高屋法子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高屋 法子(たかや のりこ、1962年3月14日 - )は、日本アニメーター・美術スタッフである。夫は映画監督・アニメ演出家の樋口真嗣

人物・エピソード[編集]

いわゆる一般的な原画・動画の制作作業ではなく、スタジオジブリ作品を中心にハーモニー処理作業を中心に活動している。

武蔵野美術大学短期大学部卒業後、母からデザインオフィス・メカマンを紹介され、入社する。初仕事となったアニメ映画『風の谷のナウシカ』について、高屋は「自分が手掛けた部分の出来の悪さに心臓が止まりそうになる」と振り返っている[1][リンク切れ]

OVA『トップをねらえ!』では、主人公の名前に高屋本人の名前が流用されている。

参加作品[編集]

出典・参考文献[編集]

  • アニメージュ編集部編『ジブリロマンアルバム・天空の城ラピュタ』徳間書店、1986年。ISBN 4197201567[2]

脚注[編集]

  1. ^ 【ジブリの挑戦】細密画+動き=驚異の迫力”. 読売新聞. 2004年12月14日閲覧。
  2. ^ 美術スタッフプロフィールより

外部リンク[編集]