レア・トラックス vol.1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レア・トラックス vol.1
森山直太朗コンセプト・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ポリドール(ユニバーサルミュージック)
プロデュース 石川鷹彦
チャート最高順位
  • 週間36位(オリコン
  • 登場回数2回(オリコン)
森山直太朗 年表
あらゆるものの真ん中で
(2010年)
レア・トラックス vol.1
(2010年)
-
テンプレートを表示

レア・トラックス vol.1』は、日本のミュージシャン森山直太朗コンセプト・アルバムである。2010年12月15日発売。発売元はユニバーサルミュージック

内容[編集]

  • これまでボツになった曲を改めてレコーディングしたアルバム。
  • このアルバムのプロモーションで出演した2010年12月20日放送フジテレビ系『ヤマサキパン』において、MCの山崎夕貴による詩『耳』に直太朗がメロディをつけ、アコースティック・ギターの弾き語りで披露した。

収録曲[編集]

全作詞・作曲:森山直太朗・御徒町凧/編曲:石川鷹彦

  1. あなたがそうまで言うのなら[3:55]
  2. どうしてそのシャツ選んだの[3:27]
  3. 友達だと思ってたのに[3:34]
  4. トイレの匂いも変わったね[2:54]
  5. 取れそうなボタン[2:54]
  6. タカシくん[2:45]
  7. 結婚しようよ[3:10]
  8. うんこ[1:23]
  9. 臆病者[3:41]
  10. まかないが食べたい[4:18]
  11. ここにきてモーツァルト[6:50]