記念樹 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
記念樹
ジャンル テレビドラマ
企画 木下恵介
脚本 木下恵介山田太一
演出 川頭義郎
出演者 馬淵晴子
高杉早苗
有川博 ほか
製作
プロデューサー 小梶正治
制作 TBS木下恵介プロダクション
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1966年4月5日 - 1967年2月14日
放送時間 火曜21:00 - 21:30
放送枠 木下恵介アワー
放送分 30分
回数 46
テンプレートを表示

記念樹』(きねんじゅ)は、TBS系列の「木下恵介劇場」(大正製薬一社提供)にて放送されたテレビドラマ。第9回児童福祉文化賞〈放送(テレビ番組)部門〉受賞作品。優秀映画鑑賞会推薦。日本PTA全国協議会推薦。

放送データ[編集]

  • 放送期間:1966年4月5日~1967年2月14日
  • 放送時間:毎週火曜 21:00 - 21:30
  • 放送回数:46回
  • 放送形態:モノクロフィルム作品

概要[編集]

木下恵介が、映画『永遠の人』(1961年)の舞台九州を旅行中に孤児院(現:児童養護施設)出身のタクシー運転手との出会いでドラマを着想。ドラマの「あかつき子供園」のモデル(ロケ地)は、神奈川県横浜市本牧にある「高風子供園」。

ストーリー[編集]

横浜の養護施設「あかつき子供園」の園児たちは、結婚して施設を去ることになった保母・池貝園子に小さな桜の苗木を贈る。その桜は、園子にとっても園を巣立った子供たちにとっても、何物にも代えがたい“記念樹”となった。15年後、交通事故で夫を亡くした園子は、あかつき子供園に戻っていた。園子の境遇を知ったかつての子供たちが相次いで園を訪れるが、15年の歳月はかつての子供たちの周囲を大きく変えていた……。毎回完結のストーリーの中に、彼らひとりひとりの人生の姿を映しながら、様々なエピソードを綴る、ヒューマニズムと善意に満ちた物語。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「記念樹」
作詩・作曲:木下忠司 / 唄:小坂一也

外部リンク[編集]

TBS 木下恵介劇場
前番組 番組名 次番組
二人の星
(1965.10.5 - 1966.3.29)
記念樹
(1966.4.5 - 1967.2.14)
今年の恋
(1967.2.21 - 1967.4.11)