あなたにあげる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あなたにあげる
西川峰子シングル
B面 おとめ港
リリース
規格 シングル
ジャンル 演歌
時間
レーベル ビクターレコード
作詞・作曲 千家和也三木たかし
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 登場回数35回(オリコン)
  • 1974年度年間95位(オリコン)
  • 1975年度年間17位(オリコン)
  • 西川峰子 シングル 年表
    あなたにあげる
    1974年
    初めてのひと
    (1974年)
    テンプレートを表示

    あなたにあげる」は、西川(現・仁支川)峰子演歌歌手としてのデビューシングルである。1974年7月25日発売。発売元はビクターレコード

    解説[編集]

    デビュー前の1973年、西川は『第3回全日本歌謡コンテスト』で優勝ののち芸能界入りとなる。「やまびこ演歌」のキャッチフレーズで、1974年同曲で歌手デビューを果たす。

    同デビュー曲はオリコンチャートにおいて、1974年11月25日付で10位以内に初ランク(8位)、同年12月16日にはついに週間1位を獲得。55.6万枚のセールスを記録し、オリコン100位以内にも35週間ランクされ、自身最大のヒット曲となった[1]。同年11月に第5回日本歌謡大賞・放送音楽新人賞、同年12月には第16回日本レコード大賞・新人賞、第2回FNS歌謡祭・最優秀ホープ賞(1974年下期) など、数々の新人賞を受賞した。

    また同曲はオリコンチャートで1974年年間第95位、翌1975年年間第17位にそれぞれランクされる。さらに1975年末の『第26回NHK紅白歌合戦』で、西川は念願の紅白歌合戦初出場を果たした。

    エピソード[編集]

    演歌好きなイラストレーターの黒田征太郎から、「あしたテレビで、演歌の新人、ええのが出るぞ」と言われた友人の岡林信康は、黒田征太郎宅に宿泊した翌日、二日酔いの翌朝しょうがなく『小川宏ショー』で西川峰子の歌う『あなたにあげる』を見た。最初はこの歌を聴いてもなんとも思わなかったが、テレビが終わってからも耳について離れないようになり、そこから自身の音楽のルーツが賛美歌だけではなくラジオから流れていて、自然と耳にしていた演歌でもあったことに気づき、結果『うつし絵』という演歌のアルバムを制作することとなった[2][3][4]

    西川が九州の過疎地の電気もないような村出身だと知り、当時岡林も電気こそあれど、やはり京都の過疎の村に住んでいたことから彼女に親近感も湧き、そこから演歌にのめり込むことになった[4]

    収録曲[編集]

    1. あなたにあげる
    2. おとめ港
      • 作詞: 千家和也、作曲: 岡千秋、編曲: 藤田はじめ

    関連作品[編集]

    関連項目[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ 往年のヒット曲レビュー(30)/あなたにあげる
    2. ^ 『村日記』岡林信康著、講談社、1982年11月30日、178-196頁。
    3. ^ 『伝説 信康』小学館、1991年8月1日、86-95頁。
    4. ^ a b 『岡林、信康を語る』岡林信康、disk union、2011年7月13日、ISBN13:OKBOOK1、ISBN10:OKBOOK1、97-98頁。