ドラゴンボールZ V.R.V.S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドラゴンボールZ V.R.V.S
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 アーケード
開発元 セガ(後のセガ・インタラクティブ)
発売元 バンプレスト
人数 1人〜2人
発売日 1994年
テンプレートを表示

ドラゴンボールZ V.R.V.S』は、バンプレスト1994年に発売したアーケード対戦型格闘ゲーム。開発はセガ(後のセガ・インタラクティブ)。

概要[編集]

元々は1993年に開催された週刊少年ジャンプ25週年イベント『ジャンプマルチワールド』展示用として制作された『ドラゴンボール』のゲーム[1]。後に2人対戦ゲームに修正されて全国でアーケードゲーム化された。内容もイベント展示版は赤外線コントローラーを使用し4人同時に敵を倒す体感ゲームだったが、アーケードゲーム版は2人対戦ゲームに変更されている。

基本操作[編集]

レバー↑・・・防御
レバー← or →・・・回避
レバー↓・・・大パンチ溜め
ボタン1・・・左パンチ
ボタン2・・・右パンチ
ボタン3・・・ジャンプ

登場人物[編集]

操作キャラクター[編集]

孫悟空
- 野沢雅子
技名コマンド
必殺技かめはめ波右8回転、パンチ
元気玉左右パンチ+右10回転
孫悟飯
声 - 野沢雅子
技名コマンド
必殺技かめはめ波右8回転、パンチ
魔閃光右2回転、パンチ
ピッコロ
声 - 古川登志夫
技名コマンド
必殺技魔貫光殺砲パンチ1秒、右3回転
爆力魔波左右パンチ+右10回転、パンチ
ベジータ
声 - 堀川亮
技名コマンド
必殺技ファイナルフラッシュ右10回転
ビックバンアタックパンチ2秒
トランクス
声 - 草尾毅
技名コマンド
必殺技クロススラッシュ右6回転、左2回転
フォトンブーム上3回、左上・右下×4、パンチ

ボスキャラクター[編集]

魔人オゾット[1]
最終ボスとして登場する。鳥山明描き下ろしキャラクター[1]。鳥山明のデザインは腕が2本の人型と腕が4本のモンスター型の2パターン描かれているが、実際に本作に登場するのは人型のみである。悟空、ベジータなどの操作キャラクターに変身する能力を持っている。
その後、『スーパードラゴンボールヒーローズ』のユニバースミッション3弾の監獄惑星編で復活を遂げた。
フュー曰く「惑星一つを丸ごと飲み込んだ」らしく、さらに神の領域に到達している悟空たちからも「とんでもない気」と称されるほどで本気ではなかったとはいえ、カンバーの気弾を軽く弾き返すほど。丁寧口調で話し、一人称は「私」。悟空たちに「いつか私の力が必要になる日が来るでしょう」と言い残し、ユニバースミッション4弾では悟空たちと協力する。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Vジャンプ編集部「鳥山明とVジャンプ」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集 -SUPER HISTORY BOOK-』集英社〈愛蔵版コミックス〉、平成28年(2016年)1月26日、ISBN 978-4-08-792505-0、83頁。