいちゃんのミニライブ♡
  30. ^ 西田あいオフィシャルブログ ハートピア故郷苑…♪
  31. ^ 西田あいオフィシャルブログ ふるさと
  32. ^ https://www.town.tohnosho.chiba.jp/003profile/c006/files/koho587_all.pdf 東庄町:広報とうのしょう - 平成27年3月号(No.587)]
  33. ^ 西田あい ボートレースとこなめ応援サポーター特設サイト
  34. ^ 西田あいプロフィール
  35. ^ 公式プロフィール”. 日本クラウン. 2016年2月6日閲覧。
  36. ^ ふるさと”. 西田あいオフィシャルブログ (2010年9月25日). 2016年2月5日閲覧。
  37. ^ ☆KMP☆”. 西田あいオフィシャルブログ (2011年4月5日). 2016年2月5日閲覧。
  38. ^ くりびつぎょーてん”. 西田あいオフィシャルブログ (2011年7月9日). 2016年2月5日閲覧。
  39. ^ 銚子市の木・花・魚・歌・紋章”. 市政情報. 銚子市 (2012年9月10日). 2016年2月5日閲覧。
  40. ^ 西田あいオフィシャルブログ 慰問
  41. ^ 西田あいオフィシャルブログ 春の火災予防運動
  42. ^ 西田あいオフィシャルブログ 交通安全!
  43. ^ 西田あいオフィシャルブログ ハッピーNEWS★その1
  44. ^ 西田あいオフィシャルブログ 紙芝居!、あ、間違えた。
  45. ^ 西田あいオフィシャルブログ 一日警察署長ッ
  46. ^ 西田あい公式サイト
  47. ^ 西田あいオフィシャルブログ 神栖コンサート♪
  48. ^ 西田あいオフィシャルブログ ステキジカン✳︎
  49. ^ クラウンレコード 西田あい ディスコグラフィ
  50. ^ 週間 CDシングルランキング”. オリコンスタイル. オリコン (2014年11月17日). 2016年2月5日閲覧。
  51. ^ 東庄町観光大使”. 東庄を知る. 東庄町 (2015年2月4日). 2016年2月5日閲覧。
  52. ^ 東庄町アイベリーいちご大使*西田あいさん”. 磯山観光いちご園 (2015年1月16日). 2016年2月5日閲覧。
  53. ^ a b c news”. 西田あいオフィシャルサイト. GPR. p. 2 (2015年2月20日). 2016年2月6日閲覧。
  54. ^ ふるさと、ありがとう…♪”. 西田あいオフィシャルブログ (2015年7月12日). 2016年2月5日閲覧。
  55. ^ BARKS音楽ニュース
  56. ^ 西田あいオフィシャルブログ 西田あい歌謡コレクション〜5周年記念LIVE〜…♪
  57. ^ とやまのよる…♪”. 西田あいオフィシャルブログ (2015年8月9日). 2016年2月5日閲覧。
  58. ^ みなさまにお知らせ…♪”. 西田あいオフィシャルブログ (2015年9月19日). 2016年2月5日閲覧。
  59. ^ 週間 CDシングルランキング”. オリコンスタイル. オリコン (2015年10月12日). 2018年2月1日閲覧。
  60. ^ コンサートで涙割り…♪”. 西田あいオフィシャルブログ (2015年10月19日). 2016年2月5日閲覧。
  61. ^ 姶良ふるさと大使…♡”. 西田あいオフィシャルブログ (2016年1月22日). 2016年2月5日閲覧。
  62. ^ 姶良市長日記(笹山義弘)2016年1月20日 - Facebook
  63. ^ 西田あいオフィシャルブログ いちご狩りへ出発ぅ〜!!
  64. ^ 西田あいオフィシャルブログ 西田ツーリスト、またのご利用を…♪
  65. ^ 緊急告知!この後bayfmに…!
  66. ^ 西田あいオフィシャルブログ 姶良市消防本部 一日消防署長を務めさせて頂きました
  67. ^ 西田あいオフィシャルブログ 一日消防署長…!
  68. ^ 西田あいオフィシャルブログ ありがとう富山…
  69. ^ 西田あいオフィシャルブログ あいがともさげもした…♪
  70. ^ 週間 CDシングルランキング”. オリコンスタイル. オリコン (2016年10月31日). 2018年2月1日閲覧。
  71. ^ 西田あいオフィシャルブログ NHK福祉大相撲…♪
  72. ^ 西田あいオフィシャルブログ 「第50回 NHK福祉大相撲」…♪
  73. ^ クラウンレコード 西田あい ディスコグラフィ
  74. ^ 西田あいオフィシャルブログ にっぽん演歌の夢祭りin名古屋…♪♪
  75. ^ 西田あいオフィシャルブログ クラウンヒット賞…♪
  76. ^ 西田あいのCDシングルランキング” (日本語). オリコン芸能人事典. オリコン (2015年). 2015年10月12日閲覧。
  77. ^ Billboard Japan Hot 100” (日本語). ビルボード (2015年). 2015年12月7日閲覧。
  78. ^ 布施明1967年発売の楽曲のカバー。
  79. ^ 西田あい - プロフィール|日本クラウン株式会社 クラウンレコード ディスコグラフィ
  80. ^ 西田あいオフィシャルブログ テレビCM!!!
  81. ^ 西田あい - プロフィール|日本クラウン株式会社 クラウンレコード ニュー・リリース
  82. ^ ORICON STYLE 西田あいのアルバムランキング
  83. ^ 西田あい公式サイトインフォメーションNEWS
  84. ^ “太川陽介が「ベストテン」で30年ぶり歌番組司会”. 日刊スポーツ. (2016年9月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1713009.html 2016年9月21日閲覧。 
  85. ^ 西田あいオフィシャルブログ ぷはぁ〜
  86. ^ NHK歌謡コンサートブログ・もさげもした!?
  87. ^ 西田あいオフィシャルブログ ごきげん歌謡笑劇団…♡
  88. ^ 西田あいオフィシャルブログ NHK福祉大相撲…♪
  89. ^ 西田あいオフィシャルブログ 「第50回 NHK福祉大相撲」…♪
  90. ^ 西田あいオフィシャルブログ NHK鹿児島特番収録…♡
  91. ^ 西田あいオフィシャルブログ 大好きな…♡
  92. ^ 西田あいオフィシャルブログ 朗読少女
  93. ^ 「L4YOU!プラス」 2015年10月9日(金)放送内容
  94. ^ 日本歌手協会歌謡祭3
  95. ^ 西田あいオフィシャルブログ うたなび♪
  96. ^ 西田あいオフィシャルブログ NHKラジオ第1『旅ラジ』…♪
  97. ^ 「Mナビ・カラオケ塾」〜あいがチャレンジ!1.2.チェスト!
  98. ^ 森脇健児の遊・わーく・ウィークリー【水曜ゲストルーム】西田あいさん
  99. ^ 藤原明莉ブログ**Hippie my Life**西田あいちゃん+ラジオンズ
  100. ^ 西田あいオフィシャルブログ KAGOSHIMA♡
  101. ^ MBCラジオ「城山スズメ」2014年10月24日(金)
  102. ^ 「なみゅらー」の応援日記から、芋焼酎の涙割り「酒井泰彦のMUSIC HOUR!」西田あい
  103. ^ 小沢あきこ 公式ブログ 「ラジオ村」へ西田あいさん
  104. ^ 西田あいオフィシャルブログ 鹿児島の皆さんへ追加情報♪
  105. ^ 西田あいオフィシャルブログ カラオケファン♪
  106. ^ 西田あいオフィシャルブログ メロディー歌謡フェスティバル…♪
  107. ^ 西田あいオフィシャルブログ レコーディング
  108. ^ ファンのブログ『アイドルと魔法使い』週刊プレイボーイ買った
  109. ^ 週プレNEWS 西田あい『衝撃の初水着グラビアで週プレに再登場!!』
  110. ^ 西田あいオフィシャルブログ 本日発売!
  111. ^ 「FRIDAY(フライデー)」2012/01/06・13日年末年始合併特大号 西田あい「酒と泪とIカップ」
  112. ^ 週刊大衆 2/20号
  113. ^ CA志望から演歌界へ「航路変更」した美人歌手・西田あいの夢
  114. ^ 演歌界注目の西田あい 大ヒットの裏に“アイドル戦略”あり
  115. ^ 月刊歌の手帖2012年3月号 ピンナップ
  116. ^ 西田あいオフィシャルブログ おやっ?(=゜ω゜)ノ
  117. ^ 月刊歌の手帖2月号巻頭 西田あい未掲載カット
  118. ^ 月刊歌の手帖2014年9月号 西田あいちゃん未公開カット
  119. ^ 月刊歌の手帖2014年10月号 ピンナップ 女子会2014・夏
  120. ^ 月刊歌の手帖2014年12月号 歌魂グラビア 音熱FEATURE
  121. ^ 月刊歌の手帖2014年12月号 あいちゃん、グラビア未使用写真
  122. ^ 西田あいオフィシャルブログ おやっ?(=゜ω゜)ノ
  123. ^ 「月刊カラオケファン」2015年12月号!!
  124. ^ 西田あいオフィシャルブログ 続々と…♪
  125. ^ 早耳! エンタメ・インタビュー!! 西田あい
  126. ^ 【取材こぼれ話】西田あいさん【ちょい先出し】
  127. ^ 東京シーサイドストーリー9月号表紙撮影
  128. ^ 西田あいオフィシャルブログ おやっ?(=゜ω゜)ノ
  129. ^ 蒲生中吹奏楽部、地元出身歌手・西田あいさんと共演
  130. ^ 西田あいオフィシャルブログ 今日も各地で涙割り…♪
  131. ^ 鹿児島の生活情報満載のフリーペーパー Felia!
  132. ^ Iカップ演歌歌手西田あいが泣き顔で熱唱
  133. ^ 西田あい「昭和の歌謡曲を平成に」デビュー曲をPR
  134. ^ 歌謡歌手・西田あいさん 新曲をPR
  135. ^ 蒲生中吹奏楽部、地元出身歌手・西田あいさんと共演
  136. ^ 国際派歌手 西田あい 夢は「英語演歌」で全米進出
  137. ^ ボートレース場の女神・西田あい、夢は「紅白と全国24場制覇」
  138. ^ 西田あい オフィシャルWEBサイト マガジン
  139. ^ 西田あいオフィシャルブログ 今日も各地で涙割り…♪

外部リンク[編集]