水グモもんもん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

水グモもんもん』(みずグモもんもん)は、三鷹の森ジブリ美術館にて2006年1月より公開されているアニメーション映像[1]。上映時間は約15分。2011年3月にニューヨーク、カーネギーホールで、ニューヨーク市各地で開催されるフェスティバルJapan NYCの一部としてイベント上映された。[2]

あらすじ[編集]

水ぐものもんもんはある日、アメンボのお嬢さんに一目惚れし、恋心を抱くようになる。もんもんはそのアメンボに好かれようと日々距離を詰めようとするが嫌がられてしまう…。それでも、もんもんはその後も近くで見ている。すると、アメンボは魚に食べられそうになり、水底に沈んで行くアメンボをもんもんは助け、二人(匹)の間に恋が芽生えるという話である。 この作品は、クモが嫌いだと言われる宮崎駿が、「クモを好きになるように」と作成された話である。従って、この作品の主人公である水グモのもんもんは、ひとつひとつの行動がとても愛くるしく描かれている。 作中の要所にハルダンゲルヴァイオリンを用いての音楽が使用されている為、約15分程の作品だが、とても世界観に引き込まれるような仕上がりの作品となっている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Takai, Shinichi. “ジブリの森のえいが - 三鷹の森ジブリ美術館” (日本語). www.ghibli-museum.jp. 2022年3月2日閲覧。
  2. ^ カーネギーホールで宮崎駿監督の「やどさがし」「水グモもんもん」が上映!海外初お披露目!|シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. 2022年3月2日閲覧。
  3. ^ 水グモもんもん : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2022年3月2日閲覧。