ハーディングフェーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーディングフェーレ

ハーディングフェーレノルウェー語: Hardingfele)はノルウェー民族楽器である。 一般的なヴァイオリンより弦が多く、4本の演奏弦に加え指板の下部に4~5本の共鳴弦が張られているのが特徴である。 西ノルウェーのハルダンゲル地方で生まれた。

ノルウェー語ではハーディングフェーレだが、英語ではハーダンガー・フィドルと呼ばれており、アジアではヴァイオリニストの山瀬理桜が、日本語に直訳し紹介した呼称ハルダンゲル・ヴァイオリン®で広く知られており、この呼称はノルウェーでも認知されている。

指板や楽器の側面、縁取りなどに花模様や真珠貝での象嵌細工がされており、トップ部分にはヴァイキング時代の神の象徴ドラゴンが施されている。 現地では神聖な楽器として、主に冠婚葬祭時に使用される。

現存する最古の楽器は、ベルゲン(ノルウェーの第2首都)のベルゲン博物館に保存されている1651年の「ヨースタ(Jaastad)」である。 現在もノルウェーでは、4名ほどしかいないプロの職人が手造りでそれぞれ1年に2丁ほどしか制作出来ず、町の楽器店でも手に入らない幻の楽器。

演奏方法は通常のヴァイオリンとはかなり異なり、楽譜を使用せず耳で聴き伝える「伝承形式」であり、チューニングも曲により変える。 現在日本では、中目黒にある「諏訪山音楽学院」で習う事が出来る。

ノルウェー出身の作曲家、エドヴァルド・グリーグゲイル・トヴェイトが自分の作品に用いている。

グリーグは『ペール・ギュント』の前奏曲などにこの楽器を用いており、2007年のグリーグ没後100年のメモリアルイヤーの際に、「グリーグ没後100年記念 東京ニューシティー管弦楽団 第50回定期演奏会」にて、山瀬理桜が実際に楽器を用いて日本初演し話題となった。

トヴェイトは2曲のハーディングフェーレ協奏曲を残している(作品163と作品252)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]