ハーディングフェーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハーディングフェーレ

ハーディングフェーレノルウェー語: Hardingfele)はノルウェー民族楽器である。ヴァイオリンよりやや小型の擦弦楽器で、4本の演奏弦に加えの下部に4~5本の共鳴弦が張られているのが特徴である。ノルウェーのハルダンゲル地方で生まれた。別称はハルダンゲル・フィドルハリングフェーレ

指板や楽器の側面、縁取りなどに花模様や真珠貝での象嵌細工が施される。現存する最古の楽器は1651年のものである。

ノルウェー出身の作曲家、エドヴァルド・グリーグゲイル・トヴェイトが自分の作品に用いている。グリーグは『ペール・ギュント』の前奏曲などにこの楽器を用いている。トヴェイトは2曲のハーディングフェーレ協奏曲を残している(作品163と作品252)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]