ドラゴンボールZ 超武闘伝3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドラゴンボールZ
超武闘伝3
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 スーパーファミコン
開発元 トーセ
発売元 バンダイ
プロデューサー 磯貝健夫
プログラマー TNK
MOTOR-OM
まるこぱぱ
音楽 山本健司
AMAYANG
CHATRASCH
SWITCH.E
美術 SOBA
ぬーぴー
J DESIGNS
ポチっと犬じろう
NAKANOKUN
ひでさん
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア 16メガビットロムカセット
発売日 1994年9月29日
売上本数 約91万本(出荷本数)[1]
テンプレートを表示

ドラゴンボールZ 超武闘伝3』(ドラゴンボールゼット スーパーぶとうでんスリー)は、スーパーファミコン用対戦型格闘ゲームである。『ドラゴンボールZ』のスーパーファミコン作品第4弾。

概要[編集]

「超武闘伝」シリーズ最終作(必殺技や「メテオスマッシュ」などの、いくつかの要素は『ドラゴンボールZ HYPER DIMENSION』に引き継がれ、後年には「武闘伝」の名を引き継ぐ、対戦型格闘ゲームがいくつか制作されている)。メンバーを変更することによってシリーズのイメージチェンジをはかり、CMなどの広告展開も魔人ブウ編が題材であることを全面に押し出している。1作目から続く人造人間編から脱却し、新キャラクターが使えることから当時の子供達の購買意欲を満たし[要出典]、90万本を超える売り上げで前作に続き大ヒットとなった。

なお本作ではストーリーモードが実装されていない。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

基本的なシステムは前作の『ドラゴンボールZ 超武闘伝2』を踏襲。ここでは変更点について解説する。

2からの変更点[編集]

  • 前作では吹き飛ばす技で岩にぶつかるとダメージを受けるなど背景を生かした演出があったが、今作では廃止された。
  • 前作よりさらにゲームスピードがアップ。キャラがダウンしてからの起き上がりなどで顕著になっている。
  • いつでも舞空術が使えるようになった。ただし、上空が無いステージ「バビディ宇宙船」は例外である。
  • 舞空術発動の瞬間は完全無敵になった。
  • デモ必殺技の防御コマンドや投げ受身の受付時間が短縮された。本作では、距離のほかゲームランク(難易度)にも左右される(第1作はゲームランクのみ、2は距離のみ)。
  • デモ必殺技の打ち返しに敗れた際、弾く・かき消す・撃ち返すで対処することも可能となった(前作は防御のみ)。気が続く限り撃ち返しを連続(最大3回)することも可能。
  • 通常時はほとんどパワーが溜まらなくなった(前作はデモ必殺技のモーション中も少しずつたまる)。また、通常のエネルギー弾もパワーを消費するようになったほか、デモ必殺技をパワーが0の状態で弾こうとすると必ず失敗するようになっている。
  • デモ必殺技の発動時間が短縮化され、オーラのグラフィックが前作より簡素化し、よりスムーズに進行するようになっている。また、至近距離(同一画面上)でのデモ必殺技の発動時間も大きく短縮された。
  • 激烈連脚に代表される打撃技の動きが鈍化し、見切りやすくなった。
  • エネルギー弾、連続エネルギー弾は全て同じ高さで発射される。前作のように一発ごとに舞空術を使用して避ける必要がなくなったため、エネルギー弾を使った戦いにおいてはレスポンスが向上している。
  • 上空から放ったエネルギー斬が地上へと落ちていくようになる(これには下段ガードが出来ない上空において、下段判定の必殺技を無効とする意味合いがある)他の必殺技も全て中段ガードが出来るようになり、前作における超スライディングを使ったハメ行為などが出来なくなっている。
  • 拡散エネルギー弾は三角状ではなく縦一列に発射するようになり、ジャンプでの回避が困難になった。
  • お互いがダッシュした状態で接触すると、組み合いへと発展する。組み合い中にコマンドを入力することで各キャラクター専用の個有技を出すことが出来る。両方に入力受付があるため、より素早くコマンドを入力した方が組み合い技を実行に移せる。何も入力しなかった場合は時間で組み合いが解除される。単に攻撃ボタンを押しただけの場合は、投げ技よりも若干遅れて相手を突き落とす技へと発展する。
  • 端に追い詰めてメテオ技を仕掛けた場合は投げて向きを逆にするようになり、フィールド位置がずれることはなくなった。
  • バトル前後の会話は、同キャラか特定の組み合わせの場合のみ特別な内容に変化する。

ゲームモード[編集]

対戦
一対一で対戦するモード。
  • 1P VS 2P
  • 1P VS CP
    本作では対戦相手は任意選択、ランダム選択のいずれも可能になっている。
  • 観戦モード
天下一武道会
8人のトーナメント戦。スタッフロールはこのモードで流れる。
オプション
サウンドテストなどが行える。

登場キャラクター[編集]

孫悟空
超武闘伝の必殺技スラッシュダウンキックの復活により、空中攻撃にバリエーションが増えた。前作で存在したハリケーンソバットは削除され、浴びせ蹴りも攻撃判定が縮小された。しかしリーチが長い通常技と使い勝手の良い必殺技は健在で、全体的にバランスが取れたキャラクターである。前々作から復活したジャンプニーリフトは上方向へ飛び膝蹴りを放つ対空技で、初段ヒット時のみ2段目が出る仕様になっている。なお今作では、スラッシュダウンキックがヒットした後、大きく後ろに跳び、間合いを空ける仕様になっている。
孫悟飯
ストーリーの流れに合わせ、青年になった姿で登場。舞空脚や爆烈パンチなどの必殺技は前作から引き継いで持っているが、スピードタイプの軽量キャラクターではなくなったため性能は大きく異なる。悟空同様、舞空脚がヒットすると技終了後に後ろに大きく跳び、間合いを空ける行動をとる。新技のフレイルソバットには発生直後に長い無敵時間がある。
孫悟天
前作の悟飯やセルジュニアのように身長が低く、相手の技が当たりにくい利点がある。小柄な体格ゆえに通常技のリーチが極端に短く(ほぼ密着状態でしか当たらない技もある)、スピード面も特別優れているわけではないが、それらの欠点を補って高性能な必殺技が特徴。全体的に癖が強いものの、全キャラクター中トップクラスの打撃力を持つパワータイプのキャラクターである。
ベジータ
ストーリーに合わせてコスチュームが変更。前作にあったスラッシュアローが削除され、代わりに対空技のニードルブロックが新たに追加された。突進しながら連撃を浴びせるスーパーダッシュ、相手の背後に素早く回りこみつつ肘打ちを放つドライビングエルボーは今作も健在。ただし双方とも前作ほどのスピードは無く、スーパーダッシュは技後に相手の背後へ回らないよう変更されている。ドライビングエルボーの出始めに無敵時間が付与されるなど細かな強化点もある。また、本来デモ必殺技であるビッグバンアタックは、モーション時間が短い(トランクスやブウの拡散エネルギー弾よりも速い)。
トランクス(幼年)(ゲーム中では「トランクス」と表記)
悟天と同様に身長が低く、当たり判定が小さい。全キャラクター中トップクラスのスピードを誇る反面、攻撃力が低く、悟天ほどではないもののリーチも短い。必殺技は高速でパンチを放つソニックナックル、移動距離が長く相手の裏側に回ることも出来る突進技のリトリートソバットなど。
人造人間18号(ゲーム中では「18号」と表記)
魔人ブウ編以降のジーンズ姿のコスチュームで登場。超武闘伝からヒップアタックを継承しているが、全体的には大きく性能変更されている。通常技の性能が高く、特に立ち状態のキックはスピード、リーチ共に優秀。必殺技は前述のヒップアタックや一旦後方へステップしてから飛び蹴りで切り込むトライアングルキックなど、独特の性能を持った技が多い。今作では唯一となる誘導系光弾技の気円斬を持っており、発生は遅いが弾速が非常に速い。なお、メテオスマッシュは無い。
界王神
小柄だが悟天やトランクスほど当たり判定は小さくなく、ベジータと同程度。通常技の性能は軒並み凡庸だが、必殺技は強力なものが揃っている。18号と同様にメテオスマッシュを持たない。
ダーブラ
通常技のリーチが軒並み長く、特に足払いが速度、攻撃判定の面で非常に優秀。光弾系必殺技が4種類あり、いずれも局面に応じて使い分けることで有用なものが揃っている。このひとつのサライバシュートがヒット後に相手を確実にフラフラ状態にする性質を持っているが、しゃがんだ状態の一部キャラクターには当たらない。
魔人ブウ
魔人ブウ(無邪気)。動きはやや緩慢だが、距離に関わらず力押しが可能なキャラクター。相手との距離が離れた場合、高速で着弾する衝撃波で近付かせない原作を再現した戦い方が可能になっている。なお対戦前のデモでバビディが登場する。
トランクス(青年)(ゲーム中では「TRUNKS」と表記)
隠しキャラクター。人造人間編に登場した別未来のトランクス。前作のトランクスとグラフィックに大差は無い。前作で使用した超スライディングが削除された代わりに、通常のしゃがみキック操作で出るスライディングでダウンを奪えるようになった。必殺技はスラッシュダウンキックが復活、メテオスマッシュも一新されている。その他ではライトニングダッシュのフィニッシュとしてアッパーカットが出るようになった。なお、戦闘BGMの6番は前作のトランクスのテーマのアレンジバージョンとなっている。

スタッフ[編集]

  • エグゼクティブ・プロデューサー:間庭英作、東海林隆宮河恭夫
  • プロデューサー:磯貝健夫
  • アシスタント・プロデューサー:鈴木敏弘
  • コーディネーター:KABA3、DE YASU
  • プログラマー:TNK、MOTOR-OM、まるこぱぱ
  • グラフィック・デザイナー:SOBA、ぬーぴー、J DESIGNS、ポチっと犬じろう、NAKANOKUN、ひでさん
  • 東映アニメーション:森下孝三、蛭田成一、武田寛
  • サウンド・ワーク:山本健司、AMAYANG、CHATRASCH、SWITCH.E
  • バトル・キャラクター・デザイン:
    • YUKIHIRO YOKOTA(孫悟空、ダーブラ、バビディ)
    • SHINICHIRO FUKUSHIMA(孫悟飯)
    • 志田直俊(孫悟天、トランクス)
    • TAKAYUKI MANAKA(トランクス)
    • 稲葉仁(ベジータ)
    • 袴田裕二(人造人間18号)
    • 佐伯哲也(界王神、魔人ブウ)
  • プロデューサー:末永雄一
  • アシスト・ワーク:渡辺浩孝、清水泰臣、TSUYOSHI SATO、内山大輔
  • スペシャル・サンクス:
    • 週刊少年ジャンプスタッフ
    • Vジャンプスタッフ
    • 松本常男、赤松直人、清野義孝、MAKOTO IWAHARA

評価[編集]

ファミリーコンピュータMagazineの読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、30点満点中21.9点となっている[2]

項目 キャラクタ 音楽 お買い得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 4.1 3.6 3.4 3.7 3.7 3.4 21.9

関連商品[編集]

攻略本
  • Vジャンプブックス ゲームシリーズ ドラゴンボールZ 超武闘伝3- 集英社1994年11月7日、雑誌 67301-13
本作唯一の攻略本。ドラゴン鈴木がゲームシステムについて解説する。
CD
  • ドラゴンボールZ 超武闘伝3
楽曲のアレンジアルバム。

前作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Vジャンプ編集部編「DRAGON BALL スーパーデータ DRAGON BALL VIDEO GAME DATA」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社、平成28年(2016年)1月26日、ISBN 978-4-08-792505-0、216頁。
  2. ^ 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 341頁。