空想の機械達の中の破壊の発明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
空想の機械達の中の破壊の発明
監督 庵野秀明
脚本 庵野秀明
原作 庵野秀明
出演者 平淑恵
音楽 久石譲
撮影 高橋賢太郎
公開 日本の旗 2002年10月2日
上映時間 2分47秒2コマ
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

空想の機械達の中の破壊の発明』(くうそうのきかいたちのなかのはかいのはつめい)は、三鷹の森ジブリ美術館にて2002年から2004年にかけて公開されていたアニメーション映像。宮崎駿企画庵野秀明原作脚本監督を務め、スタジオジブリにより制作された。

ストーリー[編集]

浮遊戦艦潜水艦地底戦車、さらには機動歩兵など、虚実織り交ぜた空想兵器たちが登場する。破壊の限りを尽くす彼らだったが、最後に巨大な大爆発が発生し全てが灰燼に帰す。

登場人物[編集]

ナレーション - 平淑恵

制作・エピソード[編集]

本作では人物(キャラクター)が一切登場しない。本作全編を通しセリフは平淑恵によるナレーションのみであり、それ以外の音としては効果音久石譲の手掛けた音楽だけである。

監督の庵野が本作を手掛けたのは、宮崎が披露宴で主賓としてスピーチをしてくれるのならやるという条件で受けたためだという[1]。式の最中に宮崎は「自分はこうしてスピーチをしているが、庵野はまだコンテを完成させていない」旨の発言をし周囲の笑いを誘った。

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 庵野秀明監督、自身初の特集上映“完走”に万感の思い映画.com(2014年10月)

外部リンク[編集]