ドラゴンボール アドバンスアドベンチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドラゴンボール アドバンスアドベンチャー
ジャンル アクション+格闘
対応機種 ゲームボーイアドバンス
開発元 ディンプス
発売元 バンプレスト
人数 1~2人
メディア カセット
発売日 2004年11月28日
2006年3月23日(BEST版)
売上本数 約15万2千本[1]
テンプレートを表示

ドラゴンボール アドバンスアドベンチャー』は2004年11月28日バンプレストから発売されたゲームボーイアドバンス用アクション+格闘である。

ドラゴンボールのゲームボーイアドバンス作品第3弾。

ドラゴンボール初期を題材としたゲームであり、敵を倒して進む。アクションのゴチャバトルと一対一でボスと闘うタイマンバトルに別れる。基本的に原作に沿ってゲームを進めていくが、一部原作と異なる展開を見せる。

システムと基本操作[編集]

ゴチャバトル
横スクロールアクションのステージでプレイし、雑魚敵を倒しながら最後に待ち構えるボスキャラを倒していく。
ストーリーでは悟空を使用していくが、2週目からはクリリンを使うことができる。さらに、エキストラではステージ中にあるパネルをとっていたらそのキャラクターを使う事ができる。
ただし、エキストラを行うためにはコマンド入力しなければならない。
タイマンバトル
1VS1の対戦格闘アクションでバトルする。対戦モードでは通信対戦可能で、友達同士と対戦できる。
ストーリーでは悟空とクリリンを使用するが、対戦では条件を満たすと悟空とクリリン以外のキャラクターが使用可能。一部のキャラクターはストーリーのCPUでのみ登場。
原作の展開の都合でストーリーモードの桃白白とピッコロ大魔王の1戦目は強制敗北戦闘となる(体力が桁違いに高い上、仮に勝利したとしても復活して背後から必殺技を撃たれ強制的に負ける)。
タイマンバトルで使用可能なキャラクター
始めから使用可能。
始めから使用可能。
ストーリーモードをクリアすると、2周目でこのキャラで使うことができる。
ストーリーモードでジャッキー・チュンに勝利すると出現。
ストーリーモードで桃白白に勝利すると出現。
  • 孫悟飯
ストーリーモードで孫悟飯に勝利すると出現。
ストーリーモードで天津飯に勝利すると出現
  • ピッコロ大魔王(声優:青野武
2周目のストーリーモードのクリリンで、ピッコロ大魔王に勝利すると出現。
  • サイボーグ桃白白(声優:大塚周夫)
ピッコロ大魔王でサバイバルモードをクリアすると出現。
今作唯一のストーリーモードに登場しないキャラクター。
桃白白とは別キャラ扱い。
ミニゲーム
  • 大岩クラッシュ
岩を砕いて得点を稼ぐゲーム。
  • カリン様キャッチ
カリン様をキャッチするゲーム。
  • ボスオンパレード
ストーリーのボスを連続で倒して行くゲーム。
  • ザコザコファイト
ストーリーで出てきたザコキャラを倒すゲーム。なお、このミニゲームはコマンド入力しないと遊ぶことはできない。

関連書籍[編集]

  • Vジャンプブックスゲームシリーズ ドラゴンボール アドバンスアドベンチャー - 集英社、2004年11月29日、ISBN 4-08-779303-6

脚注[編集]

  1. ^ Vジャンプ編集部編「DRAGON BALL スーパーデータ DRAGON BALL VIDEO GAME DATA」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社、平成28年(2016年)1月26日、ISBN 978-4-08-792505-0、216頁。

外部リンク[編集]