小野栄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おの えいいち
小野 栄一
本名
生年月日 (1930-02-05) 1930年2月5日(87歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道
血液型 A型
職業 司会者コメディアンボードビリアン実業家
ジャンル テレビ番組
活動期間 1952年 -
著名な家族 小野ひとみ
唐沢俊一
唐沢なをき
主な作品
そっくりショー
ひょっこりひょうたん島

小野 栄一(おの えいいち、1930年2月5日 - )は、日本の司会者コメディアンボードビリアン実業家である。娘は歌手小野ひとみ

来歴[編集]

1930年(昭和5年)2月5日北海道に生まれる。新制・北海道立札幌第二高等学校(現在の北海道札幌西高等学校)では映画評論家の品田雄吉と同期、俳優の左右田一平は一期下であった[1]。同校卒業後、北海道大学に進学するも、中途退学する。

1952年(昭和27年)、日本コロムビアの司会者として舞台に立ち、デビューする。

昭和中期にテレビや寄席などで活躍、美空ひばり灰田勝彦の物まね、テレビ番組『そっくりショー』の司会などで知られた。また、テレビ映画『オットいたゞき』では人情味あふれる詐欺師役、テレビ人形劇『ひょっこりひょうたん島』では、声優を務めるなど、多方面で活躍した。六本木のクラブ「オーカルカッタ」のステージに、早野凡平らと立つなどの活動も行った。

1966年(昭和41年)に放映開始したテレビ映画『オットいたゞき』の主題歌を自ら作詞、歌唱した[2]。1960年代後半に放映開始した三越ハウス(三越商事)のコマーシャルソング『一つやまこし三越商事』も自ら作詞、歌唱している[3]

1970年代には、芸能プロダクション(ONOプロダクション)の経営を務め、台湾に進出、酒巻輝男のプロモーションを行なった。

1974年(昭和49年)2月、自宅が全焼した。同月、坂上二郎宅も半焼、芸能人宅の連続火災としてワイドショーに取り上げられた。

甥に評論家の唐沢俊一、漫画家の唐沢なをきがおり、1991年(平成3年)にはONOプロダクションの仕事を唐沢俊一が引き継いだ。

2010年(平成22年)、テレビドラマ『熱海の捜査官』に出演、熱海の謎の老人・蛇川方庵を演じ、健在な姿を見せた[4]

主な出演番組[編集]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

  • 『喜劇競馬必勝法 大穴勝負』、監督瀬川昌治東映、1968年 - 競馬場の男 役

テレビ映画[編集]

ディスコグラフィ[編集]

すべて歌唱、一部作詞作品がある[3]

参考文献[編集]

[編集]

  1. ^ 『有名人一流高校人脈』、p.16-17.
  2. ^ オットいたゞきテレビドラマデータベース、2011年8月17日閲覧。
  3. ^ a b 作品データベース検索サービス検索結果、JASRAC、2011年8月17日閲覧。
  4. ^ 熱海の捜査官、テレビドラマデータベース、2011年8月17日閲覧。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]