宮田洋容・布地由起江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

宮田 洋容・布地 由起江(みやたようよう・ふじゆきえ)は、昭和期に活躍した音曲漫才コンビ。

アコーディオンを持ったミュージカル漫才を考案。楽団ユーモアと組んで、ピアノなどの伴奏も時折入れてもらっていた。都上英二・東喜美江リーガル千太・万吉等と共に戦中戦後と東京漫才で活躍。

メンバー[編集]

宮田 洋容1915年2月16日 - 1983年7月11日)本名は岩下 信夫(いわした のぶお)。

熊本県玉名郡三加和町出身。1929年熊本工業高校卒業。唄の家ライオン門下。ミスワカナの一座を経て1938年から吉本興業専属となる。
1942年より上京し並木一路日森麗子等のコンビを変えて戦後、布地由起江と組む。解散後はアメリカ人のミヤタ・フィリップと組んだ。
東京漫才協会(当時会長であったコロムビア・トップ・ライトコロムビア・トップの漫才協団(現在の漫才協会)とは別組織)の運営委員長であった。
多数の映画に出演しているが、クレジットが「宮田羊容」である作品もあった。
最後の舞台は1983年5月26日神奈川県海老名市で行われた「漫才大会」のイベント。

布地 由起江1932年5月6日 - 没年不詳[1]) 本名は不二 幸江(読み同じ)。

北海道出身。1952年コメディアン小野栄一と同郷で一緒に上京してきたという。組む前は美人歌手女優として活躍。
解散後はオペラ漫才コンビ「ふじゆきえ・はなこ」で活動していたが、2006年に引退。他にも手話漫才も担当していた。既に故人とされているが、詳細な没年月日は不明。

出演映画・ドラマ[編集]

映画[編集]

宮田洋容

布地由起江

  • 乙女の祈り
  • 若い恋人たち
  • 爆笑水戸黄門漫遊記(1959年)
  • 新・三等重役(1959年)
  • 自由ケ丘夫人(1960年)
  • 私は嘘は申しません(1961年)
  • 大笑い次郎長一家 三ン下二挺拳銃(1962年)
  • やわ肌ざんげ(1966年)

ドラマ[編集]

宮田洋容・布地由起江

宮田洋容

布地由起江

一門[編集]

兄弟弟子(ともに兄弟子)[編集]

直弟子[編集]

孫弟子[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ウルトラマン研究読本(洋泉社) 2013年 p.178