からたち日記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
からたち日記
島倉千代子シングル
A面 からたち日記
B面 待ち呆けさん
リリース
規格 シングル
ジャンル 演歌
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 西沢爽(作詞)
遠藤実(作曲)
島倉千代子 シングル 年表
東京だョおっ母さん
(1957年)
からたち日記
(1958年)
北京の小鳥売り
(1958年)
テンプレートを表示

からたち日記」(からたちにっき)は、1958年に発売された島倉千代子シングルである。発売元は日本コロムビア

概要[編集]

楽曲制作時、2つの「からたち日記」が出来、1つは長調作品、もう1つは短調作品だったが、島倉が長調作品の方を選び本作のリリースに至った[1]

当時の台詞入りの歌は売れないというジンクスを破って通算130万枚を売り上げる大ヒットとなり[2]、島倉の代表曲のひとつに数えられる。

1959年には五所平之助監督・新藤兼人脚本による同名の映画が公開され、島倉も出演している(後述)。

NHK紅白歌合戦』では発売された1958年の「第9回NHK紅白歌合戦」と1973年の「第24回NHK紅白歌合戦」、1984年の「第35回NHK紅白歌合戦」の合計3回歌唱され、1973年・第24回では島倉にとって自身4回目となる紅組トリを務めた。

1995年、島倉のシングル「あの頃にとどけ」を作詞(島倉と共作)・作曲・編曲・プロデュースした小田和正は、発売当時のUSEN440加入者向け月刊誌のインタビューの中で「子供の頃からテレビで見たり、ラジオで歌声を聴いていた島倉さんと仕事をするというのは、それはもう凄いこと」で、その頃聴いた島倉の歌の中でも特に印象に残っているのが表題曲であり、その雰囲気を再現してもらうため、レコーディングの際、島倉にはできるだけ高いキーで歌ってもらった、と語っている。

2013年に録音・発売され、島倉にとって遺作となったシングル「からたちの小径」は、同曲の作曲およびプロデュースを担当した南こうせつが、表題曲での「可愛らしい島倉のイメージ」が印象に残っていたことから、そのイメージを元にタイトルが付けられ、楽曲が制作された。

収録曲[編集]

  1. からたち日記
    作詞:西沢爽、作曲:遠藤実、編曲:牧野昭一
    この当時の遠藤は日本マーキュリー専属であったため、発売当初、作曲者名には変名(ペンネーム)が用いられ“米田信一”とされていた[3]
  2. 待ち呆けさん
    作詞:星野哲郎、作曲・編曲:浜口庫之助

映画[編集]

からたち日記
監督 五所平之助
脚本 新藤兼人
原作 増田小夜
製作 加賀二郎
出演者 高千穂ひづる、島倉千代子
音楽 芥川也寸志
撮影 富島義勇
編集 長田信
製作会社 松竹
公開 日本の旗1959年4月14日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1959年4月14日松竹系で公開。上映時間は119分。長野県の女性「つる」の一生を描いた作品となっている。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 島倉家―これが私の遺言
  2. ^ サンケイスポーツ』2013年11月9日付、大阪本社版12版、26面。
  3. ^ 遠藤実『涙の川を渉るとき 遠藤実自伝』日本経済新聞出版社、2007年、138頁。ISBN 978-4-532-16584-0

関連項目[編集]