ドラゴンボールZ 真武闘伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドラゴンボールZ 真武闘伝
ジャンル 対戦格闘ゲーム
対応機種 セガサターン
開発元 トーセ
発売元 バンダイ
人数 1-2人
メディア CD-ROM1枚
発売日 1995年11月17日
売上本数 約11万本[1]
テンプレートを表示

ドラゴンボールZ 真武闘伝』(ドラゴンボールゼット しんぶとうでん)は1995年11月17日バンダイから発売されたセガサターン対戦型格闘ゲームである。

概要[編集]

登場キャラクターとそのグラフィック以外はプレイステーション用ソフト『ドラゴンボールZ Ultimate Battle 22』とは別物。スーパーファミコンの超武闘伝シリーズの距離が離れると画面が縦分割されるデュアルスクリーンシステムが復活し、背景もポリゴンではなく2Dステージに戻っている。その他にも『ドラゴンボールZ Ultimate Battle 22』ではコマンドを入力しないと出現しない隠しキャラクターが初めから存在しており、今作オリジナルのMr.サタンモードがある。オープニングムービーは『ドラゴンボールZ Ultimate Battle 22』のものを再編集したものになっている。

それ以外にも、ディスクをCDプレイヤーに入れることでゲーム中の音楽を聴ける要素がある。

開発当初は『DRAGON BALL Z 超武闘伝 SEGASATURN』と紹介されていた[2]

ゲーム内容[編集]

1P VS CPU
キャラクターに関係した10人のキャラクターと闘う。キャラクターごとにエンディングがある。
1P VS 2P
対戦モード。
天下一武道会
トーナメントモード。
Mr.サタンモード
サタンのライバルジャガーバッダの挑戦を受け、対戦キャラクターに掛け金などをかけるモード。エンディングは3種類ある。
OPTION
難易度、対戦回数、時間などの設定が出来る。

登場キャラクター(操作可能)[編集]

その他登場キャラクター(操作不可)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Vジャンプ編集部編「DRAGON BALL スーパーデータ DRAGON BALL VIDEO GAME DATA」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社、平成28年(2016年)1月26日、ISBN 978-4-08-792505-0、216頁。
  2. ^ 鳥嶋和彦編「ドラゴンボールZ」『Vジャンプ 1995年9月号』集英社、平成7年(1995年)9月1日、雑誌11323-9、36頁。

関連項目[編集]